FC2ブログ

dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

日野町 根雨

2006年1月3日(火)
 米子からの帰り、江府(こうふ)というところで、高速道路を途中下車。日野町根雨のオシドリを見て帰ることにしました。
 前回のブログで「昼過ぎ米子を出発」という意味のことを書きましたが、Exifデータをみてみると、日野町の最初の撮影は「オリジナル撮影日時 : 2006:01:03 10:39」となってます。ということは、米子を午前9時半ごろ出発した ってことになるんですね。
 根雨(ねう)のオシドリは、今回で3回目です。道路もなんとなく見覚えがあります。心配していた天気も中国山地にはいるころには晴天となりました。

 根雨のオシドリ観察小屋は、JR根雨駅手前のガード下です。



米子や出雲では雪をみなかったのですが、さすが山の中では、道路脇に除雪された雪が積もってます。路面は除雪されており、乾いています。



 「派手さ」では、♂にかないませんが、♀もなかなかかわいいです。



今までの二回は、夕暮れの薄暗い時間帯だったり、大雪のさなかだったりして、十分な光量がありませんでした。晴天の下でオシドリを写せるのははじめてです。
 でも、朝のお食事が済んでいるため、おなかいっぱいでお昼寝タイムのオシドリです。



こちら「混浴状態」(笑)





こちら 川原の♂



根雨での最後の写真をみると、12時過ぎに最後の写真を写しています。
また、もとの米子道にかえり、帰路につきました。
 予定よりだいぶ早く自宅にかえりつくこととなりました。
 これで、年末年始の斐伊川、米子遠征の報告は終わります。
 次回からは、通常の鳥撮り日記となります。


スポンサーサイト



  1. 2006/01/03(火) 15:08:29|
  2. オシドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

白鳥・飛翔(2)

2006年1月3日(火)

 今日は、遠征の最終日です。この日の朝は前もって「米子水鳥公園」と決めていました。そのため、宿も米子の皆生温泉にしていたのです。暗いうちから宿を出て「水鳥公園」に向かいます。
 しかし、日の出の時刻が近いはずなのに、周囲は一向に明るくなりません。暗い雪雲に覆われています。しかも、水鳥公園に着いたころには、かなり激しい雪まじりのみぞれになってしまいました。雨の合間に撮影するためには、駐車場から撮影ポイントが離れている水鳥公園は不利です。しかたなく、昨日と同じ安来市の「白鳥の池」に向かうことにしました。
 水鳥公園から安来市までは、車で20分ほどしかかかりません。現地に到着してもまだ、薄暗いままです。レンズが濡れるのを気にながら、みぞれの合間に撮影する という条件になってしまいました。
 薄暗いうち、ガンの群れが通りすぎました。



そんなわけで、撮影場所も、薄暗いなかでの撮影と、昨日と同じような写真になってしまいました。





















このあたりから、速いSSになっているようです。









池といっても圃場整備中の田圃に水をはったものなので、水深はあさく、白鳥たちが飛び立つときは、「跡を濁さず」というわけにはいきません。泥を跳ね上げということになっています。



















近くにお寺があるんですね。そこの「塔」が背景に写っています。



















ここからの画像は、雨があがってから、「水鳥公園」に戻って撮影したものです。わずかですが、まだ公園を離れていない白鳥がいました。











昼近くには、水鳥公園の白鳥もほとんど飛び去り、鴨の群れが残っているだけになりました。昨日から同じような写真ばかり写していて、さすがに疲れてしまいました。
 予定より少し早いのですが、昼過ぎに帰路につくこととし、米子道に向かいました。(つづく)
 
  1. 2006/01/03(火) 09:40:53|
  2. コハクチョウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

dcken

12 | 2006/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search