dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

晩秋の大阪城公園

2013年11月30日(土)

 数日前から、大阪城公園にオジロビタキが逗留しているという情報がありました。
 ちょうど、11月末日で、消滅するじゃらんのポイントがあり、使うことにしました。

 大阪城公園の近くのホテルに着きましたが、まだ晩飯には時間があります。サンニッパを首にぶらさて、夕刻の大阪城公園まででかけました。午後4時ですが、この時期日暮れは早くすでに夕暮れの気配です。

P6013.jpg



この界隈は、大阪府警やNHKがあるんですね。官庁街という雰囲気です。
P6014.jpg



飛行機も。
P6015.jpg



公園内は、イチョウの木がいたるところで、黄葉まっさかり。というか、かなり散っているのもみられます。公園内をぐるりとあるきましたが、めぼしい鳥はいません。
P6016.jpg



お堀のホシハジロ
P6017.jpg



ヒドリガモ。元山さんのブログによると、大阪城公園のお堀では、近年マガモの飛来数が激減していいるそうです。そういえば、徳島でもあまりみなくなりました。マガモが希少種なんて考えられません。

P6018.jpg



キンクロハジロ
P6019.jpg



大阪城天守
P6020.jpg



周囲の高層ビル群です。こんなビルに囲まれたところが「野鳥の楽園」になっているんですね。
ビルに囲まれているからこそ、貴重な緑に野鳥が集まるのかもしれません。
P6021.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/11/30(土) 11:24:10|
  2. ヒドリガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨上がりの三豊干拓地

2007年3月25日(日)

 この日は、ひさしぶりにD山に行こうと思いついたのでした。朝のうちは、雨でしたが、予報では次第に天気は回復に向かうと……ということで。

しかし、三頭トンネルをすぎると、小雨がぱらぱら降り出しました。山の上のほうをながめると、雲がかかっています。いやな予感……。でも、ここまで来たら登らないわけにはいきません。
 悪い予感があったというか、頂上近くは、深い霧に覆われて、車の走行さえ危ないほです。しかなく、頂上でUターン。

 どこに行こうかとおもいましたが、思いつくのは、三豊干拓地(笑)

しかし、ここも鳥さんいません。とくにシギチは、気配もないです。

畑の上の カワラヒワ。

p2362.jpg



同じく、ツグミ
p2363.jpg


柞田川のほうにむかいます。たまには、ヒドリガモ。夫婦の肖像ということで。
p2361.jpg



カルガモ。
p2365.jpg



やっと見つけたシギチは、イソシギでした。護岸を逃げていきます。
p2364.jpg



そうこうしてる内に いい天気になり、日差しも出てきました。ほかに行くところもなく、もう一度D山に向かいました。

朝よりは、霧が薄くなり、視界はよくなっていますが、ご覧の状況。
すっきりというわけにはいきません。

p2366.jpg



ヤマガラ。
p2367.jpg



というわけで、あっちこっちうろうろしたわりには、収穫の乏しい鳥見でした。



  1. 2007/03/25(日) 09:00:08|
  2. ヒドリガモ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

デジスコ ヒドリガモ

2006年1月28日(土)

 この日は、吉野川河口にデジスコの試し撮りにいきました。
実は、デジスコセットを車の中で三脚に装着するためのプレートが入手できたので、その試し撮りというわけです。
 車のなかから、吉野川土手したに休んでいるヒドリガモを写しました。
 夕暮れが近いためか、ヒドリガモ うとうとしてる感じでした。







夕日を浴びた カルガモ、ヒドリガモ。







  1. 2006/01/28(土) 21:17:32|
  2. ヒドリガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デジスコで狙う 公園のヒドリガモ

デジスコで狙う 公園のヒドリガモ

2006年1月18日(水)

 実は、昨年夏、現在のフィールドスコープによりデジスコシステム(TSN-824M+TSE-14WE+DSC-W7)の購入を決意したのは、Fさんのブログのカモたちの写真を見たのが直接のきっかけでした。
 Fさんのデジスコ写真は、いままで私がみてきたどのデジスコ野鳥写真よりもすばらしいように思いました。
 シャープでありながら、落ち着いて深い色調。繊細な描写。
この機材をそろえたら、私もあんな写真が……という思いは見事に裏切られました。
写真は機材だけではないのです(笑)
 しかし、この朝、公園にカモの写真を撮りにでかけたのは、「カモが居てるうちに一応デジスコ写真を撮っておこう」と思ったからでした。

公園のカモのデジスコでの撮影というのは、簡単なようで結構難しいのです。
 なぜなら、(目覚めているカモ)は一時の休みもなく水面を移動しているからです。
 デジ眼なら簡単な撮影なんですが、導入から合焦までに時間のかかるデジスコで、私には結構難しいのです。

早朝で眠っているのは動かなくていいですが……(笑)



できれば、目覚めているのを撮りたい……



カイツブリ夏羽



結局期待した画像は得られなかったようにおもいます。






  1. 2006/01/18(水) 12:22:26|
  2. ヒドリガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

飛びカモ撮影の練習 (2)

2005年11月26日(土)

 この朝も前日につづき、飛びカモの練習です。







そんな今日この頃……


  1. 2005/11/26(土) 09:23:13|
  2. ヒドリガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

dcken

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。