dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

桜メジロ

2007年3月31日(土)

ようやく桜も満開になりました。天気もよく、桜メジロを撮りにでかけました。
といっても、おいそれと、桜の木にメジロがやってくるとはかぎりません。
あっちこっちうろうろ、してやっとある場所でメジロに遭遇。

しかし、満開の桜の花の影にかくれて、なかなか撮らしてもらえません。
p2368.jpg



p2369.jpg



p2370.jpg



p2371.jpg





スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 21:11:14|
  2. メジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨上がりの三豊干拓地

2007年3月25日(日)

 この日は、ひさしぶりにD山に行こうと思いついたのでした。朝のうちは、雨でしたが、予報では次第に天気は回復に向かうと……ということで。

しかし、三頭トンネルをすぎると、小雨がぱらぱら降り出しました。山の上のほうをながめると、雲がかかっています。いやな予感……。でも、ここまで来たら登らないわけにはいきません。
 悪い予感があったというか、頂上近くは、深い霧に覆われて、車の走行さえ危ないほです。しかなく、頂上でUターン。

 どこに行こうかとおもいましたが、思いつくのは、三豊干拓地(笑)

しかし、ここも鳥さんいません。とくにシギチは、気配もないです。

畑の上の カワラヒワ。

p2362.jpg



同じく、ツグミ
p2363.jpg


柞田川のほうにむかいます。たまには、ヒドリガモ。夫婦の肖像ということで。
p2361.jpg



カルガモ。
p2365.jpg



やっと見つけたシギチは、イソシギでした。護岸を逃げていきます。
p2364.jpg



そうこうしてる内に いい天気になり、日差しも出てきました。ほかに行くところもなく、もう一度D山に向かいました。

朝よりは、霧が薄くなり、視界はよくなっていますが、ご覧の状況。
すっきりというわけにはいきません。

p2366.jpg



ヤマガラ。
p2367.jpg



というわけで、あっちこっちうろうろしたわりには、収穫の乏しい鳥見でした。



  1. 2007/03/25(日) 09:00:08|
  2. ヒドリガモ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

トラツグミ

2007年3月24日(土)

 この日は、午後から O神社へ。狙いは、青い子(ルリビタキ♂)だったのですが……。

この時期、あっちこっちで、シロハラの気配がします。しかし、ちかづくと近くの枝に移り、すぐどっかに消えてしまいます。デジスコでの導入は難しい。
やっととらえることができた一枚。
p2355.jpg



岩陰にスミレ。あとで教えてもらいましたが、シハイスミレとのことでした。
p2356.jpg



まだ アトリもたくさんいます。しかし、不用意に近づくと群れ全体が逃げてしまいます。
慎重に接近。今はやりのスキンヘッドのアトリかと思ったのですが、図鑑でしらべると、アトリ ♀ 第一回冬羽だそうです。

p2357.jpg



p2358.jpg


p2359.jpg



帰る準備をしていると、茂みになにか鳥の気配、双眼鏡で確認すると、うわさのトラツグミでした。うわさどうり「暗いの好き」なトラツグミでした。

p2360.jpg




  1. 2007/03/24(土) 09:15:37|
  2. トラツグミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

陸上探鳥会

2007年3月21日(水)

 船が出るまでの時間、Dさんのフィールドを案内していただきました。農耕地、一部住宅地の中を流れる小さな川ですが、葦原があり、鳥影の濃い場所でした。

 現地では、ホオジロ♀と思ったのは、オオジュリンだったようです。
p2343.jpg



この時期、ツグミはどこでもよく見かけます。
p2344.jpg



葦原の中に、頭の黒いオオジュリン。オオジュリン♂夏場は初めてみます。
p2345.jpg



この個体は、夏場に換羽中のようです。
p2346.jpg



オオジュリン♀。
p2347.jpg



オオジュリン、雌雄のツーショット。
p2348.jpg



葦は風に揺れるので、距離あわせが大変でした。
p2349.jpg



川の中では、エリマキシギ。顔つき、体の大きさなどはよくにていますが、足の色が違います。エリマキシギの足色ってどんなだっけ……とDさんといっしょに記憶をたどります。

帰って図鑑をしらべると、エリマキシギの足色にはバリエーションがあるそうです。これは、ペアでしょうか。
p2350.jpg



エリマキシギ♂。エリマキシギの夏羽を見てみたいものです。日本では、観察例が少ないようですね。
p2351.jpg



足が緑色。
p2352.jpg



なつかしい、ハマシギ。
p2353.jpg



ムナグロ。10羽ちかくいてました。
p2354.jpg




  1. 2007/03/21(水) 14:05:27|
  2. オオジュリン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

海上探鳥会

2007年3月21日(水)

 この日は、Dさんのお友達のSさんにボートをだしていただき、淡路から海上探鳥会です。陸の上では、ぽかぽか陽気ですが、海上の風はさすがに冷たく、防寒着が必要です。

 淡路周辺には、狙いのウミスズメはいません。鳴門方面にむかいます。
ボラ山の灯台(大磯埼灯台)。普段この方角から眺めることはほとんどありません。
p2326.jpg



見慣れた大塚製薬の倉庫も海上から。
p2327.jpg



高速道路橋の下をくぐります。
p2328.jpg



小鳴門海峡筋で、Dさんが、ヨシガモを発見。こんな海上にいてるんですね。
p2329.jpg



やはりボートで近づくと逃げます。
p2330.jpg



ヨシガモの「トビモノ」を撮れたのは初めてです。
p2331.jpg



折野漁港のほうに向かいます。岸にクロサギがいてました。クロサギのトビモノ。
p2332.jpg



シロエリオオハムの群れとおもったのは、あとで画像をみると、マガモの群れですね。こんな沖合にもマガモがいてるんですね。新発見でした。
p2333.jpg



待望のシロエリオオハム。こんな近くで眺めることができるのは、船の上からだからです。
p2334.jpg



p2335.jpg



シロエリオオハムは、船でちかづくと、水面下に潜り、遠くで顔をだします。近づくと、当然逃げるのですが、飛び立つには助走が必要です。というよりは、助走だけで、数100mも飛ぶ(走る)という感じです。
p2336.jpg



p2337.jpg



船の上で昼飯を食べたあと、淡路に戻ります。大鳴門海峡をいく観潮船(日本丸)
p2338.jpg



岩場の上のウミウ。
p2339.jpg



偶然、ハヤブサを見つけました。海岸の断崖に営巣するといいますが、この辺に巣があるのかも。(トリミングしています)
p2340.jpg



鵜の仲間も飛び立つとき、助走が必要なんですね。
p2341.jpg



浮きの上のヒメウ。
p2342.jpg






  1. 2007/03/21(水) 10:55:21|
  2. ヨシガモ|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

福岡行き

2007年3月17日(土)

 このところ、遠征が続いています。春にならない内に、行くべきところに行っておかないと(笑)
 今回は、JRで出かけることにしました。
列車の窓から写す 吉野川です。
p2305.jpg



これは、有名な「美濃田の渕」ですね。桜が咲いたら綺麗でしょう。
p2306.jpg



土讃線 琴平駅
p2307.jpg



瀬戸大橋通過中……
p2308.jpg



途中省略で、これが有名な福岡の繁華街、天神 の中州ですね。福岡は近代的な大都市に生まれ変わりつつあるとともに、親しみやすさも残しているという印象でした。
p2309.jpg



有名な中州の屋台。わかい人たちで大にぎわいでした。
p2310.jpg



まずは、ヤキトリとおでんで ぷはーと一杯。
p2311.jpg



途中省略で翌朝(笑)。これが、有名な「和白海岸」なんです。古来の「歌枕の地」にたつ思いです。住宅地の裏の海岸ですね。時期がくれば、潮干狩りでにぎわうそうです。
p2312.jpg



すこし沖合に、オナガガモとツクシガモ。
p2313.jpg



ツクシガモは、波打ち際で採餌してます。
p2314.jpg



沖合の砂州には、ミヤコドリ。
p2315.jpg



赤いクチバシと赤い目玉が印象的な野鳥です。横にいるのは、ダイゼン。
p2316.jpg



p2317.jpg



しばらく、波打ち際で採餌していたツクシガモも、沖合でお休みモードです。
p2318.jpg



その後、「海の中道」を経て、志賀島に向かいます。
「海の中道」から志賀島の望む光景。
p2319.jpg



途中、20数羽のカンムリカイツブリの群れが居てました。冬羽と夏羽が混じっています。
p2320.jpg



なかなか立派な「カンムリ」です。
p2321.jpg



志賀島は沖合のアビ類狙いだったのです。まず、ウミアイサ♂。
p2322.jpg



ウミアイサ♀とシロエリオオハム。
p2323.jpg



シロエリオオハムは、双眼鏡でさがすと、至るところに見られるのですが、これをスコープに導入するのは至難のわざでした。この日は波もたかく、しかも、シロエリオオハムはすぐ潜ってしまいます。

というわけで、時間もなくなってきたので、今津浦方面に向かいました。

今津浦は、干潮の時間で、広大な干潟でした。干潟をあるくツクシガモ。
p2324.jpg



コンポスト工場の向かい側中州の葦の中に、クロツラヘラサギらしいのがいるのですが、葦の陰に隠れて確認できません。対岸(工事中)にわたりやっと撮影できました。
p2325.jpg



帰りの飛行機の時間も迫ってきたので、福岡空港へと向かったのでした。





  1. 2007/03/17(土) 13:24:35|
  2. ミヤコドリ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

広島行き

2007年3月10日(土)

この日は、思うとこあって(笑)午後から広島に向かいました。
山陽道から、ぽつりぽつりと雨がふりだし、広島についたころ(午後4時前)には、すっかり雨になってしましました。

 最初の探鳥ポイント、八幡川河口に向かいます。河口では、おなじみの、ヒドリガモ、オナガガモなどが休んでいます。写真は、八幡川の対岸の写真。対岸の造成地に池に珍鳥がはいるそうなのですが、普段は一般人の進入はできません。
p2281.jpg



川岸の道を河口までくだると、カンムリカイツブリを見つけました。しかし、すぐにもぐって見失ってしまいました。
p2282.jpg



そうこうしているうちに、料理屋に予約している時間がせまってきました。探鳥を切り上げて、広島市街にむかいます。おりから、雨の中、幹線道路は渋滞しておりやきもきしました。ホテルにチェックインのあと、お目当ての料理屋に向かいます。

お目当ては、これ(笑)
p2284.jpg


シーズンが終わってしまわないうちに、本場のカキを食べたいと思ったのでした。
p2283.jpg



2007年3月11日(日)

満足してホテルに帰り就寝。翌朝、ホテルの裏の公園の光景です。
p2285.jpg

広島は、水の都ですね。

向かった先は、三篠川 というところでした。野鳥の会広島支部の探鳥会のルートになっていたのです。周囲は、広島のベッドタウンという状況ですが、川はきれいで整備されており、探鳥会の地に選ばれるのもうなずけます。
p2286.jpg



デジスコを担いで歩き始めます。土手の上は車の進入が禁止されているので、のんびりと鳥見ができます。目につくのは、常連のツグミ
p2287.jpg



カワラヒワ
p2288.jpg



モズ……
p2289.jpg



しばらく行くうちに、橋の下で、カワガラスを見つけました。
p2290.jpg



どうも状況から、橋桁に巣作りしてり模様で、若鳥らしいカワガラスが、橋桁から何回もダイビングを試みていました。残念ながら、親鳥のとのツーショットは撮れず。
p2291.jpg



またまた、土手を下流にむかって歩いているうちに、川面をとぶヤマセミを見つけました。緊張がはしります。すこし歩いて、川岸の高い木をみると、いました。ヤマセミ。
p2292.jpg



実は、三篠川を選んだのは、探鳥紹介に一言「ヤマセミ」とあったからでした。実際に出会えるとは。うれしかったです。
p2293.jpg



ダイビングも見せてくれました。想像していたより高い場所(7-8mはあったか)から水面にダイビングしていました。
p2294.jpg



川の向こうには農耕地、人家も見られるような場所です。
p2295.jpg



10数m離れた対岸では、犬も散歩しているような場所です。警戒心が強いとおもっていたヤマセミがこんなところでいるんですね。
p2296.jpg



ヤマセミという思わぬ収穫に、今回の目的は達した という感じでした。
昼前に、三篠川を後にして、次のポイント、松永湾に向かいました。
この場所は、広大な湾内が貯木場になっていました。浮かぶ木材の上にいるのは、マガモ、ヒドリガモなどです。
 この湾には、本郷川などの流れ込んでおり、その河口付近は、葦で被われています。
葦の中でみつけた これは アオアシシギのようです。越冬個体なのでしょうか。
p2297.jpg


川面には、ヒドリガモ、オナガガモに混じり ヨシガモがたくさんいてます。徳島では結構珍しいカモです。
p2298.jpg



緑の頭部が、玉虫色に輝いてきれいです。
p2299.jpg



これは、上のヨシガモとペアで泳いでいたので、ヨシガモの♀でないかと思われます。
p2300.jpg



上空を飛んでいたミサゴ。
p2301.jpg



その後、まだ時間があったので、笠岡にまわりました。笠岡干拓地は前回の訪問時とうってかわってツグミとコガモがだけしか見つけられせんでした。

松永から、笠岡は高速道路を使うと回り道になるため、国道2号をはしりました。しかし、これは、失敗。かなり渋滞しており、多少回り道でも高速道路が速いようです。

暗くなってから帰宅したのでした。

  1. 2007/03/10(土) 11:48:52|
  2. ヤマセミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

菜の花と野鳥

2007年3月09日(金)

 3月になると、いたるところに、菜の花のあざやかな黄色が目につきます。
家庭菜園の白菜などに花がついたもの。それらの種がとび、河川敷などに群生しているもの。
 毎年、この黄色をみると、これに野鳥を……と思うのですが。

 実際には、鳥はこちらの都合のいい場所にはとまってくれません。

この日は、早朝、J島に行ってみました。しばらくまっているとカワラヒワの群れがとまりました。
p2302.jpg



観察していると、野鳥により、見事に「止まる場所」というのが決まってますね。
ツグミは、あぜ道や 畑の中。木の枝など。細い菜の花では自分の重量もささえられないのでしょう。ヒバリも決してとまりません。
 ホオジロ、スズメは可能性はあるでしょうね。ジョウビタキも「たまたま」止まることはあるかもしれません。

p2303.jpg



 
  1. 2007/03/09(金) 05:20:34|
  2. カワラヒワ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

梅ジロ(4)

2007年3月04日(日)

 今年の早春は、「梅にメジロ」の梅林が気に入って何回も通いました。でも、そろそろ、花がちっている枝が目立つようになりました。
 「梅ジロ」もこの日が最後かも……。

 いつもは、周囲の高い木立の梢でさえずっているホオジロ。梅林の中におりてきています。
p2252.jpg



p2253.jpg



梅ジロ……
p2254.jpg



p2255.jpg



p2256.jpg



p2257.jpg



p2258.jpg



p2259.jpg



p2260.jpg



p2261.jpg



p2262.jpg



p2263.jpg



p2264.jpg



p2265.jpg



p2266.jpg



おっと、コガラ。
p2267.jpg



メジロ
p2268.jpg



p2269.jpg



p2270.jpg



p2271.jpg



p2272.jpg



p2273.jpg



p2274.jpg



p2275.jpg



p2276.jpg



p2277.jpg



p2278.jpg



p2279.jpg



p2280.jpg



そんな今日このごろ……

  1. 2007/03/04(日) 09:52:08|
  2. メジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蜂須賀桜

2007年3月03日(土)

某掲示板で、アスタムランド には、すでに満開の桜があるという情報が得られました。鳴門の帰りによってみました。名前はよく聞きますが、実際に行くのは初めてです。
 広大な施設です。駐車場も広い。園内は、暖かい日差しに誘われた家族連れ、カップルなどでにぎわっています。
 駐車場の一角に満開の桜。すぐ見つかりました。蜂須賀桜 という名札もあります。

p2248.jpg



しばらく待っていると、メジロがやってきました。
p2249.jpg



p2250.jpg



p2251.jpg


  1. 2007/03/03(土) 15:31:30|
  2. メジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シロエリオオハム

2007年3月03日(土)

 このところ、毎朝 山に柴刈りにじゃなくて、メジロ撮りにいってたので、この日は午後から、海に(鳴門方面)に出撃です。
 見当をつけていたポイントの奧を双眼鏡でながめると、いました、いました。
 ウ と混じって シロエリオオハム。ライファーです。
p2244.jpg



波があると、この鳥は撮影しにくいのですが、この日は、ベタナギ。好都合でした。
p2245.jpg


p2246.jpg



手前 護岸のテトラには、イソヒヨドリ。立派な♂です。
p2247.jpg



  1. 2007/03/03(土) 11:22:31|
  2. シロエリオオハム|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

梅ジロ(3)

2007年3月01日(木)

 この朝もしつこく梅林です。

p2237.jpg



p2238.jpg



p2239.jpg



p2240.jpg



p2241.jpg



p2242.jpg



p2243.jpg




  1. 2007/03/01(木) 09:01:09|
  2. メジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

02 | 2007/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。