dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Eos-1ds

2013年10月13日(日)

Eos-1ds 買ってしまいました。連写速度が7Dより速いことはまちがいないようだ。一番は、AFの早さ。カメラマンの腕の悪さを カメラが救ってくれるなら……と購入をきめました。(そんなに甘くない?)

 購入後、AF精度を試すべく、はじめての休日は、鳴門山にいきました。

最初に被写体になってくれたのは、ハヤブサでした。
P5996.jpg



たしかに、トリミングには強そう(笑)
P5997.jpg



P5998.jpg



ヒヨドリの渡り
P5999.jpg



P6000.jpg



ヒヨドリの渡り、決定的瞬間だったですが、ピントがきてません。くやしい。
P6001.jpg



海上バイク……
P6002.jpg



まあ、しっかりつかって カメラに慣れることですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/13(日) 00:17:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

落石ネイチャークルーズ(1)

2013年7月13日(土)

7月の連休、根室の落石ネイチャークルーズに乗船することにしました。
このクルーズは、大型連休中 同室になったTさんにその存在を教えてもらったのです。いわく「エトピリカが確実に見える」(ほんまか?)とのこと。
たしかに、ホームページをみると 今期はほぼ100%観察できているとのことでした。
http://www.ochiishi-cruising.com/

土曜の午後、仕事が済んで高松から飛行機にのります。

羽田で釧路行きに乗り換えるのですが、待ち時間なんと3時間。まあ、半日で北海道に移動できるんだから、文句はいえません。

ロビーにすわりうつらうつらしていると、時間は思いの外早く進みました。

P5854.jpg



機内でデジカメ等をつかっていいとのアナウンスがあり、翼を写しました。翼の先端が上に曲がっていますね。帰宅後ネットで調べたのですが、これは、「ウイングレット」というらしく、翼の空気抵抗を減らし、燃費をよくする装置だそうです。

P5855.jpg



釧路についたのは、午後8時をまわっており、手荷物を受け取ったり、レンタカーに手続きをしているうちに、午後8時半をすぎてしまいました。
P5856.jpg



釧路のホテルについたのは、午後9時をすぎており、ホテル内のレストランはすでにオーダー時刻をすぎていました。ホテル周辺の居酒屋をさがすことにしました。近くにそれらしい建物があり、二階にあがると、 なんとワンフロアに複数のお店がでているという形式の居酒屋でした。この日は、港でお祭りらしい催しがあるらしく、ホテルの周囲は人出があります。
P5859.jpg



その中のひとつのカウンターにすわり、まずは刺身盛り合わせ。
P5857.jpg



北海道では普通のレベルなんでしょうが、結構うまかったです。

牡蠣フライ。本土では、今の時期カキはオフシーズンですが、北海道では、夏でも食べることができるんですね。厚岸産? うまかった。
P5858.jpg



釧路港夜景。霧がでています。なんかいい雰囲気です。
P5860.jpg



ホテルにかえり早々に眠りにつきました。翌日、午前5時前にホテルをでて、落石へと移動します。釧路周辺も霧がでていました。道路はすいており、2時間弱で落石漁港に到着しました。
これが、お世話になる エリピリ館。
P5861.jpg



出港まではまだ2時間ちかくあります。

みなとでは、昆布を満載した漁船から、トラックのクレーンをつかい荷揚げの最中でした。これから、この昆布を干すんでしょうね。この周囲の海の豊かさが想像できます。
P5862.jpg



これが、お世話になる船です。まったくの「漁船」です。
P5863.jpg



  1. 2013/07/13(土) 08:31:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

三陸沖クルーズ(1)

2013年5月3日(金)

 大型連休後半は、Y社の三陸沖クルーズに参加することにしました。今まで、外洋フェリーからの探鳥は、仙台-苫小牧航路 大洗い-苫小牧航路の二回経験がありますが、「もう少し海鳥に近づいて欲しい」という願いは、バーダーなら誰もが思うこでしょう。このクルーズは、Y社がチャーターした船でを使うので、ある程度の自由が効きそうです。
 いままで二回の外洋フェリーからの探鳥は、我流でしたが、今回は、ベテランガイドさんの指導を受けることができます。

 週間天気予報も 連休後半中も好天に恵まれそうということです。

3日の朝、自宅を出発し、高松-岡山経由で東京駅と向かいます。

写真は、ご丁寧に岡山駅の風景(笑)

P5702.jpg



自由席でしたが、十分空いており、岡山駅から座席を確保できました。
下り列車は、かなり混でいる模様です。

暇なので、対向する新幹線を写してみました。一瞬のシャターチャンスです。
P5704.jpg



これは、対向新幹線も窓に、自分の新幹線も窓枠が映っているんですね。停止しているように写っています。
P5703.jpg




東京駅は、乗り換えのためしょっちゅうつかっていますが、この駅で降りるのは、ひさしぶりです。最近新しくなった丸の内出口付近の天井ドーム。去年の秋、ニュースでやってましたね。みなさん立ち止まって、携帯やデジカメで写していました。私も同様に。
P5705.jpg



新しくなった駅舎。じっくり写真に撮るのは初めてのような気がします。
P5706.jpg



P5714.jpg




Y社のチャーターバスは、和田倉門付近から出るのですが、2時間ほど待ち時間があるので、皇居を見物に行ってきました。

絵葉書のような二重橋。周囲は、外国人を含む観光客でいっぱいです。
P5707.jpg



P5711.jpg



皇居外苑にある 楠木正成の銅像。高校の修学旅行で見ていらいです。銅像だけあり、緑色をしていたんですね。コンクリート製とおもってました。人間の記憶はたよりになりません。
P5712.jpg



外堀周囲、日本を代表するようなオフィス街です。
P5713.jpg




午後4時にバスは出発し、神奈川県の久里浜漁港に向かいます。連休中の渋滞を予想してかなり余裕をもったスケジュールでしたが、途中の渋滞もなく6時まえは久里浜漁港に到着しました。
黄昏のなか、入港するフェリー。千葉県の富津を結ぶ航路だそうです。
P5708.jpg





チャーター船の入港は、午後7時半をまわっており、周囲は真っ暗でした。これが、お世話になるエトピリカ号。本来、北方四島墓参団を乗せる目的の船らしいです。
P5709.jpg



船の後方にはエトピリカのかわいい絵。この鳥が見えるのかなあと期待がふくらみます。

P5710.jpg


新造船だけあり、船内はきれいで、設備も申し分ありません。ロシア人も使うのか、船内の表記にロシア語もみられます。

船内の食堂で弁当をたべて 同室の方々と挨拶がわりに乾杯。同室のTさんHさんご馳走様でした。
  1. 2013/05/03(金) 11:18:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大洗-苫小牧航路(1)

2012年08月13日(月)


7月下旬、この ○○暑いとき、どこに行けば 涼しい鳥見ができるだろうと考えました。信州? 北海道? 両者とも お盆の時期に予約は難しそうです。外洋フェリーなら、風が吹いて涼しいだろう。船の甲板で、ずって立っていればいい らくちん鳥見だし。

ということで、大洗-苫小牧航路のホームページで予約状況をみると
 エコノミーにひとつだけ、空席がでました。すかさず ゲット。

この航路にのるには、最低3日間の休日が必要です。22年10月 仙台-苫小牧航路にのったのは、土曜日を含め2.5日の休日しかとれなかったためでした。

こんなわけで、13日の朝自宅をでて高松経由で新幹線にのりました。
東京駅で山の手線に乗り換え上野へ。ここから、スーパー日立という特急で水戸へ向かいます。午後すぎに到着しました。JR水戸駅に降りたのは生まれて初めての経験です。

P5458.jpg



ここから、臨海大洗鹿島線という私鉄に乗り換えます。水戸駅のホームの一つから発車します。
P5459.jpg



Jリーグで有名な「鹿島アントラーズ」はこの線の沿線にあるんですね。はじめて知りました。
P5460.jpg



大洗のフェリー乗り場について下を眺めると、ものすごい数のバイク。北海道でバイクツアーをするバイク野郎は このフェリーを使うんですね。

P5461.jpg


フェリーの上からみた大洗港。

P5462.jpg


フェリーのり まず 船内で一風呂あびて、晩飯をたべて甲板にでてみると、みなさん同じ思いとみえて、乗客がたくさんでてきています。家族ずれが多いようです。ミニバンに家族をのせてこれから北海道に向かうんでしょうね。

P5463.jpg

  1. 2012/08/13(月) 22:30:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道 網走・知床(1)

2011年7月16日

7月の連休は北海道に行くことにしました。
昨年のお盆、知床のウトロから出る船で海鳥を狙ったのですが、遠くにケイマフリ一種という結果に終わってしまいました。

その後ネットで知床岬の南側 羅臼からもホエールウオッチング船がでているのを知りました。

 知床ネイチャークルーズ

そこには、ウトウ、フルマカモメ、ハイイロヒレアシシギ、アホウドリ、クロアシアホウドリなど垂涎の海鳥たちが間近で見られるという記載あります。

「これは行かねば……」と思い予約をしていたというわけです。

土曜の午後、高松からの飛行機で羽田に向かいます。羽田から女満別行きに乗り換えです。

この日は天気がやく、飛行機も窓から下界がよく見えました。

滋賀県、奈良県、三重県あたりの上空を飛んでいると、町にちかい丘は、いたるところが虫食いのようにゴルフ場が造成されています。

P5168.jpg


帰ってグーグルマップで確認してみると
このあたりのようです

グーグルEarth で見ると 飛行機の窓から見た感じにちかく見えます。グーグルの航空地図で真上からみた写真と感じが違います。今さらながらネット技術はすごいなあ とおもいます。

これは、琵琶湖(南湖)ですね。高松発羽田行きはこんなルート飛ぶんですね。
P5169.jpg


琵琶湖(南湖)

しばらく行くと 伊勢湾に大きな空港島が見えました。ああ、これが新しくできた中部国際空港なんだ!
P5170.jpg



中部国際空港セントレア

この写真は、焼津漁港、清水港の上空です。
P5171.jpg



焼津漁港

しばらく行くと富士山が見えてきます。
P5172.jpg



東京湾の千葉県側の工業地帯の上空を飛び、大きく旋回して羽田空港に着陸態勢にはいるころには、「すべての電子機器の電源をお切りください」のアナウンスがながれデジカメは使えなくなります。

これは、翌早朝、ホテルを出て写した網走駅です。
網走に泊まるのも、これで4回目……。

P5173.jpg







  1. 2011/07/16(土) 08:11:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

dcken

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。