dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

沖縄の鳥見(5)

2008年01月03日(木)

 今日で沖縄の鳥見も終わりです。午後の便で高松に帰らねばなりません。
空港の近くということで、いつもの漫湖の河川敷に行きました。
昨日までの冬型の気圧配置もやっとゆるみ、朝から青空が見えます。風も穏やかになりました。そこで、目にしたのは、全部で6羽のソリハシセイタカシギ。
p3010.jpg



二羽の同時ショット。なんとも、贅沢な時間でした。
p3011.jpg



最後のポイントに漫湖を選んだのは、ズグロカモメのアップを撮りたかったのですが、なかなか近くによってきてくれません。
p3012.jpg



対岸からはどうだろと、とよみ大橋を車でわたり、北岸にいってみました。30日に沖縄に着いたとき、最初に通った場所でした。そのときは、駐車場所を見つけることができなかったのですが、河川敷の公園(漫湖公園)の一角に駐車場があり、やっと一台駐められられるスペースがありました。

しかし、北岸に移動すると、南岸よりも、ズグロカモメもポイントはより遠くになってしまいました。北岸の河川敷は、遊歩道やテニス場が整備されたおり、たくさんの人がジョギングや散歩を楽しんでいます。

公園をのんびり歩いていると、見慣れない鳥の群れ。
シマキンパラ(アミハラ)だとすぐわかりました。
p3013.jpg



p3014.jpg



ヒヨドリ。徳島ではどの場所でも、うるさいほど鳴いていますが、沖縄では、それほど頻繁には見かけませんでした。写せたのは、二回目です。
p3015.jpg



前をむくと、あきらかに本土のヒヨドリとは違います。胸のあたりの褐色が濃いようです。亜種リュウキュウヒヨドリです。
p3016.jpg



徳島で写したヒヨドリと並べてみました。違いがよくわかります。
p3017.jpg



そのご、公園の一角に、蝶を飼育しているらしい温室を見つけました。中に入って見学してもよいとのこと。室内では、オオゴマダラがたくさん飼育されていました。さすが、沖縄。(温室内とはいえ)真冬に蝶の乱舞が見えるとは。
p3018.jpg



飛翔写真にも挑戦しましたが、難しいです。
p3019.jpg



蜜にむがらるオオゴマダラ。
p3020.jpg



これは、オオゴマダラのサナギだそうです。なんと金色!
p3021.jpg



その後、レンタカーを返すには、まだ時間があるように思われ、豊見城に行きました。
しばらくまっていると、クロツラヘラサギの群れが舞い降りました。
p3022.jpg



結局、最終日は、最初の訪れたポイントと同じになりました。
p3023.jpg



p3024.jpg



後でわかったことですが、この個体の胸のあたりにある黒い影は、背中につけた発信器がお腹側に回ってしまったものとのことでした。
このブログを参照しました

いくら渡りの調査とはいえ、人間の行ったことが、クロツラヘラサギには大変な負担になってしまったわけですね。

p3025.jpg



この撮影を最後に、機材をスーツケースにしまい、レンタカー会社へと向かいました。帰る途中、初詣の渋滞に巻き込まれ、飛行機に遅れるのではとやきもきさせられましたが、どうにか出発に間に合い、無事、高松、そして自宅へと帰りつくことができました。この正月は、楽しい鳥見ができました。

p3026.jpg








スポンサーサイト
  1. 2008/01/03(木) 00:40:03|
  2. ズグロカモメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。