dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

島根県 斐伊川河口

2005年12月31日(土)

 私は今日から、年末年始の休日。まちに待った年一回の遠征の朝です。
ゆっくり寝ておかないと 現地に着いてからがしんどい……と思いながら、子供の頃の遠足の日と同じで、早朝に目覚めてしまいました。
 前日から準備をしていたので、荷造りはできています。忘れ物がないかを確認し、午前5時、真っ暗の中、自宅を出発です。
 岡山道をすぎたころから、周囲は明るくなりました。しかし、快晴とはいきません。まあ、雨が降らなければよし としましょう。
 松江で梗塞を降りて、一般道を走ります。(後でわかったことですが、山陰道を「宍道IC」まで走り、すこし逆送するほうが時間の短縮になります)
 宍道湖がみえてくると、水際で、マガモやキンクロハジロが休んでいます。近くのコンビニでのおにぎりで腹ごしらえして、走っているうち、午前9時すぎには、目的の「ゴビウス」についてしまいました。
 野鳥の観察施設である「宍道湖グリーンパーク」とも、年末のため休館です。まず、目印となる「灘橋」まで行きました。中州には、カワウしかいません。周囲の田んぼを車でぐるぐる周りながら、マガモを探しました。しかし、いません……情報は「探鳥地ガイド 西日本編」のみ。
 そうこうしているうちに、 田んぼの畦でハヤブサげっと。今回の遠征の初レリーズは、ハヤブサとなりました(笑)



 そのあと、また ぐるぐる。斐伊川河口の堤防付近で、一羽だけ ガンらしい鳥が採餌しているのをみつけました。よくみると、これはコクガンですね。持参した図鑑によると、日本海側では少ないそうです。



畑で、草をたべてるようでした。「木枯らし紋次郎」風(笑)



そのうち、満腹になったのか、すわりこんでリラックスもーどでした。



しかし、こっちはリラックスしてるわけにはいきません。カリガネは無理にしても、島根までいってマガンさえみつけられないとなると……じっとマガンで田んぼをめぐりをつづけます。
 おっと民家周辺の電線に、チョウゲンボウみつけました。S氏によると、このあたりは、マガンだけでなく猛禽類の宝庫でもあるとこのこと。



 田んぼをあきらめ、斐伊川の堤防にまわります。斐伊川の河川敷には、背の高い「葦」が群生してます。こんなところには、チュウヒがいるんだろうなと思いながら眺めててると、いました。どうみてもトビとは違うモーキンが……。遠いのでトリミングしてあります。


 かえって某掲示板で チュウヒに詳しいお方に聞いてみると、「チュウヒ類」には間違いないが、ハイイロチュウヒか、チュウヒかはこの写真では区別ができないそうです。

 ふと斐伊川河口の中州に目をやると、さっきはいなかった白っぽい水鳥が数羽やすんでいます。双眼鏡でみて、カワアイサと直感しました。今回3つ目のライファーです。



 で、堤防の上から眺めていると、けっこうガンらしき鳥の群れが飛んでいるのです。しかも、それらは、川から南に向かっています。いままでは、川の北側、灘橋の西側をおもに探索してたのですが、ねらい目は、川の南側だったのです。そおもって農道を進むといました、いました。待望のマガンです\(^^)/



 アップ(デジスコ写真)





 いる場所(田んぼ)には、集団でいてるんですね。広い地域に分散しているわけではないのです。その方が、ガンにとって敵から身を守りやすいのでしょう。
 採餌している個体の周囲に、「見張り役」らしい個体もいます。



けっこう飛びます。



またどこからかやってきて、集団に加わる個体もいます。



 この多数のマガンの群れのなかから1/2000の確率のカリガネを見つける根性はありませんでした。とほほ。



 散歩の人が通りかかったりすると、飛び立つこともあります。





 周囲には民家が点在しています。周囲に「風よけ(雪よけ?)の木」があるのは、新潟でもみかけましたが、この木は松なんですね。築地松(ついじまつ)とよばら、この地域独特のもののようです。これは、後でタクシーの運転手さんに聞いた話でした。
松がこの大きさになるには、数十年、ひょっとして100年以上かかるでしょう。それだけの「歴史」がある民家ということらしいです。



 夕暮れ近くになり、再び河口の方にいくと、コハクチョウの群れがやってきてました。



 斐伊川河口に沈む夕日。明日の元旦は晴天が期待できそうです。



 明日は、早朝からこの河口で、白鳥やマガンの飛翔をねらいたいと思いながら、宿舎へへとむかいました。(つづく)
スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 22:31:51|
  2. コクガン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

香川県 柞田川・財田川

2005年12月25日(日)

 この日は、数日つづいて冬型気圧配置も幾分ゆるみ、晴天。ビューティフル・サンデーとなりました。この時期、去年も行った 香川県も三豊干拓地・観音寺 財田川に向かいます。しかし、冬の三豊干拓地で辛抱強く猛禽を待つ根性のない私は、カモのいる柞田(くにた)川のほうにすぐに行ってしまいます。

ブルースカイを背景に 集結している 電線ムクドリ。



この柞田川はなんの変哲もない農耕地を流れ、この場所で瀬戸内海に注ぐ小さな川です。河口付近にはカモなどがのんびり羽根を休めています。
近づくと 飛び立ちます。(ごめん)







この日はタゲリもいてました。



同じく近づくと飛びます(笑)



コガモのいてます。



同じく近づくと飛びます(悪いやつです→自分)





河口の中州にいたシロチドリ



財田川で三段跳びしてるユリカモメ



その後 夕暮れまで 財田川で飛んでるカモメをうつしてました。我ながらよおやる~です。
画像はこちらにあります

今日で、今年のマイブログの更新は終わりです。
年末年始の休日を利用して、島根県斐伊川に行ってこようとおもっております。

ブログを始めたのが今年の1月16日でした。
新ブログに移ったのが、5月25日。
みなさま、一年間 拙ブログを訪れてくださり、また暖かいコメントをいただき、ありがとうございました。みなさまのおかげで、ブログの更新を続けることができました。

来年もよろしくお願いいたします。

  1. 2005/12/25(日) 11:06:01|
  2. タゲリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

丸亀城のユリカモメ

2005年12月23日(金)

実はこの日は、野鳥の会 徳島県支部が主催する島根県斐伊川での探鳥会の予定でした。しかし、数日来の大雪で開催困難となり前夜に「中止」の連絡がありました。
 鳥見に無理は禁物。天候のよい時、再挑戦してみようと思います。

で、この日は、雪用タイヤ(スタッドレスタイヤ)の試しをかねて 一部雪の残る阿讃山脈を越えて丸亀まで行きました。三頭トンネル付近にはかなりの雪が残っていましたが、スタッドレスタイヤはまったく不安がありません。もちろん「安全慎重運転」です。

香川県側はまったく雪はのこっていませんでした。ほどなくしてついた丸亀城は市街地の真ん中にあり、写真のような立派な門や天守閣も復元されおり、なによりもきれいに整備されていました。





で、このお堀に数十羽のユリカモメいて、子供たちがえさをやるとお堀にいるコブハクチョウやアヒル(マガモ型)とともに集まってきて、乱舞を繰り広げていました。ほほえましい光景でした。





ヒトになれているのか、かなり近づいても飛び立とうとしません。




  1. 2005/12/23(金) 17:37:52|
  2. ユリカモメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昼めしの後

2005年12月19日(月)

昨日の雪は道路のわきに少し残っている程度で大半が解けてしまいました。
風はつめたいですが、太陽が顔をだしてくれると暖かく感じます。
 この日は、昼飯のあと、すこしだけデジスコを担いで裏の土手を歩いてみました。
 いてるのは同じ面々。ひょっとすれば同一個体かも(笑)



このホオジロは、♀なんでしょうか。先日から気になっているんですが、自信がありません。この時期にホオジロを撮影したことがあまりなかったように思います。



このホオジロは ♂でしょうね。



これは……う~んと……。
♀? それとも今年の春に生まれた若鳥でしょうか。


鳥のことを少しばかり知るほど、何倍もの「わからないこと」がどんどん増えていきます。
  1. 2005/12/19(月) 12:18:57|
  2. ホオジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

雪の朝

2005年12月18日(日)

 昨夜からのテレビの予報は間違がありません。朝目覚めると、一面の銀世界。12月にこれほどの雪が降るのは徳島では珍しいことです。


 これといってすることもないので、デジカメをもって家の周りを散歩してみました。すると、野鳥がいるではないですか。どうもモズのようです。



写真にはありませんが、周囲には、ジョウビタキもいるようです。「では」というわけで、デジスコを担いで出直しました。

一番多いのは、ホオジロファミリーのようです。これは、顔の斑が褐色なので♀でしょうか。自信がありません。♂かもわかりません。



で、ホオジロのいる同じ枯れ草の草むらに ジョウビタキの♂



ジョウビタキの♀もいました。



思いがけず、近場で鳥見ができた雪の朝でした。

  1. 2005/12/18(日) 09:15:33|
  2. ジョウビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

大バン振る舞い

2005年12月04日(日)

同じ○○川。デジスコで写した写真です。しかし、みなおしてみると、あまり種類がないですね。でも、バン、オオバンがこれほどバンバンいる場所は、私には初めてのような気がします。
 
 雨の中のオオバン。



バン若鳥。バンって後ろからみると、おしりのところが「子鹿のバンビ」みたいになってるんですね。ここから、「バン(尾)」という名前がついたのかも(考えすぎです)



同じく バン若。



バン成鳥。口元のルージュが「ペンキ塗り立て」ですね。



たたずむカルガモ





  1. 2005/12/04(日) 15:12:21|
  2. オオバン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Oh!ヒシクイ!

2005年12月04日(日)

この日は、12月最初の日曜。しかし、朝から雨がふってます。
しかし、昨日、ある方から、○○情報をいただき、勇んで○○にでかけます。
 ○○に到着、周囲を見渡しても、○○はいません。そこらあたり、ぐるぐる回りましたが、いまません。
 しかたなく、近くの川で水鳥を写すことにしました。しかし、この川は、探鳥地として有名なだけあり、たくさんの野鳥が生息しています。
 バンもオオバンも大盤振る舞い……(汗)
 私に気づき、対岸に逃げていくバンです。



 土手の草むらは、スズメのねぐらになっているところもあります。



カルガモもたくさんいますが、車の姿をみるとすぐに飛び立ち逃げていきます。カルガモのお顔はいつみても愛嬌がありますね(笑)





オナガガモ……私の周囲にではあまりみません。香川県でみたことがあるのですが、徳島では初めてカモ?



ハシビロペアの飛翔。
後ろは、オス若鳥でしょうか。



途中、ちょっと雨がやみ、晴れ間がでました。○○野鳥園に足を伸ばしました。しかし、げっとできたのは、ハシボソガラス、トビ、ミサゴなどでした。ミサゴのおみやげは「ウミタナゴ」とにらみました。



再び、元の川にかえり、飛びカモを写します。




なにげなく、カルガモと思って写したこの写真。デジ眼の液晶でもみても、あきらかにカモとは違います。実は、野鳥園でベテラン氏に、○○川にはヒシクイがいてるカモという話を聞いたところでした。たまたま、写せるとはなんとラッキーなんでしょう。(←自分でいうな)
 某掲示板で、ヒシクイの中には亜種オオヒシクイ、亜種ヒシクイがあり、日本にわたってくる80%は、亜種オオヒシクイとのことです。



そうこうしているうちに、初冬の日はつるべ落とし。周囲は、夕映えにつつまれます。
夕映えの中、たたずむアオサギ。こんな写真をみると、「金曜ロードショー」を思い出すのは、私だけでしょうか。(←あなただけです)



 そんな今日このごろ……。次回は、同じ場所で写したデジスコ写真です。



  1. 2005/12/04(日) 09:12:06|
  2. ヒシクイ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

dcken

11 | 2005/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。