dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2回目の剣山

2005年6月5日(日)

 先週の「剣山探鳥会」から待ちにまった休日。まだ暗いうちから出かけました。しかし、山頂に近づくほど、ガスが濃くなり、視界がわるくなります。「剣山スキー場」近くでは、あまりに視界の悪さに、一時休憩し、仮眠をとることとしました。仮眠から目覚め見ノ越へと向かいます。そのころには、ガスもほぼ消えていました。
見ノ越、駐車場周辺では、キセキレイがめだちます。レモンイエローがきれいです。
s17s.jpg

s18s.jpg


深い森の中をとぼとぼと山道を登っていくのは、なんとなく心細かったです。しかし、野鳥のさえずりが聞こえ、姿が垣間見えると、急に元気づけられます。心細さを救ってくれたカケスです。
s19s.jpg


 ミソサザイのソングポストにつくと、期待どおりいてくれました。小さなからだで懸命にさえずるミソサザイ。
s20s.jpg



登山道の脇にさいていた小さな白い花。春先にさくハコベににています。図鑑でしらべると、ミヤマハコベという種類のようです。
s21s.jpg


途中で、青い二羽の野鳥がからみあいように、梢から下のほうに落ちていきました。翼の一部に白い帯。オオルリの♂のようです。よくみると、霧の向こうにオオルリが一羽、羽根を休めていました。こんな近くでオオルリに会えるのは珍しい。
s22s.jpg


あまり野鳥を見つけられないためか、周囲の木々の花に目がいきます。この白い花は、一見「梅」のよう。葉は「さくら」ですね。ネットで「ミヤマザクラ」と教えていただきました。
s23s.jpg


カエデ様の木が黄色い小さな花をつけています。イタヤカエデの仲間、オニイタヤだそうです。
s24s.jpg


途中ガスは、深くなったり、突然とぎれたりします。しかし、完全になくなることは、夕刻までありませんでした。霧の向こうに囀るオオルリです。
s25s.jpg


シコクハタザオ
s26s.jpg>



コミヤマカタバミ
s29s.jpg>


s30s.jpg>


遊歩道から仰ぎ見る大剱神社です。傍らの大きな岩が目立ちます。このすぐ下に名水のわき出る泉があります。
s27s.jpg>

大剱神社
s31s.jpg


ゴジュウカラ。これは、水浴び直後の個体でしょうか。
s28s.jpg


シラビソ(四国シラベ)の梢で囀るオオルリ。紫色のものは、シラビソのめしべだそうです。
s32s.jpg























スポンサーサイト
  1. 2005/06/05(日) 20:20:54|
  2. 剣山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。