dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フクロウのヒナ

2007年6月06日


ご近所の知り合いから、「○○にフクロウのヒナが居てる」という話を聞きました。
半信半疑で、昼休みにでかけ、ご主人に案内してもらいました。

ひとけのない作業場の二階の梁に二羽のフクロウ幼鳥がいてました。
p2599.jpg



p2600.jpg


人間が近づくと 嘴をならして威嚇しますが、作業場から出ようとはしません。

例年この時期になると、親鳥が4羽ほどのヒナを育てるそうです。
今年は、二羽が巣立ち、生育の遅れた(とっいってもかなり大きくなっている)二羽が現在のこっているそうです。
p2601.jpg


この二羽もかなり大きくなっており、巣立ちは近いと思われます。

フクロウが作業場の二階で子育てするんですね。驚きました。

あとでネットで調べてみると、民間の軒先とか、納屋の屋根裏になどに営巣することはよくあるそうです。

スポンサーサイト
  1. 2007/06/06(水) 21:03:58|
  2. フクロウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キビタキ

2006年5月15日(月)

 マイフィールドに茂みの中で、ぴ、ぴょろろろろ と しきりにキビタキがさえずっています。しかし、茂みに隠れて姿が見えません。茂みに中を移動しているのは、わかるのですが……。

同じ夏鳥でも オオルリはかなり広いテリトリーを縄張りにしていて、谷をまたいで巡回し、その中の大きな樹木梢でさえずる。

キビタキは、狭い範囲の茂みの中を移動している という印象をうけます。

写真撮影はキビタキの方がずっと難しいように思います。
暗い 茂みの前でねばってやっとデジスコでげっとできました。



これは、換羽中の♂だそうです。成鳥になると、黒色がもっとはっきりした黒い色になるそうです。(kさんに教えていただきました)




動画もあります

ヤマガラ


  
  1. 2006/05/15(月) 18:00:40|
  2. フクロウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フクロウ

フクロウ

2005年6月7日(火)

 この日は、早朝に目覚めたため、ある方からいただいた情報をもとに、フクロウの撮影です。しかし、現地についても、すぐ見つかるような場所にはいません。慎重に茂みに近づいたのですが、フクロウが飛び立ったことによりやっと見つけることができました。

ちょっと写しにくい場所にとまっていますが、じっとこっちを伺っているようでした。動きません。

朝日が昇っているにかかわらず、周囲は非常にくらく、ISO1600でやっとこの程度の画像です。
s34s.jpg


種々の情報を総合すると、この場所につがいでいるようです。私も二羽が飛ぶのを目撃しました。写真に収めることができたのは一羽です。

しかし、「ここに居る」という情報があってはじめて見つけることができた野鳥です。アオバズクさえまだ未見なのに、フクロウが撮れるとは……。逆にいえば、深い茂みに隠れた神社の境内などを注意深くさがせば生息しているのかもしれません。
s33s.jpg


この画像は、デジスコでの撮影です。しかし、ISO400では、すべて露出アンダーでした。レタッチしてあります。デジ眼をもっていって正解でした。
s35s.jpg






  1. 2005/06/07(火) 02:20:45|
  2. フクロウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

05 | 2017/03 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。