dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大授搦

2010年9月26日(日)

この日は、前日から九州博多に。目当ては大授搦。
土曜の午後、山陽道を走るのもなれました。前回よりかなり時間短縮。(出発時間を早めた)午後7時前には、博多に到着しました。

翌日は快晴。博多から佐賀県大授搦までは一時間半ほどです。前回8月の猛暑、炎天の下の鳥見とちがい、日差しも柔らかで、すずしい海風が吹いています。

前回、潮を満ちる前の干潟ではシロチドリが目立ちましたが、今回、シロチドリは時間をかけて探さないと見つからないという状況です。1か月違うでけで、干潟の様相は変わるですね。

今回 一番まだったメダイチドリ幼鳥。
P4800.jpg



メダイチドリ成鳥。
P4801.jpg



やっとみつけたシロチドリ。首の白い輪が、首全周にあるのが識別点です。
P4802.jpg



ムナグロ冬羽。
P4803.jpg


毛繕い中のハマシギ

かならず、います。ズグロカモメ。
P4804.jpg



潮が満ちてくると、沖合からシギチがやってきます。ほとんどが、ハマシギです。狭い場所にシギチが密集するので、鳴き声はにぎやかです。
P4805.jpg



にぎやかなハマシギの声

キリアイも。
P4806.jpg



かなり潮が高くなると、大型のシギチがやってきます。
ホウロクシギ。
P4807.jpg


ホウロクシギの鳴き声<


チュウシャクシギ。
P4808.jpg



今回は、手にデジスコ。首にサンニッパという機材です。
潮がみちてくると、シギたちは、居場所を求めて飛び立ちます。
P4809.jpg



P4810.jpg



P4811.jpg



なかに、オバシギなどがいないか、パソコン画面に目をこらしましたが、ハマシギだけのようです。しかし、これだけの数のハマシギが普通に見られるのは、さすが大授搦という印象です。
P4812.jpg



ホウロクシギ(ダイシャクシギ?)

P4813.jpg



手前がトウネン。奥がハマシギ。
P4814.jpg



ウズラシギ。
P4815.jpg



P4816.jpg



再びハマシギ。
今回は、前回にくらべ満潮時の潮位がたかく、コンクリート護岸をこえて水位がたかくなり、居場所をなくしたシギチたちは、柵をこえ、コンクリート護岸の内側にもやってきます。
P4817.jpg


P4819.jpg



ミサゴ。なにか獲物をつかまえています。ムツゴロウでしょうか??
P4820.jpg



スポンサーサイト
  1. 2010/09/26(日) 08:47:05|
  2. ハマシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハマシギの群れ

2006年11月18日(土)

昼から蓮田へ。しかし、めぼしい鳥はでず、ひさしぶりに吉野川河口に回ってみました。
中洲に多数のハマシギ。
 一回り大きいのはダイゼンらしいです。
p1869.jpg



こちら 一回り大きいのは、ソリハシシギでしょうか。
p1870.jpg


  1. 2006/11/18(土) 22:17:32|
  2. ハマシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寒冷前線通過

2005年10月22日(土)

 この日は、午前中に寒冷前線が通過したとかで、短時間ですが、強い雨が降りました。午後からは、日差しもときおりでますが、ときおり黒い雲がおおって、雨がパラパラとふり、北風が強くなってきました。

 雨が降れば……もち、蓮田です(笑)
しかし、一時にくらべ、鳥影は薄くなりました。でも、居るところにいるのです。広い蓮田をぐるぐるまわって一カ所だけみつけました。

タシギの嘴って先が二つに分かれてるんですね。



オジロトウネン。



オジロトウネンも急な寒波にくしゃみしてました。(ほんまか?)



別の蓮田では、ハマシギが井戸端会議。何を話しあってるのでしょう。



夕日を浴びた アオアシシギとハマシギ。



ハマシギたちもそろそろ お休みモードでしょうか。





周囲は徐々にたそがれ、水面も夕映えを映しはじめます。









すっかり暗くなり、蓮田を後にしました。


  1. 2005/10/22(土) 14:42:46|
  2. ハマシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ハマシギ

2005年9月22日(木)

遠い蓮田まで行かないくても、近くの田圃にシギチはいてるのでは……と、ふと思いつきました。収穫がすぎ、水がたまった田圃を丹念に見て回ると、いました。

これは、ハマシギのようです。吉野川河口以外でハマシギを見るのは初めてです。
手持ちの野鳥図鑑によると、「河口や干潟では集団で居てる。内陸で単独のことが多い」とあります。



朝日に水面が光っています。



影の部分が金ぴかに光っています。どうも水の中の浮遊物が朝日に反射しているのでしょう。






  1. 2005/09/22(木) 13:54:11|
  2. ハマシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

dcken

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。