dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

三豊干拓地

2010年9月5日(日)

9月にはいりましたが、まだまだ真夏の「猛暑」です。
エアコンをかけて車で走っている間はいいのですが、車をとめて窓をあけると、熱気がはりってきます。

どこに行こうか。鷹の渡りにははやすぎるし……。やはり、狙いシギチとなります。

まずは、三豊干拓地に行ってみました。

しかし、刈り取りの済んだ田はほとんどありません。黄金色の稲穂が風にゆれています。

干拓地内をうろうろまわりましたが、休耕田とおぼしき水のたまった田んぼにトウネンが7-8羽いてました。

いつみても、トウネンはかわいいです。

P4727.jpg



P4728.jpg



P4729.jpg



その後、柞田川などをみてまわりましたが、サギがのんびりいてるぐらい。

その後、西条の加茂川河口、つづいて松山市の重信川河口に行ってみましたが、干潮で 見渡す限り広い干潟が広がるばかりで、シギチは見つけることができませんでした。

河口周辺の堤防は車での侵入が禁止されていて、どこから堤防にあがってよいかわからず、川面を見るのも一苦労という感じでした。
収穫がなくても、「下見」ということで早めに帰宅したのでした。

スポンサーサイト
  1. 2010/09/05(日) 22:34:16|
  2. トウネン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三豊干拓地

2008年04月29日(火)


大川山の頂上をひととおり歩いき、まだ陽が高かったので、三豊干拓地方面に行くことにしました。(香川県にくると、ほかにポイントを思いつかないんです)
30分ほどでつきました。

 周囲の水路をぐるっとまわります。数羽のゴイサギがいてました。
p3325.jpg



しばらくいくと、西側の水路の葦原に、オオヨシキリ。この声を聞くと「初夏だなあ」とおもいますねえ。
p3326.jpg



干拓地の中は、タシギがみつかったぐらいでめぼしい鳥がでません。
昨年の 「海水浸水」の影響か、耕作されてない田んぼもたくさんありました。

花稲漁港方面の干潟に、チュウシャクシギの群れがはいってました。10-20羽程度でしょうか。

p3327.jpg



ハマシギも。
p3328.jpg


p3330.jpg



トウネンも数羽いてました。
p3329.jpg



柞田川の河原にも、チュウシャクシギが休んでいました。
p3331.jpg



p3332.jpg



アオアシシギが一羽。
p3333.jpg



夕暮れがせまってきました。定番(笑)夕映コサギを写して、帰路についたのでした。
p3334.jpg


  1. 2008/04/29(火) 10:54:29|
  2. トウネン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蓮田 河口へ

2007年5月12日(土)

 この日は、午後から蓮田方面に向かっています。
鳥影は薄いという印象です。ウズラシギ。

p2569.jpg



トウネンの夏羽を見かけました。はじめての見るようなきがします。
p2570.jpg



トウネンは いつみてもかわいいですね。
p2571.jpg



p2572.jpg




続いて河口へ。

対岸にチュウシャクシギ。つがいでしょうか。
p2573.jpg



対岸には、ハママシギ、ダイゼン、コアジサシ
p2574.jpg



足下をキアシシギが通りました。
p2575.jpg



p2576.jpg



対岸から、ハマシギ数羽 こちらにやってきました。
p2577.jpg




  1. 2007/05/12(土) 09:15:10|
  2. トウネン|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

dcken

05 | 2017/03 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。