dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ツメナガセキレイ

2007年9月30日(日)

 9月最後の日曜は、香川県のM干拓地に行きました。
ちょうど雨あがりの田んぼ。

エリマキシギ。
朝食がおわり、休憩タイムにはいっていたのかもしれません

p2800.jpg



エリマキシギは、なんか女性的で、やさしい顔つきに見えるとおもいませんか?
どうも、過眼線が切れ長の目のように見える位置にあるんですね。
p2801.jpg



同じ場所にいた ムナグロ。
こちらは、つぶらな瞳 という言葉がぴったりです。
p2802.jpg



水のはった田んぼにいたコサギ。
うまいぐあいに、黄色のソックスが見えます。
p2803.jpg



前回見ることができなかった、ツメナガセキレイをゲットできました。
ちょうどうまい具合のコンクリートの境界にでてきてくれました。
p2804.jpg



これを最初に見つけた人を尊敬します。
p2805.jpg



p2806.jpg



スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 00:08:51|
  2. ツメナガセキレイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アカアシシギ

2007年9月29日(土)

 この日も、午後から蓮田に向かいましたが、めぼしい鳥果はありませんでした。
徳島市方面まで足を伸ばしました。偶然通りかかった農地の中の水たまり といったところにシギがいてました。
双眼鏡でみると、なんとアカアシシギ。
p2795.jpg



6-7羽の群れでいました。
p2798.jpg



翼を広げたところ。「白い次列風切」が見えます。
p2799.jpg



もうひとつは、コアオアシシギのようです。
p2797.jpg



p2796.jpg



両者とも 二年ぶりに対面です。

そのほかには、ハマシギ。
p2793.jpg



ハマシギの嘴が曲がっています。しなやかなんですね。
p2792.jpg


  1. 2007/09/29(土) 23:28:48|
  2. アカアシシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ヘラシギ

2007年9月24日(月)

 連休二日目。この日は予報では天気は下り坂。晴れれば、タカ。降れば シギチです。

早朝から某所に向かいました。

稲刈りに済んだ田んぼは、さっちこっちに水たまりができており、いい感じでした。

現地では、ウズラシギ? エリマキシギ?かなとはっきりしませんでした。
帰ってPCでみて、アメリカウズラシギと判明。
p2771.jpg



p2772.jpg



シギチの鳥影は濃いようです。ムナグロ夏羽。
p2773.jpg



タシギ
p2774.jpg



これがエリマキシギですね。同じ田んぼに複数の個体が採餌してました。
p2775.jpg



p2776.jpg



畦の上に立ったタカブシギ。こうやってみると、タカブシギの足はけっこう長いんですね。普段は、足が半分ちかく水にはいっている姿しかみません。
p2777.jpg



コチドリ幼鳥。
p2778.jpg



翼の縁取りが黒くみえたのですが、ムナグロの幼鳥でしょうね。

p2779.jpg



ウズラシギ
p2780.jpg



トウネン。
p2781.jpg



午後、ある一枚の田んぼに車の列ができていました。他の人の観察のじゃまにならないようちかづき、聞いてみると、ヘラシギがでてる とのこと。

たしかに、トウネンの群れのなかに、すこし変わったのがいてます。
しかし、遠くて確認は困難でした。

そのうち、ヘラシギだけが、群れから離れてでてきてくれました。ラッキー。
p2783.jpg



ヘラシギ。
p2784.jpg



p2785.jpg



p2786.jpg



p2787.jpg



p2788.jpg



これは、いっしょにいたトウネンですね。

p2789.jpg



今日は思わぬ珍鳥にめぐりあえました。

最後に、ムナグロのトビモノ。
p2790.jpg




  1. 2007/09/24(月) 22:52:42|
  2. ヘラシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

タカの渡り(2)

2007年9月23日(日)

 もっと近くを飛んでくれたら……と期待して今日も早朝から鳴門山です。連休、しかも好天とあって展望台は県外からのお方をふくめ、多くの人でにぎわっています。
 しかし、好天が続いた影響か、タカは飛ぶのですが、ほとどんが肉眼では認められないほどの上空を飛びます。

しかたないので、トビを写しました。タカもこんなちかくを、これぐらいの速度で飛んでくれるといいのですが。

p2761.jpg



p2762.jpg


なんか、枯れ草のようなものをつかんでいます。このなかにエサあるのでしょうか。
p2763.jpg


p2764.jpg


p2765.jpg



p2766.jpg



比較的近くをとんでくれました。サシバ。
p2767.jpg



高速道路を行く ポルシェ軍団。
p2768.jpg



海で遊ぶ若者。
p2769.jpg



最後にこれ。「タカではない」「シギ?」などの意見がでましたが、トウゾクカモメ褐色型ということになりました。
p2770.jpg




  1. 2007/09/23(日) 08:38:18|
  2. トウゾクカモメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タカの渡り

2007年9月22日(土)

 この日は、仕事が終わるのを待ちかねて、鳴門山に向かいました。
もちろん、タカの渡り。展望台にはたくさんのホークウオッチャーでにぎわっていました。
比較的近い場所を飛んでくれことが何回かありました。

サシバ
p2753.jpg



ハチクマ。遅まきながら、ライファーです。
p2754.jpg



ノスリ
p2755.jpg



新しいカメラ40Dは 使いやすいと感じました。今シーズンのタカが楽しみです。

その後、帰りに蓮田によってみました。
今までみなかった、エリマキシギが入ってました。
p2756.jpg



ケリの群れのなかに、タカブシギとエリマキシギ。大きさがよくわかります。
p2757.jpg



ケリ
p2758.jpg




これは、チュウサギでしょうか。
p2759.jpg



見慣れないサギ……とおもったのですが、ゴイサギ幼鳥のようです。Pさん、ご教示ありがとうございました。
p2760.jpg





  1. 2007/09/22(土) 22:28:26|
  2. ハチクマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大授搦

2007年9月16日(日)

 連休は、佐賀県の大授搦(ダイジュガラミ)行ってました。
探鳥ガイドブックに 「日本一のシギチ飛来地」とあり、一度は行ってみたいと思っていました。
 ちょうど、連休 九州にいく用事があり、私は佐賀県まで足を伸ばすことにしました。時期的に「少し早いか?」と思いましたが、結果的には行って大正解。たくさんのシギチに会うことできました。

 有明干拓地にむかう道路で見かけたカササギ。このとりは、電柱がお気に入りなんですね。
 p2719.jpg



大授搦は佐賀県東与賀町にあり、探鳥ポイントへの入り口は「干潟よか公園」となっています。
http://www.town.higashiyoka.saga.jp/main.php?page=537

大授搦の探鳥ポイントは広大な干拓農地の端にあり、堤防の端は延長4-5kmはあると思われる柵が設置されており、海岸には入れないようになっています。
で、この堤防は原則 自動車、自転車は進入禁止。犬の散歩も禁止です。
私がこのポイントに実際にいたのは、数時間ですが、その間、バーダーや散歩の人はいましたが犬を連れている人はいませんでした。

干潟に入る人がいない。堤防を犬で散歩する人がいない ということが、シギチ飛来が増えた理由でないかと思いました。

 p2720.jpg



この日は、満潮が正午前で、到着したときは、かなり潮が満ちていた時間帯ということになります。後で分かったことですが、この時間帯は、シギチ観察のためには、最良の時間帯でした。
 オバシギの群れ。
p2721.jpg



 

現地では、ハマシギかと思ったのですが、帰ってPCでみると、キリアイと判明しました。比較的希な旅鳥がこれだけの群れをなしているのはさすがです。ライファーです。
p2722.jpg


やや水深のある場所には体の大きなシギがいます。むこう側にダイシャクシギ、手前がホウロクシギ。
p2723.jpg



ホウロクシギ
p2724.jpg



この時間帯で一番多かったのは、ダイゼンでした。ダイゼン、夏羽、冬羽。
p2725.jpg



ダイゼンの群れのなかに、オオソリハシシギ。
p2726.jpg



ホウロクシギ
p2727.jpg



オオソリハシシギ
p2728.jpg



おなじく、ダイゼンの群れのなかオグロシギ。
p2729.jpg



手前が、オオソリハシシギ。向こう側にオグロシギ。
p2730.jpg



ダイシャクシギとホウロクシギ。
p2731.jpg



p2732.jpg



p2733.jpg



ダイシャクシギ。
p2734.jpg



p2735.jpg



ダイシャクシギとホウロクシギのツーショット。
こうやってみると、二つの色の違いがよくわかります。
p2736.jpg



手前がホウロクシギ。
p2737.jpg



ホウロクシギ。嘴がながいですね。
p2738.jpg



見慣れない色のチドリ。いわゆる「バフ色」ですね。メダイチドリ幼鳥だと思います。
p2739.jpg



シロチドリ。ひさしぶりに、見ます。
p2740.jpg



満潮になり、かなり水深が高くなったため、小さなシギチはいなくなってしまいました。ポイントを後にして、周辺を車で探索してみました。
 
 実った稲の上をツバメが飛んでいました。あたらしいカメラでツバメのトビモノ撮影に挑戦しました。
p2741.jpg



この画像は、翌日の17日です。満潮まえ早い時間帯にポイントに行ったため、潮が引いています。
p2743.jpg



コオバシギ。上のオバシギにくらべ、斑紋明瞭でありません。足色もオバシギにくらべ明るい色です。(D氏にご教示いただきました)
 コオバシギは、吉野川の中洲の遠くにいるのを見たことがありますが、近くで撮影できのは、はじめてです。
p2744.jpg



これは、オバシギですね。休憩モード。
p2745.jpg



メダイチドリ幼鳥。
p2746.jpg



ソリハシシギ。ちょこまかと動いて採餌しています。
p2747.jpg



ホウロクシギ
p2748.jpg



メダイチドリ。
p2749.jpg




アオアシシギとシロチドリ
p2750.jpg



メダイチドリ
p2751.jpg



p2752.jpg



この日は、正午をまわってもポイントでいましたが、昨日ほど潮がみちてきません。昨日は、「中潮」であったのに対して、この日は 小潮だったのですね。
 潮がひいていると、シギチは広大な干潟に分散してしまいます。また、潮が高くなりすぎても、小さなシギチはどこかに行ってしまいます。
 つまり、昨日は、絶好の時間帯にポイントに到着したというわけです。
これ以後、雨が降り出してきてポイントを離れざるをえませんでした。
 探鳥ガイドブックによると、秋よりも、春の渡りの時期がにぎやか とあります。
もう一度 来てみたいとおもいました。
 なお、同定でまちがっているものがあれば、ご指摘いただけるとありがたいです。



  1. 2007/09/16(日) 01:54:28|
  2. ホウロクシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

鳴門山

2007年9月8日(土)
 新しいカメラを試したくて、昼から鳴門山にいきました。しかし、タカは飛びません。まだ、タカの渡りにはすこし早かったのでしょうか。

しかたないので、海を行く遊覧船。
p2710.jpg



近くの枝にメジロが止まりました。40Dでの鳥撮影第一号はメジロとなりました。(笑)
p2711.jpg



展望台の下にアゲハが止まったので、一枚。
p2712.jpg



高速道路を行く車を一枚。
p2713.jpg



かろうじて 海面近くをトビ飛びました。
p2714.jpg



風がやむと、展望台の上は暑いです。早めに切り上げて蓮田へ。
これは、チュウサギでしょうか。
p2715.jpg



ケリが飛んでいました。
p2716.jpg



p2717.jpg



ケリと思ったのは、アオアシギでした。
p2718.jpg



AFも心なしか、性能があがったように思います。これから使いこんでいきたいです。


  1. 2007/09/08(土) 08:18:06|
  2. ケリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

EOS40D

2007年9月7日(金)

注文した翌日来ました。早っ って感じです。
20Dをゲットしたのが、16年9月。ちょうど3年つかったことになります。

40D、手にした第一印象は、グリップがすこし大きくなって「にぎりがいがある」って感じですね。ずっしり感 アップ すこし重くなった印象をうけます。


後ろ側。モニタが大きくなった。
モニタが大きくなった分、いままでボディの左側に並んでいた、ボタンが 下に来ました。

ボタンは20dとほとんど同じなので、とまどいはありませがん、AF-ONといった見慣れないボタンがあります。マニュアルから、瞬時にAFに切り替えができるんでしょうか。いままでは、レンズ側の ボタンを動かす必要があったのです。

すこし見慣れない ボタンもあります。これから、取説読んでみます。


p2707.jpg



シャッター音が ちょっと「かわいた音」になりました。

ニコンの高級機 と並んで写していると、20Dのシャッター音は大きく、はずかしかったのですが、すこし 高級機の音に近づいたか……って感じですかね。

p2708.jpg



作例をひとつ……といっても 我が家のワンコですが。
p2709.jpg



  1. 2007/09/07(金) 07:30:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吉野川河口

2007年9月01日(土)

 ある方から情報をいただき、吉野川河口にでかけました。T氏にお会いして、指さす足下にいてました。オバシギ。(幼鳥)6羽ほど来ていたそうです。
p2700.jpg



p2701.jpg


p2702.jpg



遠くの樋門に、イソシギ。バッタらしいのを捕まえています。
p2703.jpg



帰りに蓮田によりました。
これは、シマアジだそうです。D氏に教えていただきました。
p2704.jpg



同じ田んぼにマガモ エクリプス。もう、マガモが渡る時期なんですね。
p2705.jpg


p2706.jpg




  1. 2007/09/01(土) 02:28:08|
  2. オバシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

08 | 2007/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。