dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

剣山 コマドリ

2005年6月26日(日)

このところ、毎週日曜は、早朝に起きて剣山に向かいます。午前5時ごろ、麓では少しもやがかかっていましたが、標高が高くなるにつけ、快晴です。
 午前6時、見ノ越の 大剣神社から登りはじめます。
 神社の石段の傍らに咲いていた ヤマボウシ。
p001s.jpg


図鑑で調べましたが、この木は「クマノミズキ」でしょうか。
p002s.jpg


リフト 西島駅 手前で迎えてくれた アカハラ。
p003s.jpg


いつも高い梢でさえずっているオオルリ。声は聞こえるのですが、どこにいてるか探すのが一苦労です。
p004s.jpg

p005s.jpg

p006s.jpg

p007s.jpg

p008s.jpg


ミソサザイもさえずりは聞こえるのですが、姿はなかなか見せてくれません。さえずりの聞こえる場所で根気よく鳥影を探すことでしょうね。
p009s.jpg

p010s.jpg


コマドリの声もしばしば耳にするのですが、鳥影をみることはめったにありません。今回、かなり大きな声が聞こえたので、その場で立ち止まり観察していると、遊歩道脇の倒木に姿を見せてくれました。コマドリの撮影は「運」の要素もありますね。ラッキーでした。
動画もあります といっても速攻で逃げられてますが。
p014s.jpg

p015s.jpg


遊歩道脇にしばしば自生している、「ヤマアジサイ」。時期がくればアジサイの花が咲くのでしょうか。
p011s.jpg


こちらは、岩場の周辺などに咲いている「マンネングサ」の小さな花です。
p012s.jpg










スポンサーサイト
  1. 2005/06/26(日) 02:34:34|
  2. コマドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13

クロサギ

2005年6月25日(土)

サギと言えば普通「シラサギ」ですが、黒いサギも居てるんですね。ある方に教えていただき、写してきました。なんと海岸の岩場にいてました。大変警戒心の強い鳥ですね。60-70mより近づこうとすると、逃げていきます。
s86s.jpg

s87s.jpg

s88s.jpg


見たところ、コサギより小さいような印象をうけましがた、図鑑でみると、コサギと同じぐらい(62cm)と書いてあります。飛んでいる印象では、カラスと同大でないかと思うぐらい。もちろん、カラスとは飛形が違いますが。
s91s.jpg


同じ海岸にいたアオサギ
s89s.jpg


おなじく カラス。
s90s.jpg


海岸の先端。大鳴門橋がみえます。……どこかわかりますね(笑)
s92s.jpg






  1. 2005/06/25(土) 21:19:35|
  2. クロサギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セッカ ポイント

2005年6月22日(水)

今朝は、吉野川河川敷のセッカポイントへ。ここは、昨年の秋、ノビタキを撮影した場所です。セッカ、ヒバリなど私のお気に入りのポイントです。フィールドにつくと、まず、ホオジロパパが出迎えてくれます。
s79s.jpg



広い枯れ葦原を、ひっひっひっひっひっひっ といいながら飛び立ち、チャッチャッチャッチャッ、舞い降りてきます。しかし、なかなか撮影可能な近くのポイントには留まってくれません。やっと近くにとまってくれましした。
s80s.jpg

s81s.jpg

s82s.jpg


セッカはこの「とまり方」が独特です。
s83s.jpg


草むらの中に カワラナデシコが咲いていました。
s84s.jpg

川の岸辺には、カワラヒワあ 草の実を食べてました。
s85s.jpg







  1. 2005/06/22(水) 20:47:42|
  2. セッカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

先週に続き剣山でした

2005年6月19日(日)

今日も先週に続き剣山でした。朝のうちのガスも昼頃には晴れて、鳥見日和でした。今日はいろんな鳥さんゲットできました。

まずは、ジュウイチ。これは、「ラッキー」以外の何者でもないす。
動画もあります。
だんだんと さえずりのトーンがあがるところがおもしろいです。
s73s.jpg


つづいて、アカハラ。
初見初撮りです。冬に眉山で撮れなかったのが、剣山で撮れた……。
こんな声でさえずるんですね。はじめて聞きました。
s74s.jpg


ホシガラス、ペアもの。シルエット状態です。
s75s.jpg


ビンズイ。タヒバリの仲間なんですね。飛び方なんかが、なんとなくヒバリっぽいところがあります(笑)
s76s.jpg


山頂でホオアカにはじめてお目にかかりました。想像してたより、ずっとチャーミングな鳥さんでした。サービス満点。
鳴き声はこちら
s77s.jpg


最後に、コマドリ。
実は、これが、「本日のメインディッシュ」になるはずだったんですが。
PCでみると、ガックシでした。
液晶でみたときは、そこそこいけてると思ったのですが。
露出時間 : 1/13秒
レンズF値 : F2.8
ISO感度 : 400
露光補正量 : EV-0.3
まあ、暗いからしゃーない ですね。
s78s.jpg







  1. 2005/06/19(日) 23:18:25|
  2. 剣山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大きくなったヒナたち

2005年6月18日(土)
前回6月6日では、まだママの背中にもぐりこんでいたカイツブリのヒナたちも、だいぶ大きくなりました。4羽のヒナたちで、巣が小さくみえます。s66s.jpg

s67s.jpg

s68s.jpg


ひとりでお散歩。
s69s.jpg


ママもいっしょ。みんなでお散歩。
s70s.jpg


まだ、ママのそばがいいようです。
s71s.jpg


親鳥は、巣の補修も忙しそうです。
s72s.jpg





  1. 2005/06/18(土) 22:16:08|
  2. カイツブリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒヨドリ

2005年6月14日(火)

いつも、びーびーとうるさいヒヨですが、
いざ写そうとすると、なかかいい場所にとまってくれません。
この朝の唯一の収穫でした。
動画もあります
s65s.jpg


  1. 2005/06/14(火) 20:25:22|
  2. ヒヨドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

剣山

2005年6月12日(日)

  この日曜も、剣山です。5月末の探鳥会以来、すっかりとここになってしまいました。好天に恵まれ、絶好の探鳥日和です。早朝、見ノ越の大剱神社から登り始めました。見ノ越付近では、野鳥のさえずりはにぎやかなのですが、姿はなかなか撮影できません。リフト西島駅付近で、やっと、枯れ木のてっぺんで長いことさえするウグイスに会いました。この日は、こんなウグイスの計3回遭遇できました。通常の平地では、ウグイスと言えば、「声はすれでも姿は見えず」の代表で、梢のてっぺんで長く泣き続けるなど、いままでみたことがありませんでした。高山でのみ見られる現象なのでしょうか。
s42s.jpg


 ゼニトリ、ゼニトリとさえずるメボソウグイス。今までは、「声はすれども……」と撮影できなかったのですが、今日は撮影に成功しました。なかなか、葉陰から出ることはありませんが、気長に姿を見せてくれることを待つことですね。
s43s.jpg


このメボソムシクイを撮影していると、大きなカメラをもった方が近づいてきました。みると、野鳥の会のS氏です。今日は、「ホシガラス狙い」で剣山においでたとのこと。その後のルートをご一緒させていただきました。直後に教えていただいき撮影できたルリビタキのさえずり。

s44s.jpg



こちらは、ルリビタキ、♂の若鳥でしょう。今年生まれかもしれません。
s45s.jpg


メボソムシクイ。近くで撮影できました。しかし、木の葉がかぶってしまい顔が見えません(笑)
s46s.jpg


これも ルリビタキ、♂の若鳥でしょう。残念ながら、空抜けなので、背中のルリ色がでていません。
s48s.jpg


好天にめぐまれ、これは遊歩道から、ジロウギューの山頂です。
s47s.jpg


こちらは、剣山山頂から、一の森方面を写したもの。この日は、S氏とともに、一の森まで行くことができました。自分ひとりだと決して一の森まで行く勇気はでなかったでしょう。
s50s.jpg


途中撮影できた、カッコウ。この日、トケン類は、ホトトギスはもちろん、ツツドリ、ジュウイチの声も聞きましたが、すべて遠く、近くでの撮影はできませんでした。
s49s.jpg


一の森の向かう道の途中でであったミソサザイ。茂みのなかでしきりにさえずっていました。
s51s.jpg



登山道の脇に特徴的な樹木「四国シラベ」を示す標識 がありました。この樹木は、剣山の頂上付近で、五葉松などとともに、森林限界を形成しています。
s52s.jpg


こちらは、紫色をした四国シラベ(シラビソ)のめしべです。
s64s.jpg


やっとの思いで到着した、「一の森ヒュッテ」。手前にあるのは、S氏のゴーヨンです。この付近では、トケンが近くに来てとまったり、ホシガラスもやってくるそうです。ここで、暫時休憩。昼食をとりました。
s54s.jpg


一の森頂上から撮影できたホトトギス。
s55s.jpg


5月から8月まで里では見られなくなる、モズが剣山山頂で見ることができました。周囲に昆虫が点々とみえます。
s56s.jpg

s57s.jpg


一の森山頂付近で撮影したウグイス。
s53s.jpg


モミの木の梢でさえずるオオルリ。
s58s.jpg


ルリビタキ
s59s.jpg


オオルリ
s60s.jpg


ヒガラ
s61s.jpg


ウグイス
s62s.jpg


今日は、行場付近で、コマドリのさえずりも聞くことができました。 次回は撮影したいものです。

最後に、見ノ越付近まで降りてきたとき撮影できたキビタキです。
s63s.jpg















  1. 2005/06/12(日) 22:39:49|
  2. 剣山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

野ウサギ

2005年6月10日(金)

今朝のマイフィールドは、鳥はでず、ウサギがでました。野ウサギを撮影したのは初めてのような気がします。
s37s.jpg

  1. 2005/06/10(金) 22:25:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

幼鳥たち

2005年6月9日(木)

今朝のマイフィールドでは、エナガとヤマガラの幼鳥混群に出会いました。おそらく、今年生まれの幼鳥たちでしょう。s38s.jpg

s39s.jpg

s40s.jpg

s41s.jpg




  1. 2005/06/09(木) 22:44:01|
  2. エナガ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フクロウ

フクロウ

2005年6月7日(火)

 この日は、早朝に目覚めたため、ある方からいただいた情報をもとに、フクロウの撮影です。しかし、現地についても、すぐ見つかるような場所にはいません。慎重に茂みに近づいたのですが、フクロウが飛び立ったことによりやっと見つけることができました。

ちょっと写しにくい場所にとまっていますが、じっとこっちを伺っているようでした。動きません。

朝日が昇っているにかかわらず、周囲は非常にくらく、ISO1600でやっとこの程度の画像です。
s34s.jpg


種々の情報を総合すると、この場所につがいでいるようです。私も二羽が飛ぶのを目撃しました。写真に収めることができたのは一羽です。

しかし、「ここに居る」という情報があってはじめて見つけることができた野鳥です。アオバズクさえまだ未見なのに、フクロウが撮れるとは……。逆にいえば、深い茂みに隠れた神社の境内などを注意深くさがせば生息しているのかもしれません。
s33s.jpg


この画像は、デジスコでの撮影です。しかし、ISO400では、すべて露出アンダーでした。レタッチしてあります。デジ眼をもっていって正解でした。
s35s.jpg






  1. 2005/06/07(火) 02:20:45|
  2. フクロウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カイツブリのヒナ

2005年6月6日(月)

先日(6月1日)、卵だったカイツブリは、すでにヒナになっていました。
パパ(多分)から、エサをもらったあとは、
なんとなんと、ママの羽根にしたに潜りこむのでした。
s36s.jpg



  1. 2005/06/06(月) 22:11:22|
  2. カイツブリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2回目の剣山

2005年6月5日(日)

 先週の「剣山探鳥会」から待ちにまった休日。まだ暗いうちから出かけました。しかし、山頂に近づくほど、ガスが濃くなり、視界がわるくなります。「剣山スキー場」近くでは、あまりに視界の悪さに、一時休憩し、仮眠をとることとしました。仮眠から目覚め見ノ越へと向かいます。そのころには、ガスもほぼ消えていました。
見ノ越、駐車場周辺では、キセキレイがめだちます。レモンイエローがきれいです。
s17s.jpg

s18s.jpg


深い森の中をとぼとぼと山道を登っていくのは、なんとなく心細かったです。しかし、野鳥のさえずりが聞こえ、姿が垣間見えると、急に元気づけられます。心細さを救ってくれたカケスです。
s19s.jpg


 ミソサザイのソングポストにつくと、期待どおりいてくれました。小さなからだで懸命にさえずるミソサザイ。
s20s.jpg



登山道の脇にさいていた小さな白い花。春先にさくハコベににています。図鑑でしらべると、ミヤマハコベという種類のようです。
s21s.jpg


途中で、青い二羽の野鳥がからみあいように、梢から下のほうに落ちていきました。翼の一部に白い帯。オオルリの♂のようです。よくみると、霧の向こうにオオルリが一羽、羽根を休めていました。こんな近くでオオルリに会えるのは珍しい。
s22s.jpg


あまり野鳥を見つけられないためか、周囲の木々の花に目がいきます。この白い花は、一見「梅」のよう。葉は「さくら」ですね。ネットで「ミヤマザクラ」と教えていただきました。
s23s.jpg


カエデ様の木が黄色い小さな花をつけています。イタヤカエデの仲間、オニイタヤだそうです。
s24s.jpg


途中ガスは、深くなったり、突然とぎれたりします。しかし、完全になくなることは、夕刻までありませんでした。霧の向こうに囀るオオルリです。
s25s.jpg


シコクハタザオ
s26s.jpg>



コミヤマカタバミ
s29s.jpg>


s30s.jpg>


遊歩道から仰ぎ見る大剱神社です。傍らの大きな岩が目立ちます。このすぐ下に名水のわき出る泉があります。
s27s.jpg>

大剱神社
s31s.jpg


ゴジュウカラ。これは、水浴び直後の個体でしょうか。
s28s.jpg


シラビソ(四国シラベ)の梢で囀るオオルリ。紫色のものは、シラビソのめしべだそうです。
s32s.jpg























  1. 2005/06/05(日) 20:20:54|
  2. 剣山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キビタキ

 この日のマイフィールドの藪には、いつものサンコウチョウとは違うさえずりが聞こえます。しかし、藪に隠れて姿はみえません。どうも、藪の中を移動しているようです。しばらく、声だけを追いかけていたら、運良く道路上の枝にでてきてくれました。

久しぶりのキビタキです。

s14s.jpg


その後、いつものシジュウカラや、コゲラが姿を見せてくれるものの、これといった収穫なし。樹木にからみついている、つる性の植物が白い花をさかせています。帰って図鑑で調べると「テイカカズラ」という名前でした。s15s.jpg


しばらくしているうちに、サンコウチョウの鳴き声が近づきます。目の前の茂みにはいったようです。しかし、見えるのは、しっぽだけ。この日はこれで終わりでした。そんな今日このごろ。
s16s.jpg




  1. 2005/06/03(金) 21:48:18|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツバメのひなたち

同じ公園、巣立ったばかりらしいツバメをみかけました。まだ、飛ぶのが得意でないようで、池の周囲の手すりや、周囲の木立に止まっています。
t1.jpg


親鳥がエサを運んでくれるのを待っているのでしょうか。ときどき上空を見ています。
t2.jpg

t3.jpg


無事に成鳥し、また来年日本にやってきてくるようにと祈りました。

t4.jpg

t5.jpg


  1. 2005/06/01(水) 23:16:16|
  2. ツバメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

抱卵中のカイツブリ

今朝は、ひょっとしてカイツブリのヒナが生まれていないだろうか とおもい、近くの鴨島公園に行ってみました。
しかし、これはまだ どうみても「卵」でしね。スーパーの「鶏卵」以外の卵をみるのは、ひさしぶりのようなきがします。01aDSC08374-s.jpg

公園の池に全部で3つの巣がありました。抱卵中のもあり、お食事タイムのカイツブリもいました。

01bDSC08894-s.jpg


この巣もそうですが、周囲にビニールのようなものが多く集められています。

01cDSC08567-s.jpg


この巣では、お菓子の袋の一部のようなものがみられます。
01dDSC08919-s.jpg


このビニールなどは何につかうつもりなんでしょう。カラスが鳴き声がすると、カイツブリの親鳥はあわてて、このビニールを抱卵中の卵にかけるのでした。
a01.jpg

a02.jpg


ヒナが育ってくれるのが楽しみです。時々訪れて見守りたいとおもいます。親カイツブリさん、がんばってね。
a03.jpg

  1. 2005/06/01(水) 01:29:19|
  2. カイツブリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。