dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

三豊干拓地

2006年09月17日(日)

その後、本日の本命ポイントのR王山にむかします。しかし、山頂付近は、霧に覆われ寒く、トンボの姿はまったくありません。どこに行こうか迷ったあと、山を越えて香川県に行くことにしました。

三豊干拓地です。
鳥影はあまりありません。やっと見つけた、コチドリ若。
p1746.jpg



「若」の特徴は
アイリングが細い。頭部がうろこ状の模様。咽がうすい茶色、眉斑がめだたない……
などがコチドリ幼鳥の特徴だそうです。
p1747.jpg



三豊干拓地の定番シーン。二番穂の間の水たまりにいるタシギです。
p1748.jpg



そのご、K田川河口にまわります。
いました。オオソリハシシギ
p1749.jpg


p1752.jpg



アオアシシギ
p1750.jpg



ソリハシシギ
p1751.jpg


p1753.jpg



オオソリハシシギは、水浴びや……
p1754.jpg



毛繕いのあと……p1755.jpg



なんと、お休みモードになりました。渡りの途中でかなりお疲れだったんでしょうね。
p1756.jpg



ソリハシシギだけは、ちょこまかとよく動いて採餌してました。
p1757.jpg



かわいいですね。
p1758.jpg



スポンサーサイト
  1. 2006/09/17(日) 15:13:42|
  2. ソリハシシギ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

 吉野川河口

2005年8月20日(土)

 この日は、午後から吉野川河口です。昼過ぎから雨がふったり、日差しがでたりとめまぐるしくかわる天候でした。河口についてみると、満潮の時期で、手前側の土手の岸にシギチは見あたりません。
 100m以上はなれた中州の岸には、ダイゼン、キアシシギらしい鳥がちらほら見えます。
 これは、ダイゼンの夏羽と冬羽の個体ですね。



しばらく斜面に腰を下ろして待っていると、鴫の群れがやってきてくれました。スコープでみると、ソリハシシギのようです。こんな団体で見られるのは初めてです。



 しかし犬を連れた人が通りかかると、一斉に鳥たちは飛び立ってしまいます。
そんななか、常連の キアシシギ がやってきてくれました。



かわいい お目々してますね。飛び立つとき、ピューという鳴き声を残して飛び去ります。



上流の方からとこところエサを探しながら歩いてきています。西日を受けて逆光です。




  1. 2005/08/20(土) 20:04:43|
  2. ソリハシシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

dcken

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。