dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

キビタキ

2006年5月30日(火)

 昨日と同じポイント、同一個体のキビタキです。
しかし、この朝は、枝のすきまから……。
思いどおりの枝にはとまってくれません。



くやしいので、ズーム(笑)



木の葉の陰から……



スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 08:51:57|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キビタキ

2006年5月29日(月)

 いつものフィールド。いつものポイントのキビタキです。
どうも同一個体のようです。
谷沿いの茂みから、山の斜面のしげみまでかなり広い範囲を縄張りにしているようです。

撮影ポイントにさえずりが近づいてくると わくわく どきどきします。


  1. 2006/05/29(月) 08:21:19|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

剣山

2006年5月28日(日)

 今年二回目の剣山です。
朝のうちは、そうでもなかったのですが、登るりつれ、どんどん気温がさがってきました。寒冷前線が通過したのでしょうか。いまにもみぞれが降るのではないかという天候でした。

前回(5月3日)には、姿をみなかったですが、見ノ越付近にキセキレイやってきてました。



これも前回はみなかったオオルリです。



ヤマアジサイも咲き出していました。



梢の上のルリビタキ。これは、若鳥♂なんでしょうか?雌雄の区別は自信がありません。



この日は 剣山登山競走がありました。例年5月の最終日曜に行われているようです。去年の 野鳥の会 一泊探鳥会でも遭遇しました。



動画もあります

途中で茂み中から羽音が聞こえました。
茂みをかいくぐりやっと撮影できたのがこの写真です。どうも、ヤマドリのようです。でも、この写真では「ライファー」に加えることはできません(笑)



ヒガラ



下山途中に駒鳥の声。運良く撮影できました。しかし、ピン甘。残念です。



動画もあります
  1. 2006/05/28(日) 08:10:36|
  2. コマドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オオルリのソングポスト

2006年5月27日(土)

マイフィールドに、下を車で通っていると、きまってオオルリのさえずりが聞こえるポイントがあります。

車からは、茂みに隠れて梢は簡単には見えないのですが、近くをあるきまわって姿が見えるポイントを探しました。

檜の枝の隙間から。コンデジ、ズームしてます。



前側にまわったところ。





これが、ワイド端での撮影です。



動画もあります
  1. 2006/05/27(土) 07:16:44|
  2. オオルリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シジュウカラ 幼鳥

2006年5月25日(木)

この朝のマイフィールド。
キビタキは、斜面の上の方から降りてこず。
サンコウチョウは、ちらと姿を見せてくれたが、写せず。

で、写真に撮れたのは、顔の黄色いシジュウカラでした。



なんか、頼りなげにみえますね。



  1. 2006/05/25(木) 07:13:40|
  2. シジュウカラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白い花

2006年5月24日(水)

 この時期、山の斜面には白い花が咲いています。よくみると、気づかないうちに、同じ白い花でも種類がかわっていることがあります。
 この朝は、鳥を写せなかったので花を写してかえりました。

帰って図鑑で調べてみると……
これは、ノリウツギ



マルバウツギ



スイカズラ



花の同定は自信がありません。間違いがあれば、ご指摘ください。
  1. 2006/05/24(水) 07:10:06|
  2. 山野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キビタキ

2006年5月22日(月)

 この朝も昨日と同じポイントで、キビタキです。








動画もあります

ねらっていたサンコウチョウは、声も姿もありません。
  1. 2006/05/22(月) 22:02:10|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨の晴れ間の日曜日

2006年5月21日(日)

 この日は、数日間続いた雨が上がって、待望の鳥見日和日曜日となりました。
しかし、諸般の事情で遠出はできず。いつもの近場に向かいました。

 この日は、いつものポイントでもキビタキを見ることができません。

高い梢を見上げるとホオジロパパがしきりにさえずっています。



動画もあります

暗い茂みの中でちょろちょろしているのは、メジロ。分かってはいるんですが、デジスコで撮るのはむずいです(笑)





山の斜面に低木には、白い花がたくさんさいています。
ウツギ
♪卯の花の匂う垣根に~
という卯の花は この花のことだったんですね。



このポイントをあきらめて南東側の斜面に回ってみました。
黒っぽい鳥が二羽おっかけっこをしたのですが、け、け という鳴き声からアオゲラかと思ったのですが、どうもサンコウチョウだったようです。
遅いなあ、今年は来ないのかなあ と思っていたサンチャン。
マイフィールドに やってきたようです。
サンコウチョウ(多分)しかし、お顔が写っていません(汗)



南東側の斜面にも キビタキの声が聞こえました。
ここは、太陽があたっているので、西側斜面より多少撮影がしやすいです。









動画もあります
  1. 2006/05/21(日) 21:40:51|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オオルリ(2)

2006年5月16日(火)

 この朝の マイフィールド。キビタキの声は聞こえるものの、姿は見えず。
雨も降り出したので、帰ろうとしていてふと梢にオオルリの声。



デジスコをズームしてみました。



雨が降り出しのが写真からもわかります。



動画もあります
  1. 2006/05/16(火) 18:29:31|
  2. オオルリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キビタキ

2006年5月15日(月)

 マイフィールドに茂みの中で、ぴ、ぴょろろろろ と しきりにキビタキがさえずっています。しかし、茂みに隠れて姿が見えません。茂みに中を移動しているのは、わかるのですが……。

同じ夏鳥でも オオルリはかなり広いテリトリーを縄張りにしていて、谷をまたいで巡回し、その中の大きな樹木梢でさえずる。

キビタキは、狭い範囲の茂みの中を移動している という印象をうけます。

写真撮影はキビタキの方がずっと難しいように思います。
暗い 茂みの前でねばってやっとデジスコでげっとできました。



これは、換羽中の♂だそうです。成鳥になると、黒色がもっとはっきりした黒い色になるそうです。(kさんに教えていただきました)




動画もあります

ヤマガラ


  
  1. 2006/05/15(月) 18:00:40|
  2. フクロウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オオルリ

2006年5月12日(金)

 この朝、マイフィールドで今期初 オオルリです。
いい場所に止まってくれました。 雨上がりの新緑がきれいでした。




動画もあります

この日は キビタキもゲット。



しかし、サンコウチョウはまだ鳴き声が聞こえません。

  1. 2006/05/12(金) 17:34:23|
  2. オオルリ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

吉野川河口

2006年5月05日(金)

 翌朝 早朝に民宿をでて、ポイントに向かいました。しかし、いくら待っても聞こえるのは、ホオジロのさえずり と ヒヨドリの声。
 一瞬 ちら と コマドリの ひんかららら と聞いたような気がしましたが、空耳だったかも知れません(笑)
 地元に人によると「今頃来ても遅いわ」だそうです。また来年ですね。
記念すべき、伊島のホオジロ(笑)



で予定を繰り上げて 昼前の船で本土にかえりました。大龍寺山などをうろうろしたあと、「いない時の河口だのみ」で吉野川河口にいきました。
 岸辺には、なつかしいお顔。Pさん、Dさん、その節はありがとうございました。

ハマシギです。



今年や、キョウジョシギの渡りが多いようです。
テトラにやってきた二羽のキョウジョシギ。
一羽の嘴に釣り糸がからまっているのを皆さんが発見しました。



釣り針を飲んでいるのか。
糸だけかのか……
詳細は不明です。



自分の足ではずそうとしているようにも見えます。



動きが制限されいいるのか、一羽だけしばらく動きませんでした。
しかし、気づいたときには、どこかに飛んで行ってました。

無事に糸がはずれたかのか、それとも、糸をつけたまま飛び去ったのか。
詳細は不明です。



釣り人が根掛かりさせたり、なにげなく放置した釣り糸が、野鳥をはじめて、たくさんのの生物にとって「脅威」になっているんですね。
キョウジョシギの無事を願わずにはいられませんでした。

おなじみキアシシギ



今年の河口は、コアジサシも多いようです。




 
  1. 2006/05/05(金) 16:59:15|
  2. キョウジョシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊島

2006年5月04日(木)

 連休後半は、一泊の予定で伊島に行くことにしました。狙いは「夏鳥」の渡り。

昼の連絡船には時間があったので、阿南の「お松神社」に立ち寄りました。
シャクヤクが満開でした。



裏山でなにか野鳥がちらちらしています。ヤマガラでした。



境内の裏に咲いていた タンポポ。後ろはウマノアシガタですね。



ヒメシャガ



葉っぱの模様をした蝶。帰って調べてみると「クロコノマチョウ」という名前らしい。



ハグロトンボ。 ミヤマカワトンボ♂ とご指摘いただきました。出口さんありがとうございました。2006年5月23日(火)



伊島に渡って最初のレリーズは、ツバメでした(笑)



島の中はいたるところに花が植えられていました。





まずは偵察に、灯台まで行ってみました。麓からみた伊島灯台です。



灯台にいたる山道に、ヘビがひるねをしてました。近づいても動きません。シマヘビ?



しかし鳥はいません。
木の茂みの間にやっとみつけた メジロ。やれやれ。



墓地の間の道でみつけたことの鳥。
亜種 シベリアアオジだそうです。Dさん、Pさんご教示ありがとうございました。


  1. 2006/05/04(木) 22:32:25|
  2. 亜種 シベリアアオジ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

一年ぶりの剣山

2006年5月03日(水)

 連休真ん中。好天にめぐまれ、夏鳥には少し早いかなと思いましたが、剣山に行ってきました。
リフト西島駅より上は、残雪がのこっており、新芽も「つぼみ固し」の状態でした。平地でいうと3月上旬でしょうか。
 斜面に残った残雪。



オオルリは見ノ越付近で二羽みかけただけ。見ノ越より上にはオオルリは姿はもちろん、声もありません。

夏鳥がまだやってこない剣山は、カラ類と ウグイスの天下でした。
写真は、「しらべ」の梢でさえずる ヒガラです。



しげみから出てきたのを長い間まって、げっとしたウグイス。しかし、ピン甘。デジスコでは難しいです。





ルリビタキ(♂)しきりに囀っていました。



剣山のシジュウカラ(笑)



ヒガラ。



ゴジュウカラ





初撮りのコガラ



にぎやかなミソサザイのさえずりは、よく聞こえるのですが、まだ縄張りが決まってないのか、高い梢で「あちらと思えばこちら」で、結局ゲットできませんでした。
 近いうちにリベンジしたいです。

収穫は多くなかったですが、野鳥たちのコーラスを聴いているだけでも、剣山に来てよかったとおもいました。
 
  1. 2006/05/03(水) 21:52:33|
  2. コガラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 連休谷間の仕事の日です。

2006年5月01日(月)

 連休谷間の仕事の日です。
早朝、ちかくの山に行きました。

これは オオカワトンボ(♀)。Dさんにご教示いただきました。ありがとうございました。



シジュウカラの子育ても始まっているようです。「胸のネクタイ」の様子からこのシジュウカラは、♀でしょうね。







  1. 2006/05/01(月) 13:01:56|
  2. シジュウカラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

dcken

04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。