dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

沖縄の鳥見(2)

2007年12月31日(月)

 翌朝、本土ではたいへんな寒波がやってきて、九州なども雪となっているとテレビが言っていました。
 沖縄も、北風が強く、ときおりしぐれるという天候でした。
 まずは、漫湖にでかけます。「湖」という名前でですが、実際は那覇港にそそぐ川の一部が大きな干潟となり、湖のように見えるといったところです。写真のように那覇市の市街地の真ん中にあり、周囲はたくさんの車が走っています。
p2938.jpg



干潟にいたのは、ダイシャクシギ
p2939.jpg



イソヒヨドリは、ひとなつっこいです。♀も雨覆に青みがあるんですね。
p2940.jpg



アオアシシギ
p2941.jpg



ソリハシセイタカシギ。
今回の沖縄遠征の狙いの鳥のひとつ。あこがれ鳥が目の前で採餌しています。感激しました。p2942.jpg



動画もあります

実際にソリハシセイタカシギの採餌しているところを観察し、なぜ、この鳥の嘴が上向きのそっているか(下に突の彎曲になっているか)がわかりました。
嘴の下に向いてそっている側で 泥をなでるようにしてエサを探しているのでした。


干潟の向こう側には、アオアシシギの群れ。なかに、一羽オオソリハシシギがいます。
p2943.jpg



ズグロカモメ。
これもライファーです。この場所では、カモメが数羽飛んでいましたが、すべてズグロカモメでした。ユリカモメやウミネコはまったくみかけませんでした。
p2944.jpg



イソヒヨ♂。羽根の先端に白い部分があるのは、若鳥なんですね。
p2946.jpg



正午前から、大宜味村の喜如嘉というところに向かいます。高速道路で名護市の手前までいき、そこから一般道を40分ほど走る必要があります。
名護市付近での、東シナ海の様子です。
 北風がつよく、ときおり雨がふって、沖縄とは思えないような光景でした。
p2945.jpg



しかし、喜如嘉の水田でみかけるのは、バンとサギ。リュウキュウヨシゴイらしい野鳥はどこにもいてません。
チュウサギ。
p2947.jpg



しばらく周囲をうろうろしていると、電柱にとまっているサシバをみつけました。おそらく、この場所で越冬しているんでしょう。
p2948.jpg



サシバ♀。
見慣れたサシバ♂よりも、胸の褐色の部分に白いところが多いようです。図鑑によると、これが♀の特徴だそうです。
p2949.jpg



かなりがんばりましたが、この場所では、ほかにシロハラなどを写しただけで、お目当てのリュウキュウヨシゴイはゲットできませんでした。

つづいて、高速道路を南下して、億首川というところに行ってみました。
億首川河口でみつけた、チュウシャクシギ
p2952.jpg



川の両岸は、マングローブで覆われています。
すこしだけ、マングローブの中に入ってみました。地面は、かたい砂地になっており、足を取られるということはありません。
p2950.jpg


億首川周辺の農地でムクドリの中に一羽ホシムクドリが混じってました。
p2951.jpg



31日は、このあたりで日暮れとなり、ホテルへと帰りました。

ホテルで風呂に入ってから、この日は、近くの焼き肉屋にいきました。
p2953.jpg



晩飯を終えるころには、お店の人が、明日の元旦の準備にとりかかっています。
p2954.jpg



p2955.jpg



寒波の襲来した沖縄。でも、町の中では、コートはもちろんセーターも要りません。
綿シャツでけでOKです。
いい気分で、ホテルの部屋にかえり、テレビで紅白歌合戦を見ることにしました。

窓の下に港は、灯りも音符の形になっています。(ぶれるだけ?)
p2956.jpg



ひとり、紅白をみながら、大晦日の夜は更けていきました。
p2957.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 00:19:14|
  2. ソリハシセイタカシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

沖縄の鳥見(1)

2007年12月30日(日)

 みなさま、あけましておめでとうございます。
12月中に 「謹賀新年」というのも、ちょっとへんですが、今年最初のブログ更新ということで、ご挨拶いたします。
p2923.jpg



 さて、年末年始の休日を利用して、沖縄で鳥見でした。
記憶が薄れないうちに、ぼちぼちと更新してまいります。

 12月30日の午前中、高松空港から出発。高松から沖縄への便を使うのは今回初めてです。空港の駐車料金もお安いし、なによりも自宅から近く便利です。
 年末寒波が装うされており、でかける前もみぞれがふるほどの寒々と高松空港でした。
p2924.jpg



1時間半ほどのフライトで沖縄へ。
飛行機をおりたとたんに、「むっとする暑さ」というわけではありませんが、セーターを脱いでも寒さを感じないほどの気温です。

到着ロビーにいたるまでの通路に、蘭の花が飾られていました。南国にやってきた という印象です。
p2925.jpg


p2926.jpg



空港の中
p2927.jpg



空港からレンタカーの会社へバスで移動。レンタカーの手続きをすませ、3時すぎ、探鳥に出発です。まず、すぐ近くの漫湖へ。レンタカーのカーナビで場所はすぐわかるのですが、繁華街にあるポイントのため、車を停める場所がわかりません。

 けっきょくすこし足を伸ばして瀬長干潟に向かいました。
しかし、どこに鳥がいるのか……
 車でうろうろしているうちに、なんの変哲もない池に野鳥を見つけました。それも、クロツラの群れ! さすが沖縄。10羽前後いたようにおもいます。
p2928.jpg



周囲をあるいていると、見慣れない野鳥。シロガシラであることはすぐわかりました。図鑑では「灰色の鳥」と思っていたのですが、実際は雨覆のオリーブ色がめだつとりです。水路の河川敷に数羽の群れでいました。
p2929.jpg



イソヒヨ♀。イソヒヨはいたるところにいます。ヒヨドリよりも多いです。っていうか、ヒヨドリをあまり見かけません。
p2930.jpg



クロツラもそろそろお休みタイムでしょうか。
p2931.jpg



フラッグをつけた個体も数羽います。
p2932.jpg



同じ池に多数のセイタカシギ。徳島ではこれでで多くの個体はそろいません。目をとじているときは、こんな顔になるんですね。
p2933.jpg



ここで、ひぐれまでいました。カーナビをたよりに、宿舎となるホテルへと向かいました。


ホテルで風呂にはいり、近くの沖縄料理店へとでかけました。

酒はもちろん、泡盛。たくさんの銘柄があり、聞き酒を試すこともできます。
p2934.jpg



これは、有名なラフテーですね。うまかったです。
p2935.jpg



泡盛の1合 を注文すると、こんなきれいなボトルに、水と氷が入ってでてきます。
p2936.jpg



よくあさ、早朝のホテルからの景色です。ホテルは、泊港に面しています。
p2937.jpg




  1. 2007/12/30(日) 08:41:53|
  2. クロツラヘラサギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

湖北

2007年12月24日(月)

夜のうちに、半田市から長浜に移動。長浜で一泊。翌日は、太陽が顔をみせたり、しぐれたりの「冬の日本海側」の天気でした。去年の同じ日も湖北で鳥見でした。

湖の向こうにかかった虹。
p3053.jpg



早崎内湖のビオトープをまわっていて、トモエガモ発見。ラッキーでした。
p3054.jpg



琵琶湖ではおなじみのオオヒシクイ。頑丈そうな足ですね。
p3055.jpg



一羽だけ、クロツラヘラサギがやってきてました。
p3056.jpg



嘴の裏側はピンク色なんですね。
p3057.jpg



p3058.jpg



水鳥センターの裏、山本山でオオワシ発見。残念ながら枝かぶりですが、嘴の黄色と雨覆の白がわかります。
p3059.jpg



尾上漁港の中でミコアイサ。
p3060.jpg



これは、換羽中の♂ですね。
p3061.jpg


キンクロハジロ。
p3062.jpg



その後、今津のほうに回りました。
今津浜の沖、比較的近い場所にホオジロガモ。
p3063.jpg



p3064.jpg



新旭の水鳥センターについたころ、日暮れとなり、帰路につきました。

去年の湖北遠征のときから念願だったホオジロガモをトモエガモをゲットできたのは、収穫でした。
  1. 2007/12/24(月) 17:18:15|
  2. オオワシ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

愛知県 一色町

2007年12月23日(日)

22日からの連休は、Dさんにご一緒願い、愛知県の一色町というところにいきました。
一色町とはこんなところです
 三河弯に面し、漁業と農業の町。うなぎの養殖は日本一。潮干狩りでも有名らしいです。

22日は、西名阪つづいて東名阪国道をとおり、三重県を抜けて愛知県にはいりました。途中でかなり強い雨。
p3031.jpg


 天気予報では明日からよくなるということで安心です。今日の宿舎の半田市に向かいました。

翌日は天気予報どうり、よい天気。半田市から20分ほどで一色町につきます。
一色漁港に隣接した「一色さかな広場」です。
p3032.jpg



矢作古川の河口にから、鳥見をはじめます。海岸の護岸では、たくさんのハマシギが迎えてくれました。
p3033.jpg


護岸の沖は、浅そうです。沖の漁船はノリの養殖でしょうか。
p3034.jpg



シロチドリも。
p3035.jpg



しばらくいくと、広大な葦原にでました。上空にチュウヒ。
p3036.jpg



足下にイソヒヨドリ。
p3037.jpg



葦原の上を飛ぶチュウヒ。
p3038.jpg



周囲はうなぎの養殖用のビニールハウスが見られます。また、養殖に使われなくなった池も見られます。その池には、コガモやオナガガモが浮かんでおり、それを狙っているのかオオタカもゲットできました。
p3039.jpg



畑の上をとぶ タゲリの群れ。
p3040.jpg



チュウヒ♀。
p3041.jpg



p3042.jpg



葦原の杭にとまったチュウヒ。
p3043.jpg



ミサゴ。
p3044.jpg



これは、3041と同じ個体かも。頭部から胸にかけて白っぽいです。
p3045.jpg



農地のほうに行くと、小さな池で多数のセイタカシギを見つけました。Dさんによると、越冬個体だそうです。
p3046.jpg



後ろの草むらにいるのは、タシギですね。
p3047.jpg



オオハシシギも混じっています。
p3048.jpg



すこし離れた池には、二羽のコアオアシシギ。

p3049.jpg



オオハシシギも二羽います。
p3050.jpg



p3051.jpg



日暮れ間近の三河弯。
p3052.jpg



Dさんと相談し、翌日23日は、湖北に向かうことにしました。

  1. 2007/12/23(日) 16:22:10|
  2. チュウヒ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大川山

2007年12月16日(日)

この日は、午後から大川山に行きました。この冬はじめてです。
道路に積雪はありませんが、北側の斜面には雪が残っています。

だれかのつくった小さな雪だるま。
p3066.jpg



おなじみのヤマガラ。
p3067.jpg



アトリ。
p3068.jpg


p3069.jpg



とおくで、「フィ、フィ」というウソの声。しばらくまっていたら、現れました。
亜種アカウソ。
p3070.jpg



同じ群れにいた♀。
これも、アカウソでしょうか。
p3071.jpg



一昨年 高越山でうつした、亜種ウソと並べてみました。
アカウソは胸の部分に赤味があるんですね。(ブドウ色)

p3072.jpg


  1. 2007/12/16(日) 17:57:18|
  2. アカウソ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

近場で鳥見

2007年12月9日(日)

この日曜日は、近場をうろうろでした。

近くの裏山へ。去年のように、ジョウビタキやルリビタキでにぎやかというわけにはきません。しかし、思いがけず、ミヤマホオジロの群れに出会いました。

写せたのは、ミヤマホオジロ♀。

p3027.jpg



場所を移動して、川田川で、カワセミ。
p3028.jpg



モズ♀。
p3029.jpg



ハシボソのペア。なんか、よりそっているようでいい雰囲気です(笑)
p3030.jpg


  1. 2007/12/09(日) 23:22:32|
  2. ミヤマホオジロ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪のカモ

2007年12月2日(日)

この日は、大阪(淀川)のカモを見にいくことにしました。ガソリン代も高騰しているおり、カモのためになんで大阪まで……と思わないでもなかったですが、ある人から「淀川のカモは大挙して飛ぶ」という話を聞いたです。カモの季節になれば、いちど確かめてみたいと思っていたのでした。

 阪神高速を途中でおり、まず、新淀川河口の北岸に行ってみました。周囲には、大きな工場、住宅があります。

拡大地図を表示

周囲の水路には、ホシハジロがいてますが、すべてお休み中です。
p2902.jpg



場所の移動中、橋の上からカモの群れをみつけました。丁度、目的地にしていた淀川河川敷公園です。徳島とちがい、河川敷に車で降りられる場所は限られています。
 広大な河川敷は、サッカー場やテニスコートが整備されており、たくさんの人がスポーツを楽しんでいました。
 ちょうど、降りた場所では、ボランティアの団体が清掃作業をしていました。

 双眼鏡でみると、ホシハジロにまじりスズガモ。スズガモは、笠岡で、遠くにみて以来二度ぶりです。
p2903.jpg



スズガモ♂。
p2904.jpg



これは、スズガモ♂とスズガモ♂エクリプスですね。
p2905.jpg



こちらは、スズガモ♂とホシハジロ♀。
p2906.jpg



徳島では、吉野川河口で少数がみられるぐらいのスズガモですが、大阪ではこんな近くに普通にいてるんですね。やはり「ところ変われば品変わる」でしょうか。

うしろは、スズガモ♀。前をおよぐのは、スズガモ♂エクリプス。
p2907.jpg



町のほうにカメラを向けてみました。
p2908.jpg



暖かな晴天にめぐまれ、親子ものんびり遊んでいました。

p2909.jpg



そのご、探鳥地ガイドをたよりに、山田池公園というところに行ってみました。

市街地付近にあり、大きな池(上水道の水源になっているらしい)の周囲に遊歩道があり、公園として整備されています。駐車場は有料です。多くの人が訪れており、探鳥会も開かれていました。

しかし、見つけたとりは、ヨシガモぐらい。

池の周囲ではたくさんの人がヘラブナを狙っていました。

p2910.jpg



しかし、この公園でゲットできたのは、遠くのカンムリカイツブリ。
p2911.jpg



ここをあとに、どこに行こうかと考えました。やはり、ガイドブックにある、伊丹市の昆陽池公園にいくことにしました。帰り道途中でもあることですし。
 ついてみると、ここは山田池によりももっと市街地の中でした。町の真ん中の池に、カモ達がやってくるんですね。

 キンクロハジロ
p2913.jpg



ミコアイサの♀もいてました。
p2914.jpg



岸辺には、カルガモ。
p2915.jpg



キンクロハジロ♀。
p2916.jpg



p2917.jpg



キンクロハジロ♂
p2918.jpg



オナガガモ。
うしろろは、換羽中の♂ですね。
p2919.jpg



池をめぐる金網には、カワセミもいてました。
p2920.jpg



ここでも、遠くにカンムリカイツブリ
p2921.jpg



二つの池を一周し、日も西に傾いたころ、帰路についたのでした。
p2922.jpg





  1. 2007/12/02(日) 00:50:16|
  2. スズガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

11 | 2007/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。