dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

翌朝の八幡高原

2008年7月13日(日)

翌朝の八幡高原。千町原。もやがかっています。
すこしあるきました。
p3472.jpg




目にするのは、ホオジロ。
p3473.jpg



カワラヒワ。
p3474.jpg



ヤマガラ幼鳥
p3475.jpg



そのほか、シジュウカラの幼鳥、ホオジロの幼鳥などをみかけました。
遠くで、イカルが鳴いています。

雪霊水付近まで行き、周囲をあるきました。すでに、蝉の声が大きく鳥の声があまりしません。ミソサザイが大きな声でさえずっているのですが、いくら目をこらしても見つけることができません。

アカゲラをみかけましたが、深い緑に覆われて写真いにはとれませんでした。

そんななか、道路脇をクロツグミのペアが採餌しながら歩いています。
p3476.jpg



昼からは、臥竜山の登山道を頂上まで登ってみました。
かなり険しく、倒木などもあり、登るには苦労しました。
その割には……
頂上付近でみかけたモズ。
p3477.jpg



臥竜山 山頂。
p3478.jpg



ちょうど 夕立の気配もしてきて、雲行きが怪しくなりました。
山を下りて帰路につきました。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/13(日) 15:39:39|
  2. クロツグミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

広島県 八幡高原

2008年7月12日(土)

 八幡高原は、広島県の 北西部にあり、島根県の県境に近い場所に位置します。
NHKでも紹介されいて、一度は行ってみたい場所でした。できれば、もう少し早い時期とおもったのですが、天候とか諸般の事情とかで、7月に入ってからとなりました。
 山陽道の広島jctから北上、中国道の戸河内というICで降ります。
 自宅から、4時間ちょっといでつきました。
山陽道のSAでは、31度あった気温が、八幡高原近くになると、24度までさがります。実は途中で夕立もあったのですあ(笑)

 本日泊まるところになっている民宿に挨拶してから、まだ夕暮れまでには時間があるので、探鳥ポイントを下見しました。

 八幡高原にある、「自然観察館」。午後3時には閉まってしまうらしく、ポイント情報などを仕入れることはできませんでした。
p3469.jpg



この場所には、周囲からの雪解け水 雨水などがこの高原にたまり、湿原となっている場所があります。
 カキツバタの群生地。
p3470.jpg



明日の探鳥ポイントである、臥竜山に行ってみました。中腹から頂上付近まで、ブナ林で覆われており、雰囲気のよい場所でした。
http://www.geihoku.info/yawata/y-annai.htm
雪霊水 というわき水のあるところまで車で行くことができます。
夕闇のせまるころで確認はできませんでしたが、マミジロらしき鳥影をみました。

民宿で風呂にはいり、夕食。
民宿のご主人がつくった「どぶろく」です。
大変うまかった。「どぶろく特区」の指定をうけても、どぶろくを個人で醸造するにはたくさんの制約があり、ご苦労が多いとのことでした。
p3471.jpg



  1. 2008/07/12(土) 09:54:13|
  2. クロツグミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蒜山高原(2)


2008年6月15日(日)

 翌朝は、まだ日の出前に宿をでて、大山方面に向かいます。
途中の道脇で。
p3442.jpg



ポイントに到着しました。まだうすぐらく、キビタキやミソサザイ、それにアカショウビンの声も聞こえますが、姿はみえません。
やっと、捉えたミソサザイ。シルエットです。
p3443.jpg



近くに巣があるのでしょうか。
p3444.jpg



苦労して坂道を登ったわりには、鳥果はありません。やっと クロツグミをげっと。「坊主を免れた」というのが、正直な感想でした。
p3445.jpg



その後、大山環状道路周囲のポイントに移動しました。
やはり、耳にするのは、ウグイス。
p3446.jpg



動画もあります

遠くの梢にホオジロ
p3447.jpg



大山の裾野では、牛が放牧されています。
p3448.jpg



しばらくいくと 耳慣れない鳴き声。
しばらくいくと 耳慣れない鳴き声

声だけでも録音して帰ろうとおもったですが、姿を見せてくれました。クロジでした。
p3450.jpg



同じポイントでオオルリ
p3451.jpg



同じくオオルリ♀。
p3452.jpg



もう一度ウグイス
p3449.jpg



大山寺のほうにもよってみました。周囲には、旅館や土産物屋が多く、門前町を形成してします。多くの参拝客でにぎわっていました。
梢の上にイカル
p3455.jpg


大山寺のよこを流れる渓流です。
p3456.jpg



もういちど、蒜山高原にかえり
オオヨシキリ
p3454.jpg


動画もあります


とおくの梢にホトトギス
p3453.jpg



雲行きも怪しくなってきました。
すこし早いですが、帰路につくべく高速道路に向かいました。


  1. 2008/06/15(日) 16:19:11|
  2. クロツグミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

野鳥の会 主催 深淵~落合峠 一泊探鳥会

2006年6月3日(土)
 
この日は、野鳥の会徳島県支部主催の 一泊探鳥会の日です。
でかける前から わくわく どきどき、遠足の前の小学生みたいです。

 途中の道路脇の水銀灯に……あれ、カラスではないぞ、トビでもないぞ。車を停めてふりかえると サシバでした。幸先いいです(笑)



自宅から一時間半程度で到着します。県道も予想以上に整備されていました。集合時間までに間があったので、落合峠を下見しました。こんなところです。道路奧が、東祖谷に通じてます。



これが、深淵自然キャンプ村。ちょっとわかりにくいところにあります。斜面にバンガローが3つ。なかなかいい場所です。



私が寝たほうはこちら……



 キャンプ場で、たき火を囲み、ビールやワイン片手に鳥談義。闇のなから、トラツグミやクロツグミ、ヨタカの鳴き声。トケンの鳴き声。最高に贅沢な時間をすごしました。

翌日、朝食前の探鳥。尾根の上の梢にクロツグミ。すこし、もやがかかってました。



これは落合峠の丘にあがって移した ホトトギスです。
陽炎の影響で画像が揺らいでいます。



動画もあります

オオルリ







探鳥会解散後、峠から少し降りた谷スジでミソサザイを狙いました。







動画もあります

帰り道、クロツグミらしいを道路脇にみましたが、ゲットできず。
オオルリを写しました。



すばらしい一泊探鳥会でした。支部の皆様お世話になりました。次回も参加したいです(笑)
  1. 2006/06/03(土) 14:32:33|
  2. クロツグミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。