dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鳴門山-鷹の渡り(2)

2013年9月29日(日)

この日も、先週にひきつづき鳴門山に鷹の渡りをみにいきました。サシバ-ノスリのシーズンは終盤で、これが最後になるかもしれません。

 はじめに、ハチクマ。

P5975.jpg



つづいてノスリ

P5976.jpg



視線の下をノスリが飛んでくれました。
P5977.jpg



じつは、この日の展望台は、バーダーは少なく、そのかわりテレビの撮影クルーがやってきました。あとで(12月)でわかったことですが、この撮影クルーは、NHKの「新日本風土記」の撮影クルーの皆様でした。

2013年12月20日 放送の「新日本風土記」に鳴門山が取り上げられ、画面に登場したノスリが、おそらく上の写真のノスリと同じものだとおもいます。

P5978.jpg



これも目の下を飛んだサシバ。
P5979.jpg



サシバの「ミニ鷹柱」です。
P5980.jpg



ノスリ。
P5981.jpg



P5982.jpg



P5983.jpg



低いいちから、サシバが展望台の周囲を旋回してくれました。
P5984.jpg



P5985.jpg



近くを飛んでくれました。
P5986.jpg



P5987.jpg



P5988.jpg



青空の下、鷹と空を眺めるのは気持ちのいいものです。
これで、私の今年のサシバシーズンも終わりです。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 23:23:40|
  2. サシバ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳴門山

2011年9月25日(日)

 この日は、鳴門山へ鷹見です。考えみると、私の鷹見は秋のこの時期だけ。年に1-2回しか行ってません。
 いまだに、ワシ タカの識別はなかなかできません。先輩たちが、遠くの空に見つけるタカも私にはなかなか見つけることができません。
 年1回の観察ではしょうがないかあ……。

でも、気持ちよい風に吹かれ、青空を見上げて鳥を見るのはいつ来てもきもちがいいです。

この日は、サシバがほとんど。1-2回 は近くを飛んでくれました。

P5314.jpg



P5315.jpg



ミサゴが混じります。
P5316.jpg



上空を旋回しました。
P5317.jpg


  1. 2011/09/25(日) 08:27:52|
  2. サシバ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳴門山

2009年9月27日(日)

 晴天にめぐまれ、この日は鳴門山での鷹見です。

展望台は多くの観察者で大にぎわいでした。みんなで、わあわあいいながら鷹を観察するのも、鷹見の楽しみですね。

この日は、サシバがほとんど。ときおりノスリが混じるといった状況でした。かなり、低い位置を飛んでくれます。

p4132.jpg



晴天をバックに鳥をみるのは、気持ちがいいです。
p4133.jpg



p4134.jpg



チョウゲンボウです。後ろ姿なのが残念。
p4135.jpg



サシバ。鷹たちは何を考えて飛んでいるんでしょうね。
p4136.jpg



p4137.jpg



鳴門山展望台の人気者、ヤマガラにビーちゃんです。
p4138.jpg




  1. 2009/09/27(日) 08:41:05|
  2. サシバ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

05 | 2017/03 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。