dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

淡路トンボポイント

2006年09月18日(月)

 連休二日目、この日はDさんに、淡路のトンボポイントを案内していただきました。
アジアイトトンボ。初見です。見慣れたアオモンイトトンボをすこしコブリした感じです。たいへんよくてにます。
p1759.jpg



アジアイトトンボ♀。食事中のようです。
p1760.jpg



マイコアカネ♂。これも初見です。
p1761.jpg


顔の部分が青く印象的です。
p1762.jpg


p1763.jpg



ノシメトンボ。これも初見です。
p1764.jpg



地味ですが、印象的な色をしています。
p1765.jpg



アジアイトトンボ♀。未熟。
p1766.jpg



未熟♀がオレンジ色をしているのも、アオモンイトトンボ♀と似ています。このページによると アジアイトトンボは腹部第一節の背面は全部が黒いのにたいして、アオモンイトトンボの背面は一部が黒い ということらしいです。
p1767.jpg



こちは、以前に写した アオモンイトトンボ未熟♀ですが、たしかに背面は一部が黒くなっています。
p1768.jpg



マイコアカネ 連結。
p1769.jpg



ポイントを移動して、オオアオイトトンボ♂
p1770.jpg



リスアカネ
p1771.jpg



オオアオイトトンボの産卵。ガマの茎に丁寧に卵を産み付けています。
p1772.jpg



p1773.jpg



キマダラセセリ
p1774.jpg



以下の二つの写真は、マイコアカネの♀でしょうか。
p1775.jpg



p1776.jpg



そのごDさんの案内で、貴重な水草 ガガブタを写してきました。p1777.jpg



ヤマトカギバ
p1778.jpg



スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 10:23:20|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

k星公園

2006年09月17日(日)

 この日は、Dさんにごいっしょ願いトンボポイントを回ることになりました。
まず、k星公園

ムスジイトトンボ♂。セスジイトトンボとの鑑別点は、胸部の肩黒条の中にスジがないことらしいです。
p1731.jpg



アオモンイトトンボ♀ 未熟
p1732.jpg



アオモンイトトンボ♂
p1733.jpg


p1734.jpg



これも、肩黒条の中にスジがないですね。ムスジイトトンボでしょうか。
p1735.jpg



ミヤマアカネ
p1736.jpg



オオアオイトトンボ♀
p1737.jpg


p1738.jpg



これは、ストロボをつかわず自然光での撮影です。緑色がきれいですね。
p1739.jpg



Dさんが、みつけました。カトリヤンマ♀だそうです。本日の目的の一つです。
p1740.jpg


p1741.jpg


p1742.jpg



ナツアカネ。顔も赤くなってきています。
p1743.jpg



サトキマダラヒカゲ
p1744.jpg



ジャノメチョウ
p1745.jpg



  1. 2006/09/17(日) 09:35:37|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

R王山

2006年09月03日(日)

 k星公園から、R王山にむかいました。
頂上付近の駐車場には、たくさんの赤とんぼが舞ってました。

これはアキアカネ。
p1693.jpg


紅葉した枝にとまっているのをみると、「秋」ですね。
でも、まだ平地にはおりていません。山の上だから、アキアカネが見られるわけです。
p1695.jpg



こちらは、ウスバキトンボ アキアカネ♀
p1694.jpg



ミヤマアカネ。成熟して全体が赤くなってきています。
p1696.jpg



茂みの中で、オオアオイトトンボ(♂)をみつけました。緑色で金属光沢があり、美しいイトトンボです。
p1698.jpg



地面に目をむけると、キンミズヒキ
p1697.jpg



ツルリンドウ
p1699.jpg



シラヤマギク
p1700.jpg



これは、シコクママコナという名前だそうです。はなててんさん、ご教示ありがとうございました。
p1701.jpg



同、アップ。
p1703.jpg



これはオトコエシですね。
p1702.jpg



10分ほど山道を歩くと、頂上の展望台につきました。ここからは、高松市を見ることができます。
p1704.jpg



なんと、この場所からは、徳島市も見ることができます。
p1705.jpg



ヤマジノホトトギス。話には聞いていましたが、実物を見るのははじめてです。感激しました。
p1706.jpg



ヤマハギ
p1707.jpg



ハギに、オミナエシなど、山の上ではすでに秋の七草にお目にかかることができました。山歩きの楽しさを満喫した一日でした。

  1. 2006/09/03(日) 18:06:56|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

k星公園

2006年09月03日(日)

その後、k星公園に向かいました。着いたのは、正午前。

羽化直後のイトトンボが、蜘蛛の巣にかかってました。
推測ですが、モノサシトンボの羽化直後でないかと思いました。

p1681.jpg



というのは、その直後に近くで、モノサシトンボと見たからでした(笑)
p1682.jpg



太陽の光をさけて、倒立スタイルのリスアカネ。
p1683.jpg



これは、マユタテアカネですね。尾部に着目しました。
p1684.jpg



驚いたのこれです。遠目には、イトトンボと見えました。
p1686.jpg



近づくとトンボではありません。しかも、先端がぐるぐると回り始めました。こんな光景は初めてみます。帰ってから調べてみると、
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Sterrhinae/Geometridae_Sterrhinae_UNIDENTIFIED__UNIDENTIFIED.html
p1686.jpg

が一番近いようです。ヒメシャクガの幼虫。つまり、シャクトリムシだったんですね。

キンモンガ
p1687.jpg



ショウリョウバッタ(褐色型)
p1688.jpg



ウラナミジャノメ
p1689.jpg



カノコガ
p1690.jpg



これを見つけたときは、興奮しました。金属光沢の美しい大型のイトトンボです。
オオアオイトトンボ(♀)
p1691.jpg



これも初めてです。ヒカゲチョウ
p1692.jpg




  1. 2006/09/03(日) 11:38:15|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いつものイトトンボ ポイント

2006年09月03日(日)

 この日も、しつこく早朝 いつものイトトンボポイントに行ってます。
Exifデータ をみると、最初の写真が 午前6時になってます。

セスジイトトンボ♂
p1668.jpg



セスジイトトンボ♀ とママコノシリヌグイ
p 1669.jpg



セスジイトトンボ♂
p1670.jpg


p1671.jpg



ベニシジミ
p1672.jpg


p1673.jpg



アオモンイトトンボ連結 セスジイトトンボ 連結
p1674.jpg



モンキチョウ
p1675.jpg


p1676.jpg


p1677.jpg


p1678.jpg



キタテハ
p1679.jpg



ヤマトシジミ
p1680.jpg




  1. 2006/09/03(日) 09:11:20|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ

dcken

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。