dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エゾビタキ

2006年09月24日(日)

 陽が西に傾きだしたころ、もういちどk星公園にいきました。
おっと、電線にエゾビタキはけーん。

p1808.jpg



p1809.jpg



電線の上から何度もフライングキャッチを繰り返していました。
p1810.jpg


p1811.jpg


p1812.jpg


p1813.jpg



夕暮れまで遊んでもらったあと、帰路についたのでした。


スポンサーサイト
  1. 2006/09/24(日) 20:17:53|
  2. エゾビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コスモスとアゲハ

2006年09月24日(日)

 連休二日目、トンボ狙いでk星公園。しかし、着いてみると満開のコスモスに飛び交っている、アゲハが眼にはいりました。

 飛んでる蝶をゲットしようと挑戦しましたが、なかなか難しいです。
 「努力の跡」ということで……
p1799.jpg


p1800.jpg


p1801.jpg


p1802.jpg


花にとまっているのは比較的簡単なんですが……
p1803.jpg


p1804.jpg



p1805.jpg


p1806.jpg


p1807.jpg



途中で仕事場からの呼び出し。トンボが撮れないまま、一旦撤収しました。

  1. 2006/09/24(日) 09:08:38|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ススキとセッカ

2006年09月23日(土)
 
 その後、おきまりのコースで蓮田にむかいましたが、めぼしい鳥は見つけることができません。
 太陽も西に傾いたころ、「ひょっとしてノビタキは?」と思い、吉野川の河川敷にいきました。
 ノビタキはいなかったものの、セッカがいました。

 揺れるススキの穂にセッカ。
p1789.jpg



p1790.jpg



この時期のセッカ、春から初夏にかけてのさえずり飛翔はありません。なかなか、草むらからでてきてくれず、じっと我慢の撮影となりました。
 夕日をあびたセッカ。かわいですね。
p1791.jpg


p1792.jpg


p1793.jpg



いろんな表情をみせてくれます。
p1794.jpg


p1795.jpg



p1796.jpg



夢中で写している間に、太陽は西の山に沈みます。
p1797.jpg


p1798.jpg



夕暮れの中を帰路についたのでした。


  1. 2006/09/23(土) 22:44:21|
  2. セッカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エゾビタキ

2006年09月23日(土)

 この時期になると、一昨年 眉山山頂にたくさんのエゾビタキがやってきたことをおもいだします。この年は、山の上だけでなく市街地でもエゾビタキをみかけました。
 ことしも、眉山にエゾビタキが入ったとの情報をえて出かけました。
しかし、お目当ての鳥にはなかなか出会えません。

ヤマガラ。
p1785.jpg



ホオジロ♀。これは、ことし生まれの若鳥ですね。
p1786.jpg



やっと狙いのエゾビタキをみつけました。
p1787.jpg


p1788.jpg


  1. 2006/09/23(土) 09:05:04|
  2. エゾビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

淡路 シギチポイント

2006年09月18日(月)

 実はこの日は、シギチも狙ってました。
田んぼの隅にタシギ。
p1779.jpg



畑の畦の水たまりに コチドリとトウネンが休んでいます。
p1780.jpg



コチドリ
p1781.jpg



ムナグロ
p1782.jpg


p1783.jpg



コチドリの群れ
p1784.jpg



というわけで、シギチのほうは狙いどおりというわけにはいきませんでした。また次回です。
  1. 2006/09/18(月) 21:47:16|
  2. コチドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

淡路トンボポイント

2006年09月18日(月)

 連休二日目、この日はDさんに、淡路のトンボポイントを案内していただきました。
アジアイトトンボ。初見です。見慣れたアオモンイトトンボをすこしコブリした感じです。たいへんよくてにます。
p1759.jpg



アジアイトトンボ♀。食事中のようです。
p1760.jpg



マイコアカネ♂。これも初見です。
p1761.jpg


顔の部分が青く印象的です。
p1762.jpg


p1763.jpg



ノシメトンボ。これも初見です。
p1764.jpg



地味ですが、印象的な色をしています。
p1765.jpg



アジアイトトンボ♀。未熟。
p1766.jpg



未熟♀がオレンジ色をしているのも、アオモンイトトンボ♀と似ています。このページによると アジアイトトンボは腹部第一節の背面は全部が黒いのにたいして、アオモンイトトンボの背面は一部が黒い ということらしいです。
p1767.jpg



こちは、以前に写した アオモンイトトンボ未熟♀ですが、たしかに背面は一部が黒くなっています。
p1768.jpg



マイコアカネ 連結。
p1769.jpg



ポイントを移動して、オオアオイトトンボ♂
p1770.jpg



リスアカネ
p1771.jpg



オオアオイトトンボの産卵。ガマの茎に丁寧に卵を産み付けています。
p1772.jpg



p1773.jpg



キマダラセセリ
p1774.jpg



以下の二つの写真は、マイコアカネの♀でしょうか。
p1775.jpg



p1776.jpg



そのごDさんの案内で、貴重な水草 ガガブタを写してきました。p1777.jpg



ヤマトカギバ
p1778.jpg



  1. 2006/09/18(月) 10:23:20|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三豊干拓地

2006年09月17日(日)

その後、本日の本命ポイントのR王山にむかします。しかし、山頂付近は、霧に覆われ寒く、トンボの姿はまったくありません。どこに行こうか迷ったあと、山を越えて香川県に行くことにしました。

三豊干拓地です。
鳥影はあまりありません。やっと見つけた、コチドリ若。
p1746.jpg



「若」の特徴は
アイリングが細い。頭部がうろこ状の模様。咽がうすい茶色、眉斑がめだたない……
などがコチドリ幼鳥の特徴だそうです。
p1747.jpg



三豊干拓地の定番シーン。二番穂の間の水たまりにいるタシギです。
p1748.jpg



そのご、K田川河口にまわります。
いました。オオソリハシシギ
p1749.jpg


p1752.jpg



アオアシシギ
p1750.jpg



ソリハシシギ
p1751.jpg


p1753.jpg



オオソリハシシギは、水浴びや……
p1754.jpg



毛繕いのあと……p1755.jpg



なんと、お休みモードになりました。渡りの途中でかなりお疲れだったんでしょうね。
p1756.jpg



ソリハシシギだけは、ちょこまかとよく動いて採餌してました。
p1757.jpg



かわいいですね。
p1758.jpg



  1. 2006/09/17(日) 15:13:42|
  2. ソリハシシギ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

k星公園

2006年09月17日(日)

 この日は、Dさんにごいっしょ願いトンボポイントを回ることになりました。
まず、k星公園

ムスジイトトンボ♂。セスジイトトンボとの鑑別点は、胸部の肩黒条の中にスジがないことらしいです。
p1731.jpg



アオモンイトトンボ♀ 未熟
p1732.jpg



アオモンイトトンボ♂
p1733.jpg


p1734.jpg



これも、肩黒条の中にスジがないですね。ムスジイトトンボでしょうか。
p1735.jpg



ミヤマアカネ
p1736.jpg



オオアオイトトンボ♀
p1737.jpg


p1738.jpg



これは、ストロボをつかわず自然光での撮影です。緑色がきれいですね。
p1739.jpg



Dさんが、みつけました。カトリヤンマ♀だそうです。本日の目的の一つです。
p1740.jpg


p1741.jpg


p1742.jpg



ナツアカネ。顔も赤くなってきています。
p1743.jpg



サトキマダラヒカゲ
p1744.jpg



ジャノメチョウ
p1745.jpg



  1. 2006/09/17(日) 09:35:37|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 きのこたち

2006年09月16日(土)

この日は、午後からいつものK星公園に行ってますね。
で、たくさんのキノコ達に遭遇しました。初めてみます。っていうか、この時期、野山に出るといったことがいまままでなかったのでした。
 わからんままに、画像をアップします。
 どなたか、名前を御存知の方おいでましたら、ご教示ください。

p1723.jpg



p1724.jpg



p1725.jpg



p1726.jpg



p1727.jpg



p1728.jpg



トンボも……
マユタテアカネ
p1729.jpg



ミヤマアカネ
p1730.jpg




  1. 2006/09/16(土) 08:21:59|
  2. 山野草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蓮田

2006年09月10日(日)

この日も、午前中に蓮田にでかけてますね。写真から、ときどき雨が降ってたようです。

いつもの蓮田に、みなれないマガモ。これは、♂エクリプスでしょうね。
P1708.jpg



もう一羽しました。これも♂エクリプス。
P1709.jpg



となると、♀はきてないの? と探してしまうのが人情というものです。
ん、これは?
P1711.jpg



水面から顔をあげると、ハシビロガモでした(笑)
P1712.jpg



コサギが口をあけていたので、おもわずぱちり。とくに意味はありません(笑)
P1710.jpg



ちょっと離れたところに、一羽だけ、タカブシギ。
P1713.jpg



セイタカシギ
P1714.jpg



タシギ。このときは 雨がふってますね。羽に水滴がひかります。
P1715.jpg



チュウサギ
P1716.jpg



雨にぬれた羽をぶるぶるしてしずくを払っています。

P1717.jpg



アオアシシギ。こちらを警戒しているお顔ですね。おじさん、なんにもしないからね。写真とってるだけだからね。心配しないでね。と言っても通じないかも(笑)
P1718.jpg



なぜか、チュウサギのどあっぷ。
P1719.jpg



舌をだした アオサギ。
P1720.jpg



もう一度 セイタカシギ。この写真「水平」でてますかね。このとき、水鳥撮影のときは、必須の水準器を忘れてのです。
P1721.jpg



  1. 2006/09/10(日) 15:31:21|
  2. マガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

R王山

2006年09月03日(日)

 k星公園から、R王山にむかいました。
頂上付近の駐車場には、たくさんの赤とんぼが舞ってました。

これはアキアカネ。
p1693.jpg


紅葉した枝にとまっているのをみると、「秋」ですね。
でも、まだ平地にはおりていません。山の上だから、アキアカネが見られるわけです。
p1695.jpg



こちらは、ウスバキトンボ アキアカネ♀
p1694.jpg



ミヤマアカネ。成熟して全体が赤くなってきています。
p1696.jpg



茂みの中で、オオアオイトトンボ(♂)をみつけました。緑色で金属光沢があり、美しいイトトンボです。
p1698.jpg



地面に目をむけると、キンミズヒキ
p1697.jpg



ツルリンドウ
p1699.jpg



シラヤマギク
p1700.jpg



これは、シコクママコナという名前だそうです。はなててんさん、ご教示ありがとうございました。
p1701.jpg



同、アップ。
p1703.jpg



これはオトコエシですね。
p1702.jpg



10分ほど山道を歩くと、頂上の展望台につきました。ここからは、高松市を見ることができます。
p1704.jpg



なんと、この場所からは、徳島市も見ることができます。
p1705.jpg



ヤマジノホトトギス。話には聞いていましたが、実物を見るのははじめてです。感激しました。
p1706.jpg



ヤマハギ
p1707.jpg



ハギに、オミナエシなど、山の上ではすでに秋の七草にお目にかかることができました。山歩きの楽しさを満喫した一日でした。

  1. 2006/09/03(日) 18:06:56|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

k星公園

2006年09月03日(日)

その後、k星公園に向かいました。着いたのは、正午前。

羽化直後のイトトンボが、蜘蛛の巣にかかってました。
推測ですが、モノサシトンボの羽化直後でないかと思いました。

p1681.jpg



というのは、その直後に近くで、モノサシトンボと見たからでした(笑)
p1682.jpg



太陽の光をさけて、倒立スタイルのリスアカネ。
p1683.jpg



これは、マユタテアカネですね。尾部に着目しました。
p1684.jpg



驚いたのこれです。遠目には、イトトンボと見えました。
p1686.jpg



近づくとトンボではありません。しかも、先端がぐるぐると回り始めました。こんな光景は初めてみます。帰ってから調べてみると、
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Sterrhinae/Geometridae_Sterrhinae_UNIDENTIFIED__UNIDENTIFIED.html
p1686.jpg

が一番近いようです。ヒメシャクガの幼虫。つまり、シャクトリムシだったんですね。

キンモンガ
p1687.jpg



ショウリョウバッタ(褐色型)
p1688.jpg



ウラナミジャノメ
p1689.jpg



カノコガ
p1690.jpg



これを見つけたときは、興奮しました。金属光沢の美しい大型のイトトンボです。
オオアオイトトンボ(♀)
p1691.jpg



これも初めてです。ヒカゲチョウ
p1692.jpg




  1. 2006/09/03(日) 11:38:15|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いつものイトトンボ ポイント

2006年09月03日(日)

 この日も、しつこく早朝 いつものイトトンボポイントに行ってます。
Exifデータ をみると、最初の写真が 午前6時になってます。

セスジイトトンボ♂
p1668.jpg



セスジイトトンボ♀ とママコノシリヌグイ
p 1669.jpg



セスジイトトンボ♂
p1670.jpg


p1671.jpg



ベニシジミ
p1672.jpg


p1673.jpg



アオモンイトトンボ連結 セスジイトトンボ 連結
p1674.jpg



モンキチョウ
p1675.jpg


p1676.jpg


p1677.jpg


p1678.jpg



キタテハ
p1679.jpg



ヤマトシジミ
p1680.jpg




  1. 2006/09/03(日) 09:11:20|
  2. とんぼ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

dcken

08 | 2006/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。