dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冬の大麻比古神社

2010年2月28日(日)

 例年 冬の間に何回か大麻比古神社に行っています。
大麻比古神社は、この時期が一番賑やかです。
シロハラにルリビタキ、ジョウビタキ、アトリなどなど。

この日も、風が冷たいが、木漏れ日が早春を思わせる一日でした。

まずは、この時期 どこにでも目にするシロハラです。
わたってきた当初は、警戒心が強かったのですが、この時期は渡りに備えて栄養補給なのえしょうか。しきりに、落ち葉を裏返して採餌しています。
P4509.jpg



シメ。ピンぼけですが。
P4510.jpg



アトリ。
P4511.jpg



残念ながら、この日は ジョウビタキもルリビタキにも出会えませんでした。

裏の梅園。
♪もうすぐ 春ですね~

P4512.jpg



スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 08:12:52|
  2. アトリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

燃える秋~♪

2006年12月17日(日)

 晴天に恵まれた日曜の朝。以前、下見をしておいた近場の山に行ってみました。
徳島の低山での紅葉は、12月中旬がピークでしょうか。「燃えるような」とはいきませんが、木々もそれなりに装いきれいです。

p1942.jpg



p1943.jpg



なんと、図鑑で見覚えのある アトリ発見。初見初撮りです。地元も捨てたものではないです。
p1944.jpg


p1945.jpg



モズが止まっているこの木。木の実の様子からセンダンの木ですよね。木の葉が落ちて、木の実だけになると、この木があっちこっちで目立つのです。河川敷、農耕地の畦、公園の周囲など私の周囲のいたるところで。青葉がしげっている時は、まったく気づかなかったです。この「センダンの木」というのは、徳島ではこれほど多いですね。
 それとも、なんか勘違いしてるんでしょうか……
p1946.jpg



山道を行くと、ひっひっというヒタキの声。しかし、聞き慣れたジョウビタキではないようです。もしかして……。予感はあたりました、ルリビタキです。地元の山で見られるなんて感激です。というか、いままで気づかず、遠くに出かけていたのかもしれません。
p1947.jpg



アオジも。
しかし、なんの変哲もない、ありふれた山が、小鳥の声がきこえ、姿がちらっとみえただけで、「ワンダーランド」に変身するんですね。バードウォチングをしてものだけが感じることができる幸福だとおもいます。
p1948.jpg



下のほうに降りてくると、ミヤマホオジロもいてました。
p1949.jpg



なんと、ビンズイも。
p1950.jpg



写真としては、「もひとつ」ですが、近場の山にもこれだけの種類がいてるのだとあらためて知ることのできた休日でした。


  1. 2006/12/17(日) 13:56:10|
  2. アトリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。