dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

剣山定点撮影

2007年5月27日(日)

 前回の剣山では、何回がオオアカゲラを見かけました。
しかし、ゲットにいたらず。
 今回は、前回見た場所で「定点観察」。一カ所で粘ることにしました。

ポイントを移動しなくても、周囲を見渡しているだけでも、結構野鳥はやってきてくれます。

エナガ。
p2594.jpg



ヒガラ
p2595.jpg



ゴジュウカラ
p2596.jpg



p2597.jpg



ヤマガラ。
p2598.jpg




しかし、お目当てのオオアカゲラは、声が2-3回聞こえてものの、姿はみえず。
重い足取りで下山したのでした。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/27(日) 16:50:41|
  2. ゴジュウカラ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

もう一度D山

2007年5月26日(土)

昼から もう一度 D山です。
 しかし、鳥果は、ご覧のように カラ類とミソサザイ。
早々に引き上げました。

p2591.jpg



p2592.jpg



p2593.jpg



  1. 2007/05/26(土) 16:37:58|
  2. ミソサザイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今期初、剣山

2007年5月20日(日)

今年は、連休に遠征したため、剣山はこの日が今期初ということになります。
ゴジュウカラ。ご覧のように、木々は芽吹き始めた という時期でした。
p2584.jpg



懸命にさえずる ミソサザイ。
p2585.jpg



p2586.jpg



動画もあります

ウグイスの声がめだちます。
p2587.jpg



しかし、どうも2-3年前にくらべ鳥影が薄くなったような気がしてなりません。単に私が見つけれないだけかもしれませんが。

二度見台から、頂上を眺める。
p2588.jpg



下山途中にヒガラ。
p2589.jpg



終了まぎわ やっと オオルリをげっとできました。
p2590.jpg



  1. 2007/05/20(日) 07:54:01|
  2. ミソサザイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初夏のD山

2007年5月13日(日)

 昨年の冬は、なんども通ったD山。夏の様子はどうなんだろう。と出かけました。
頂上周辺は、ミソサザイの声が一杯です。しかし、なかなか姿を見ることができません。

やっと見つけた ミソサザイ。
p2578.jpg



ぴっぴりぴっ と懐かしい声。
 斜面の下のほうをキビタキが巡回してました。
p2579.jpg



青空を背景にゴジュウカラの毛繕い。
p2580.jpg


こんかい初めてゴジュウカラのさえずりを確認できました。

そのつもりで聞くと、この時期 この声は あっちこっちで聞くことができます。

ミソサザイ。
p2581.jpg



管理棟の軒下に営巣してるようです。電線に留まって なわばり宣言。
p2582.jpg



新緑の中のシジュウカラ。
p2583.jpg



この日、通りかかった ハイカーから セグロカッコウがやってきている という話をききました。これが、セグロカッコウの鳴き声のようです。

  1. 2007/05/13(日) 07:34:56|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蓮田 河口へ

2007年5月12日(土)

 この日は、午後から蓮田方面に向かっています。
鳥影は薄いという印象です。ウズラシギ。

p2569.jpg



トウネンの夏羽を見かけました。はじめての見るようなきがします。
p2570.jpg



トウネンは いつみてもかわいいですね。
p2571.jpg



p2572.jpg




続いて河口へ。

対岸にチュウシャクシギ。つがいでしょうか。
p2573.jpg



対岸には、ハママシギ、ダイゼン、コアジサシ
p2574.jpg



足下をキアシシギが通りました。
p2575.jpg



p2576.jpg



対岸から、ハマシギ数羽 こちらにやってきました。
p2577.jpg




  1. 2007/05/12(土) 09:15:10|
  2. トウネン|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

早朝 近場へ

2007年5月12日(土)

 この日は、早朝 近場の山に行ってみました。狙いは、夏鳥の偵察。
わずかに、遠くにサンコウチョウの声を一度だけ聞いたような。
 エナガを写してきました。

p2565.jpg



油絵風にレタッチ(笑)
p2566.jpg



p2567.jpg



p2568.jpg




  1. 2007/05/12(土) 07:00:15|
  2. エナガ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山形県 飛島ツアー(4)

2007年5月6日

ツアー最終日。朝 短時間の探鳥のあと、帰路につきます。
この日は、鼻戸崎展望台にほうに行きました。

ノジコ
p2544.jpg



展望台には、遠くにコムクドリがやってきていました。
p2545.jpg



コムクドリ♀

p2546.jpg



p2547.jpg



コムクドリ♂
p2548.jpg



アマサギ
p2549.jpg



キマユホオジロ
p2550.jpg



最後にコホオアカ
p2551.jpg



帰りの連絡船に乗るため、港に向かいます。
p2552.jpg



港内にうかんでいた、ウミネコ
p2553.jpg



来たときと違い、帰りは、波も穏やかです。船が出港すると、ウミネコがついてきます。
p2554.jpg



p2555.jpg




しばらくいくと、ウミネコの群れに オオミズナギドリが混じるようになりました。
p2556.jpg



p2557.jpg


p2558.jpg



沖に進むと、ウミネコは減り、オオミズナギドリばかりになります。
p2559.jpg



p2560.jpg



p2561.jpg



p2562.jpg



p2563.jpg



これで、鳥の写真は終わりです。今回 渡りの時期の離島を初めて経験しました。多くの収穫がありました。

酒田駅でおみやげを買い、特急列車で新潟へ。
新潟新幹線で東京に向かいます。
p2564.jpg



東京から東海道新幹線に乗り換え、新大阪に着いたのは午後10時過ぎ。雨の中を車に乗り換えて、自宅に着いたのは、翌日の午前1時ごろでした。


  1. 2007/05/06(日) 21:55:54|
  2. キマユホオジロ|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

山形県 飛島ツアー(3)

2007年5月5日

ツアー3日目。この日はリーダーが石田氏になりました。
ヘリポート横のポイントは、次々に野鳥がやってきてくれます。

コムクドリ。
p2516.jpg



マミチャジナイ
p2517.jpg



ヒレンジャク
p2518.jpg



地面では ホオアカ。
p2519.jpg



アトリのアップ。
p2520.jpg



旅館前の草地で、ニュウナイスズメ♀。
p2521.jpg



アマサギ
p2522.jpg



なんと、コチョウゲンボウもやってきました。ライファーです。
p2523.jpg



p2524.jpg



コホオオアカ、これもライファーです。いや、飛島はすごいところです。
p2525.jpg



ウソ♀
p2526.jpg



ウソ♂
p2527.jpg



朝食のため、一旦旅館に帰ると、旅館の前の空き地の水たまりに、ヨシガモがきてました。
これも渡りの途中なんでしょうか。
p2528.jpg



空き地の草原にニュウナイスズメ♂
p2529.jpg



同じくニュウナイスズメ♀。
p2530.jpg



p2531.jpg



ニュウナイスズメ♂。
p2532.jpg



なんと、キビタキ♀とオオルリ♀が同じポイントに現れました。
森山氏より 詳しい説明を聞いたのですが、いまとなっては、忘れてしまった。

キビタキ♀(多分)

p2533.jpg



オオルリ♀
p2534.jpg



道路脇に、キビタキ♂。

p2535.jpg



枝がかぶってしまいましあが、ムギマキ。
今回のツアーで一番苦労した一枚です。
p2536.jpg



コホオオアカ

p2537.jpg



p2538.jpg



キマユホオジロ……珍鳥 もちろんライファーです。

p2539.jpg




コホオオアカ
p2540.jpg


p2541.jpg



夕方近くに、ヒレンジャクがやってきました。
p2542.jpg



p2543.jpg



  1. 2007/05/05(土) 16:23:13|
  2. コチョウゲンボウ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

山形県 飛島ツアー(2)

2007年5月4日

ツアー二日目。この日は、私達はリーダーが森山氏から中野氏にかわります。本職は野鳥写真家の方です。鳥に大変詳しく 見つけるのもすばやい。感心しました。
 この日、朝食前の探鳥では、道路にバテバテのセンダイムシクイを発見。
 渡りで疲れ切ってしまったのでしょう。小鳥たちは、命がけで 渡っているんですね。
道路で車が来ても逃げようとしません。ひかれるのではないかと心配しました。
p2483.jpg



それでも、路上にいる虫を食べています。元気になって欲しいものです。
p2484.jpg



この日もサンショウクイを見かけました。
p2485.jpg



ノゴマ♂ 咽の赤いのが目立ちます。

p2486.jpg


p2487.jpg



昨日とおなじ ヨーロッパビンズイ。
p2488.jpg



民家のアンテナにイソヒヨドリ♂。
p2489.jpg



同じく港周囲の道路にイソヒヨドリ♀。
p2490.jpg



民家の軒下に営巣しているかもしれません。
p2491.jpg



旅館の前の空き地で、マヒワ。
p2492.jpg



同じくニュウナイスズメ。普通のスズメとちがい、鮮やかな茶色です。すぐに違いがわかります。
p2493.jpg



マヒワ
p2494.jpg



昨日と同じポイントで、ヒメコウテンシ。
p2495.jpg



ノビタキ。
p2496.jpg



道路際にチューリップが植えられていました。
p2497.jpg



デジスコで。
p2498.jpg



コサメビタキ。目先が白い です。
p2499.jpg



この日は、四谷(よだに)ダム というところに行ってみました。ヒガラなどの鳥影がたいへん濃いです。
p2500.jpg



オオルリ♀
p2501.jpg



森の中でみつけた、これは ウラシマソウですね。
p2502.jpg



ヘリポート付近に帰ってきて、いました。ヒレンジャク。
撮影時刻は 2007/05/04 13:01となっています。
p2503.jpg



カシラダカの夏羽と冬羽。
p2504.jpg



カシラダカの夏羽個体をみるのは初めてです。

ノビタキ。
p2505.jpg



キビタキ
p2506.jpg



背中に灰色部分が残っています。若い♂でしょうね。
p2507.jpg



オオルリ。背中のブルーが鮮やかです。
p2508.jpg



畑の周囲にいた アカハラ。
p2509.jpg



おなじくツグミ。
p2510.jpg



アカハラ
p2511.jpg



もう一度ノビタキ。
p2512.jpg



ノジコ。ライファーです。アイリングが鮮やかです。
p2513.jpg



p2514.jpg



これは、オオルリ♀? キビタキ♀?
p2515.jpg



この日も収穫の多い一日でした。



  1. 2007/05/04(金) 15:04:36|
  2. センダイムシクイ|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

山形県 飛島ツアー(1)

2007年5月3日

 ブログの更新がえらくお留守になってしまいました。
記憶が消えてしまわないうちに、更新します。

 連休後半は、ワイバードの 夏鳥と冬鳥の交差点・飛島 というツアーに参加しました。
こういうツアーに参加するのは、はじめての経験です。2日のよる 夜行で大阪を出発、6日のよる 同じく大阪に帰るというスケジュールが私の都合に一致しました。

 2日の夕刻、車で大阪に出発。途中、高速道路環状線で渋滞にあったものの、予定どおりの時間に駅につきました。日本海という寝台特急で山形県 酒田に向かいます。駅のホームでは、おなじツアーに参加するベテラン氏に声をかけていただきました。大阪から9名の参加。講師の森山氏も同じ列車に乗り込みます。

 寝台特急といのは、大学生のとき以来です。早朝5時に目覚め、ツアー参加の皆様と新潟の沿線風景を眺めました。

 7時に酒田駅着。酒田駅までは、タクシーが手配されています。至れりつくせりです。

写真は港に停泊中の「とびしま」。これで、飛島に向かいます。
p2451.jpg



港の中の食堂。早朝から大にぎわいでした。海鮮定食をいただきました。
p2452.jpg



これが、これから向かう 飛島の地図です。後でわかたことですが、島の中央を横断している道を何度も往復して探鳥することになります。
p2453.jpg



港の中は静かでしたが、一旦外にでると、前日通過した低気圧の影響が残り海は大荒れでした。乗客の中には気分が悪くなる人もでました。
p2454.jpg



1時間弱で飛島に到着。ほっとしました。
p2455.jpg



旅館で簡単な説明のあと、3日午前10時半、探鳥開始です。
p2456.jpg



まず驚かされたのは、港の近くの公園に草むらにたくさんのマヒワがいたことでした。マヒワというと、「山の中」とおもっていました。
p2457.jpg


p2458.jpg



民家の屋根にイソヒヨドリ
p2459.jpg



この時は、写せなかったのですが、旅館の前の空き地には、ニュウナイスズメがいてました。これも驚きです。

港の周囲の岩場は、ウミネコの営巣地になっているようです。
p2460.jpg



岩場にいたハヤブサ。
p2461.jpg



このときは、風が強かったです。

しばらくいくと、やはくも、オオルリ♀
p2462.jpg



キビタキ♂
p2463.jpg



いたるところに、マヒワの群れと出会います。
p2464.jpg



最初の珍鳥! ヒメコウテンシ。
今まで名前も聞いたことのない鳥です。一見ヒバリのようです。畑の中で採餌しています。そこに居る 言われなければ、なかなか見つけるられません。
p2465.jpg



コウテンシとは、姫告天子 と書き、告天子 とは、ヒバリのことだそうです。講師の森山さんに教えていただきました。

p2466.jpg




アトリ
p2467.jpg



ノビタキ
p2468.jpg



アトリとノビタキを同時に見られる。まさに「夏鳥と冬鳥の交差点」です。

羽根の乱れたマヒワ。おそらく、 海をわたって 今 島にたどりついたところなのでしょう。
p2469.jpg



しばらくいくと サンショウクイ。サンショウクイというと高い梢の上にいてると思っていました。こんな近くで見られるのは初めてです。
p2470.jpg



山道の途中で、メジロの落鳥 と見つけました。おそらく、渡りの途中で力つきたのでしょう。手にとると、びっくりするほどの軽さです。見慣れたメジロですが、手に取ったは、初めて経験でした。
p2471.jpg



切り株の上で休むオオルリ。
p2472.jpg



オオルリといえば 高い梢のてっぺん です。地面に降りているのは、初めてみます。渡りの途中の栄養補給中なんでしょうね。
p2473.jpg



オオルリ♀ キビタキ♀?? よく見かけます。
p2474.jpg



しばらくいくと、ヘリポートの草地にホオアカ。
p2475.jpg



なんと、アリスイ。ライファーです。
p2476.jpg



こんなところで、エサをとるんですね。
p2477.jpg



同じ場所で アオジ
p2478.jpg



カシラダカ。
p2479.jpg



ミヤマホオジロ
p2480.jpg



島を縦断して、学校のグラウンドまで降りてきました。マヒワ。
p2481.jpg


この日 二つめの「珍鳥」、ヨーロッパビンズイです。
通常のビンズイより 全体に色が薄いとか。これも、教えてもらわなければわかりません。
学校のグランウンドの草地で採餌していました。
p2482.jpg




  1. 2007/05/03(木) 11:18:19|
  2. アリスイ|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

dcken

04 | 2007/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。