FC2ブログ

dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

笠岡干拓地

2007年1月21日(日)

 深山公園を後にして、山陽道に向かいましたが、ちょうど夕方の渋滞と重なってしまい、高速に乗ったころには、すっかりあたりは暗くなってしまいました。
 翌日「笠岡は早朝にでかける必要がない」というDさんのアドバイスで、ホテルの朝食をゆっくり食べてかけました。
 干拓地の周囲には広大な公園が整備されており、また干拓地に中に飛行場まであります。
 広さは、徳島のJ島ほど広くないのですが、一つの区画が広いという印象です。酪農を中心に大規模な農業を目指しているのでしょう。夏場に、稲作をやっていたような様子はあまりありません。野菜畑はありましたが、広い牧草地が目立ちました。ビニールハウスもほとんどないため、見通しが効きます。このへん、猛禽のバードウォチングに適しているのでしょう。

 干拓地内の道路をゆっくり車を走らせていて、まず目についたのは、タゲリの群れです。タゲリは、徳島の蓮田でも目にしますが、数が多いのに驚かされました。
p2081.jpg



つぎに、ミヤマガラス。これも、大半がミヤマという群れがあり、驚かされました。ライファーです。
p2082.jpg



アトリの群れ。干拓地内の用水路の土手と樹木との間を行き来してます。
p2083.jpg


p2084.jpg



遠くに、ノスリ。あまり動きません。
p2085.jpg



用水路の中の芦原になにかの群れが入っています。オオジュリンだとDさんに教えていただきました。今まで徳島ではなかなか見つけることができなかった野鳥です。こんなに簡単に見つかるとは! 笠岡まで来た値打ちがありました。
p2086.jpg



芦原の中で動いているのはわかるのですが、葦の陰になりなかなか姿を見せてくれません。不用意に近づくと すべての群れがどっかに行ってしまいます。
p2087.jpg



その後、カモ狙いで、海側にある調整池に行ってみました。ここは、野鳥観察用の目隠し壁も設置されています。しかし、岸辺で護岸工事が行われていました。

去年は無数のスズガモがいたそうです。今年は、工事の影響が、岸ちかくには、マガモ、ヒドリガモしかいません。沖のほうにカモの群れがいて、盛んに潜水を繰り返しています。小魚の群れを追っているのでしょうか。
p2088.jpg



ユリカモメにまじってミコアイサもいてます。
p2089.jpg



ミコアイサ♀。
p2090.jpg



お目当てのスズガモ。ペアと思われます。これも、Dさんに教えていただきました。
p2091.jpg



調整池の外側は大きな港になっています。
沖合に一羽いた ウミアイサ♀。
p2094.jpg


p2095.jpg



もう一度干拓地にもどり 猛禽を狙います。しかし、事前の情報とおり、ことしの笠岡は猛禽がいません。
 ネット支柱のうえにいた、ノスリとホオジロ。なにか、世間話をしているように見えます(笑)

p2092.jpg


ノスリとセグロセキレイ
p2093.jpg


干拓地内の用水路にツクシガモの群れ。すこし遠くから狙ってみました。
p2096.jpg



ツクシガモ。これだけ多数の群れは初めてです。
p2097.jpg



p2098.jpg



用水路の上を飛んだチュウヒ。
p2099.jpg



結局、干拓地内では、チョウゲンボウ、夕刻暗くなってから、コミミズクらしい鳥。をみかけたぐらいで、今回猛禽は不発におわりました。

暗くなった公園のライトアップされた噴水をDさんといっしょに撮影して、帰路についたのでした。
p2100.jpg

スポンサーサイト



  1. 2007/01/21(日) 09:43:16|
  2. オオジュリン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

12 | 2007/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search