dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

福岡行き(3)

 相島へは、新宮というところから連絡船がでています。島につき、本日の宿に到着。晩ご飯は、新鮮なイカや鯛の刺身。満足しました。

 早朝、朝飯前に探鳥に出かけます。これは、高台からみた港の風景。
p2439.jpg



昨日 Mさんのご主人が「今年の相島は鳥がいない」ということばどうり、鳥影がみられません。地元のベテランと合流し、歩いたのですが、見つけることができません。
 やっとみつけた 鳥影。「ただモズ」という声にがっくりでした。

p2440.jpg



海岸を見下ろす場所。眼下の磯に、イソヒヨドリ。
p2441.jpg



けっこうアップダウンのある島内の道路をあるきましたが、めぼしい成果はありませんでした。離島の渡りというのは、好調なときとそうでない時の差が激しいのでしょう。
 港の護岸にいた イソヒヨドリ♀。子育て中のようですね。
p2442.jpg



同じくイソヒヨドリ♂。
p2443.jpg

p2444.jpg



港の中にいた おなかが赤いツバメ。ツバメの亜種、アカハラツバメだそうです。
p2445.jpg


p2447.jpg



 島を離れる連絡船。
p2446.jpg



福岡に帰り、まだ帰るまでには時間があるので、お二人に、多々良川に案内していただきあした。市街地の中の大きな川です。
キアシシギ。
p2448.jpg



クロツラヘラサギも一羽だけ残っていてくれました。
p2449.jpg



目の回りの皮膚が黄色くなっています。首下部の羽毛に黄色味がみられます。夏羽の特徴。
p2450.jpg



ちょうど雨がぽつりぽつりと降り始めました。お二人と別れて午後5時すぎ、雨の高速道路を帰路につきました。休憩をふくめ7時間かけて自宅に帰りつきました。



スポンサーサイト
  1. 2007/04/30(月) 08:45:07|
  2. イソヒヨドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

福岡行き(2)

2007年4月29日(日)
 
 翌日は快晴、鳥見日和です。まず、Mさんのご主人とおちあい、Sさんと合流。その後、今津方面にいきました。ここでは、「いままで珍鳥が出てた」とのこと。一足違いで、見のがしました。
 周囲は、オオヨシキリの声、セッカのこえ、ヒバリの声とにぎやかです。福岡での最初のショットは チュウサギになりました。
p2419.jpg



大きな口をあけたオオヨシキリ
p2420.jpg



その後、歩いて堤防のほうをまわります。
 かなり長いあいだ居てるちうオオハクチョウ。お休み状態なので、嘴がみえません。
p2421.jpg



干潟の中洲には、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ。
p2422.jpg



オオヒシクイが一羽。
p2423.jpg



干拓地側の池には、セイタカシギ。
p2425.jpg



p2426.jpg



Mさんのご主人から連絡がはいりました。行ってみると……
カササギ。想像していたよりずっと大きく綺麗な鳥です。つがいでいました。初見です。
p2427.jpg



カササギ、瞬膜バージョン。
p2429.jpg



同じ畑に、コシャクシギ。かわいい顔していますね。
p2428.jpg



p2430.jpg



すこし離れた蓮田に、セイタカシギがいてました。
p2431.jpg



p2432.jpg



道路際までやってきてくれました。
p2433.jpg



同じ場所に、ウズラシギも。
p2434.jpg



もとの干拓地の池にかえり、サルハマシギだそうです。しかし、遠くて画像がわるく、写真からは特徴がわかりかねます。
p2435.jpg



マガンのつがい。
p2436.jpg



その後、地元のちゃんぽんをごちそうになったあと、M公園に向かいました。ここは、昨日までコルリがでていたというのです。
しかし、出会えたのは、オオルリ。
p2437.jpg



オオルリ♀
p2438.jpg



福岡の市街地の真ん中にこんな鳥の多い公園があるのは、おどろきでした。
そのご、お二人とわかれ、今日の宿である相島に向かいました。


  1. 2007/04/29(日) 07:44:45|
  2. コシャクシギ|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

福岡行き

 HDDを見直してみても、4月8日から28日まで、鳥撮りの画像がありません。何ををしていたんでしょうね。
 28日(土)大型連休前半は、Dさんにご一緒願い、福岡行きです。
 行きは、徳島から北九州へのフェリーを利用することにしました。
お目当ては、このオオミズナギドリ。沿岸に近い場所ではまったみられず、室戸岬沖ちかくになって見ることできました。

p2411.jpg



鳥がみえなくなっても、甲板でいました。夕日に染まる海面。
p2412.jpg



夕景の中をすれちがった貨物船。
p2413.jpg



日没まで甲板でがんばろう と思ったですが、夕暮れちかくなるとかなり寒くなります。セーターを着てがんばっていたのですが、どうしてもがまんできず。この写真を最後に、客室に避難することにしました。
p2414.jpg



大きな船での一泊旅行は、中学の修学旅行以来です。船室は、二段ベッドになっていました。これも懐かしい。昔は、大阪に出かけるのも、夜行の船に乗り、早朝大阪の弁天埠頭につくのでした。

この写真は一夜明けて 門司港が近くなったころの写真です。
p2415.jpg



やはり、船の旅は、飛行機や列車とちがう雰囲気がありますね。
p2416.jpg



門司港での朝日。
p2417.jpg



早朝五時の車両甲板です。客室は空席がありましたが、ほぼ満車の状態。バイクの利用が目立ちました。これから、フェリーを降りて、福岡に向かいます。
p2418.jpg








  1. 2007/04/28(土) 14:39:25|
  2. オオミズナギドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊島

2007年4月08日(日)

 昨年の大型連休も、「渡り鳥」をねらって伊島に行ったのでした。しかし、結果は惨敗。
今年は、すこし時期を早めてこの時期に狙うことにしました。

さて、結果は……。
狙い目は早朝だろうと 前日から島にわたりました。
翌朝6時すぎから、ダム湖周辺を観察しますが、それらしい鳥は現れません。桜の花にメジロ、池のほとりにキセキレイぐらいです。
 今年も惨敗か……とおもいましたが、ことしは、少し足を伸ばして湿地のほうに行ってみることにしました。

 途中の山道でみつけた、スミレ。シハイスミレという種類だそうです。
p2402.jpg



途中の峠からみた湿地。かつてはこれがすべて水田だったのでしょうね。そのときは、渡り鳥も多かったのでしょう。

p2403.jpg



かなりきつい坂道を降りてみると湿地はこんな感じでした。しかし、湿地の中に野鳥はみえません。池の亀がいてるぐらい。周囲の道の枝に、アオジを見つけたぐらいでした。

p2404.jpg



結局先端の海岸縁までたどりつきました。そこのは、小さなお堂がありました。
海岸沿いの枯れ枝になにかの鳥影。双眼鏡でみると、ホオアカでした。(写真をよく見てみると、ホオアカではなくコホオアカのようです。22.9.15 訂正)
p2405.jpg


 しばらくするとまた遠くに鳥影。頭が黒いです。
ノビタキ♂夏羽。
p2406.jpg



どうも、つがいでわたっているのでしょう。
p2407.jpg



ホオアカも、ノビタキも間違いなく渡りの途中でしょう。
貧果ながら、渡りの途中の野鳥をゲットしたことになります。

また、きつい坂道をこえて、港付近にかえりました。
 途中で見つけた ウラシマソウ。奇妙な形の花です。よこに伸びているのが、浦島太郎の釣り竿にみたててこの名前があるそうです。
p2408.jpg



同じく、ムサシアブミ。
 p2409.jpg




 小学校まえの葦原でノビタキがいてました。そこで、T氏に偶然遭遇。T氏は、ギンムクドリを写したとのこと。居てるですね。とあらためて伊島を見直しました。

一緒に付近を歩いていて、みつけたアカハラ。民家の前の空き地でした。
p2410.jpg



帰りの連絡船の時間となり、二人一緒に帰路についたのでした。


  1. 2007/04/08(日) 09:53:13|
  2. ホオアカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜メジロ(3)

2007年4月04日(水)

 この朝も、近くの里山に桜メジロを狙いにでかけました。
しかし、ご覧のように、花びらが散ってしまった桜が目立ちます。
p2399.jpg



鳥のほうも、露出間違いだったり、花かぶりだったりと うまくいきません。
桜メジロもこれで終わりですね。また来年です。
p2400.jpg



p2401.jpg




  1. 2007/04/04(水) 09:07:45|
  2. メジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吉野川河口から蓮田へ

2007年4月01日(日)

 昼過ぎ、メジロの来訪も遠のきがちとなり、「今年の桜も十分見た」という感じで、里山をあとにしました。
 行き先は、吉野川河口方面。中洲は、スコープでみると、結構シギチでにぎわっています。
p2392.jpg



オオソリハシシギの夏羽と冬羽。
p2393.jpg



p2394.jpg


p2396.jpg


ホウロクシギ
p2395.jpg



河口をあとに蓮田に向かいました。
めぼしい鳥はいず、畦にタゲリが休んでいました。

うしろから、こっそり接近です。
p2397.jpg



p2398.jpg



そんなこんなで、帰路についたのでした。


  1. 2007/04/01(日) 13:15:01|
  2. オオソリハシシギ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

桜メジロ(2)

2007年4月01日(日)

周囲の桜は満開です。おそらく次の休日は、大半が散っているだろうと予想し、今日は、「桜メジロ」に集中です。朝7時すぎからでかけました。昨日、苦労したので、今日は、「山の手」方面に向かいました。
 山の中腹は、春の色 に満ちあふれています。おそらく、一年で一番カラフルな時期でしょう。
 このピンクと白が入り乱れた花は、モモの花でしょうか。
p2372.jpg



畑には菜の花。
p2373.jpg



ピンクと白
p2374.jpg



このお宅の庭にもあります。
p2375.jpg



今を盛りの桜。すこし、ピンク色が濃い桜です。
p2376.jpg



p2377.jpg



 山里の周囲は、鳥の声であふれています。一番よく耳にするのが、カワラヒワ。
とおくでは、ひよどりのビービーというこえ。キジバトの声もたまに聞こえます。もちろん、遠くで、ウグイスの声。シジュカラ、ヤマガラの声も聞こえます。
 そなな中で、かなり近い場所から、金属的は、するどい鳥の声が聞こえます。ちょっと聞き慣れない声でした。よおくみてると、どうも、ある民家の屋根から聞こえてきます。キセキレイでした。この屋根を中心に縄張りを巡回しているようです。
p2378.jpg



p2379.jpg



ちかくの桜の、コゲラのペア。なんか、「新居の場所」を相談しているように見えました。
p2380.jpg



p2381.jpg



p2382.jpg



しばくして、本日の本命。メジロ。
p2383.jpg



メジロは鳴き声がかすかなので、よく注意していないと、桜の花に埋もれて見落とします。
p2384.jpg



p2385.jpg



p2386.jpg


p2387.jpg



エナガ。どこにいるか当ててください。(笑)
p2388.jpg



p2389.jpg



♪はばたけ 遠く~ はばたけ強く~ 小さな翼広げ~
p2390.jpg



p2391.jpg



上の写真は、11時25分に撮っています。この時間になると、メジロの来訪も間隔が長くなり、手持ちぶさたです。
 お山をあとに、吉野川河口に向かいました。





  1. 2007/04/01(日) 09:07:57|
  2. メジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

dcken

03 | 2007/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。