dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大神子海岸

2013年02月10日(日)

例年年末年始の休日には遠出しているんですが、今年は諸般の事情でかなわず。大晦日は、数年ぶりに家族といっしょに紅白をみました。
 その余波というわけではないでうが、25年1月中も鳥見には出られず、2月にはいってやっと今年初鳥見というわけです。
 実は、24年の暮れごろから、大神子海岸にオジロビタキ♀がでているのとの情報。もしや と思いこの日でかけたのでした。
 海岸についていみると、数人のバーダーさん。オジロビタキはおそらく抜けているだろうとこの。1月末ぐらいまでは居たそうです。

みなさんのお目当てはキクイタダキ。私も仲間に入れてもらい、松並木を梢をさがしました。

同業バーダーさんにがいると、なにかと効率がいいですね。だれかのシャッター音がすれば、近くにいけばゲットできるわけです。

P5592.jpg


はじめのうちは、松の梢近くにいたのですが、正午近くなると、なんと数羽の群れが地面ちかくの幹までおりてきました。こんな経験は初めてです。

近すぎて 望遠レンズでは合焦しないほどの近くによってくることもあります。近くに人間がいることなどお構いなし。

頭頂部の「菊」の一部が赤くなっています。これは、♂の印。

P5593.jpg


P5594.jpg



P5600.jpg



この個体は、赤い部分がありません。♀かも。♂の中でも成熟した個体だけに赤い部分が見られるそうで、この個体が♀ではなく、若い♂の可能性も否定できません。
しかし、かわいいです。
P5595.jpg


P5596.jpg



人の目にはみえまんせんが、松の幹にいる小さな虫をねらっているんでしょうね。

P5597.jpg



あとで、ネット検索していると、午前11時をすぎると、キクイタダキが地面近くの幹におりてくる といったことを書いているブログもありました。

キクイタダキ=早朝+松の梢 と先入観は捨てねばなりません。

また、キクイタダキが好む木は、松だけでなく「針葉樹」であって、杉やヒノキにもよくやってくるそうです。

P5598.jpg



ほかには、コゲラ。

P5599.jpg



ヒガラ。ヒガラも海岸にいてるんですね。
P5601.jpg



あとは、海岸の松並木がだいすきなビンズイ。
P5602.jpg



真冬でもにぎやかにさえずるカワラヒワ。
P5603.jpg



さすがに、午後1時をすぎるころには、いくら待ってもキクイタダキの姿が見えなくなりました。
帰路についたのでした。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/10(日) 10:37:12|
  2. キクイタダキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪城公園

2012年10月21日(日)

この日も大阪城公園です。前日土曜日からでかけました。夕方の公園も覗いてみました。多くのバーダーが キクイタダキを狙っていました。前日から、多数の個体が入っているとのことでした。

翌日、晴天にめぐまれ梅林から鳥見を始めました。

梅の木の一本にキビタキ♀。今年生まれの個体でしょうか。幼さが残っています。
P5534.jpg



しばらく歩いていると聞き慣れない鳥の声がします。周囲を見渡すと、大きな木の梢にモズがいました。聞き慣れない声は、モズの鳴き真似だったのです。
P5535.jpg


動画もあります。かすかな声なので、パソコンの音量を上げて聞いてください。
http://maxwanta.main.jp/photo/what/24_1021mozu.MP4

ヘリポート周辺で コゲラを見かけました。
P5536.jpg



P5537.jpg



コサメビタキ
P5538.jpg



P5540.jpg




そのうち、2-3人のバーダーがカメラを構えているのに出会いました。聞くと「キクイタダキ」とのことでした。梅林横の樹木と旧博物館横の樹木を往復しているらしいとのことでした。デジスコでキクイタダキを狙いましたが、無理です。一時公園を離れて、駐車場に帰り デジ眼を持ってきました。

デジ眼をリュックに背負い、デジスコを肩に担いでの鳥見ですが、公園内は比較的平坦なので、どうにか鳥見可能です。

デジスコでのキクイタダキ。露出オーバーになってしまいましたが、いままで満足にキクイタダキの画像がなかったので、記念すべき写真です。
P5539.jpg



P5541.jpg



頭頂部の菊(黄色い部分)も撮れました。
P5542.jpg



その後、西の丸庭園でも 梢に群れがやってきました。
P5543.jpg



P5544.jpg



P5545.jpg



なんとのこのポイントでは、キクイタダキが 視線よし下の位置にやってきてくれました。
通常 キクイタダキは多く高い松の木の梢に群れでやってきます。それで空抜、枝かぶりになることが多いのですが、今回は 近くで「激写」することができました。夢のようはひとときでした。

P5546.jpg



P5547.jpg



P5548.jpg



P5549.jpg



P5550.jpg



この日は一年に一回あるかないかの「大収穫」でした。午後3時すぎに、公園を後にすることにしました。

帰り際に写した大阪城のお堀です。

P5533.jpg


  1. 2012/10/21(日) 15:43:40|
  2. キクイタダキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神戸市森林植物園

2011年1月23日(日)

この日は、神戸森林植物園に行ってみました。前日は、有馬温泉泊。有馬温泉からは、車で30分ほど。しかし、開園が午前9時からなので早朝からというわけにはいきません。

この公園は、六甲山系の西の端に位置し、北側には神戸のベッドタウンがあります。
一昨年の冬にはオオマシコが長い期間とどまったらしいですが、管理棟で聞いてみましたが、「今年は、オオマシコは来ていない」とのこと。「ベニヒワを見た?」という話を聞いて勇んで探鳥に出発しました。

公園内は起伏に富んでおり、ところどころに東屋などの施設が整備されています。市街地に近い公園でもあり、散歩の人々が多い。

鳥影は濃いのですが、ほとんどがカラ類です。

なかにコゲラ。
P4990.jpg



♂の印が見えます。
P4991.jpg



早朝、興奮したのはキクイタダキ。松の木の梢におり、逆光です。
P4992.jpg



地面にはアオジが多かったようです。
P4993.jpg



ルリビタキもたくさんいました。

P4994.jpg




P4995.jpg




P4996.jpg




桜の新芽でしょうか。ホオジロ。
P4997.jpg



P4998.jpg



公園内には、ニホンカモシカが飼育されていました。飼育されているニホンカモシカの中では日本で一番長寿の個体だそうです。

P4999.jpg


  1. 2011/01/23(日) 10:13:51|
  2. キクイタダキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

豊岡遠征 (小野市 かも池)

2008年01月26日(土)

この日は、Dさんにごいっしょ願い、兵庫県北部の豊岡に遠征です。豊岡といえば、コウノトリ。しかし、地図でみると、周囲の田んぼも魅力的な場所みたいです。

 土曜日は、山陽道を途中下車。小野市のかも池に立ち寄りました。
広大な池、遠くに カモたちがちらほら。遠くの木立は、カワウの糞で白くなっています。

 そんなとき、はやくも、Dさんが、キクイタダキを見つけてくれました。
今度こそはライファーげっと と何枚も写したのですが、デジスコなのでちょこまか系には対応が難しく、「後姿」となってしまいました。
p3091.jpg



鴨たちは、キンクロハジロ、ホシハジロなどの面々です。
なかに、一つがいだけ、ヨシガモのペアがいました。
ヨシガモの♀は、はじめてかもしれません。
p3092.jpg



日暮れちかく……シルエット。影の主はキンクロでしょうか。
p3093.jpg


  1. 2008/01/26(土) 09:35:09|
  2. キクイタダキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。