dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

近場散策

2008年6月29日(日)

 このところ、二週連続して週末の天気はよくありません。予報が悪いと遠くにでかけるのは、やはり躊躇します。この日は「西日本 大雨」の予報だったのですが、我が家の周辺は 小雨ぱらぱら といったところです。
 近場の散策にでかけました。
 まずは、吉野川の河川敷。着いてみると、セッカやウグイス、ホオジロ、ヒバリたちさえずりでにぎやかです。
 草の上でさえずる ホオジロパパ。
p3457.jpg



草の実をたべるカワラヒワ。
p3458.jpg



下の個体、胸に縦斑があるのは、若鳥でしょうか。
p3459.jpg



セッカはしきりに さえずり飛翔を繰り返し、縄張りをパトロールしています。
ときおり、侵入者ああるらしく、2-3羽でおかっけこをしていました。
p3460.jpg



その後、O神社に向かいました。

 有名になったアオバズク。前回見てから約1月たっています。
今回は、つがいでなく 一羽でます。

p3462.jpg



 よくみると、目にアブがとまってますね。いたくないんでしょうか。人間なら、瞬時に瞬きするところですが。
p3461.jpg



本殿の裏にいくと、さっそく聞こえました。サンコウチョウの「ホイホイホイ」
p3463.jpg



ブルーのアイリングが目立ちます。
p3464.jpg



そのご、D堰に。この時期いつもやってきているコアジサシ。狙いどおり、2-3羽がとびかっていました。
p3467.jpg



川の上空を何回も旋回し、そのうちホバリング。狙いをさだめてダイビングします。
p3465.jpg


獲物(おそらく稚鮎)をげっとしたら、どっかに飛んでいきます。
おそらく、かなり離れた巣でまっている雛に運んでいるんでしょう。
p3466.jpg



同じ川辺で、釣師が 獲物をゲットしました。
p3468.jpg



再び小雨がぱらついてきました。昼飯の時間となり、帰路につきました。


スポンサーサイト
  1. 2008/06/29(日) 08:14:35|
  2. サンコウチョウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蒜山高原(2)


2008年6月15日(日)

 翌朝は、まだ日の出前に宿をでて、大山方面に向かいます。
途中の道脇で。
p3442.jpg



ポイントに到着しました。まだうすぐらく、キビタキやミソサザイ、それにアカショウビンの声も聞こえますが、姿はみえません。
やっと、捉えたミソサザイ。シルエットです。
p3443.jpg



近くに巣があるのでしょうか。
p3444.jpg



苦労して坂道を登ったわりには、鳥果はありません。やっと クロツグミをげっと。「坊主を免れた」というのが、正直な感想でした。
p3445.jpg



その後、大山環状道路周囲のポイントに移動しました。
やはり、耳にするのは、ウグイス。
p3446.jpg



動画もあります

遠くの梢にホオジロ
p3447.jpg



大山の裾野では、牛が放牧されています。
p3448.jpg



しばらくいくと 耳慣れない鳴き声。
しばらくいくと 耳慣れない鳴き声

声だけでも録音して帰ろうとおもったですが、姿を見せてくれました。クロジでした。
p3450.jpg



同じポイントでオオルリ
p3451.jpg



同じくオオルリ♀。
p3452.jpg



もう一度ウグイス
p3449.jpg



大山寺のほうにもよってみました。周囲には、旅館や土産物屋が多く、門前町を形成してします。多くの参拝客でにぎわっていました。
梢の上にイカル
p3455.jpg


大山寺のよこを流れる渓流です。
p3456.jpg



もういちど、蒜山高原にかえり
オオヨシキリ
p3454.jpg


動画もあります


とおくの梢にホトトギス
p3453.jpg



雲行きも怪しくなってきました。
すこし早いですが、帰路につくべく高速道路に向かいました。


  1. 2008/06/15(日) 16:19:11|
  2. クロツグミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蒜山高原(1)

2008年6月14日(土)

 この時期、夏鳥の最盛期なんですが、梅雨の最中でもあります。鳥見遠征は、お天気と相談ということになります。この週末は、大丈夫そうなので、岡山県の蒜山に行ってみることにしました。
 米子や島根にいくとき、通過するサービスエリアです。ICから降りるのは初めてです。
p3438.jpg



ICを降りるとほどなく蒜山の町筋にでます。そこより、北、つまり山側に鳥見ポイントの道の駅があります。

これが、道の駅「蒜山高原」奧には立派なホテルがあります。
p3437.jpg



周囲には、いくつもの公園があり、訪れが人がのんびりくつろいでいます。
p3439.jpg



さっそく、電線の上でさえずる カッコウを見たのですが、カメラを出している間に飛ばれました。

道の駅から、山の方(蒜山三座)に向かう農道があり、この道筋がポイントらしいです。
周囲は、牧草地がひろがり、別荘が点在しています。

p3440.jpg




しかし、時刻が悪いのか、聞こえるのは、ヒヨドリやウグイスの声ばかりです。

ガイドブックによると、電柱にもオオジシギやアカゲラがいてるとのこと。
しかし、げっと出来たは、モズだけでした。
p3441.jpg



そのご、大山の方面に下見に行ってみました。去年 岡山支部の探鳥会に参加した奧大山のポイントが意外と近いので、あす早朝の鳥見は、去年のリベンジで奧大山にすることし、今夜の宿にむかいました。




  1. 2008/06/14(土) 15:02:54|
  2. モズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

剣山

2008年6月8日(日)

 天気予報では、雨ということだったのですが、午前中は結構いい天気です。
すこし遅い出発ですが、剣山に出かけることにしました。

みなさん、天気を心配したのか、登山客はいつもより少ないようです。

登り口の神社(大剱神社)の木の梢でいつもさえずっているオオルリ
p3426.jpg



遊歩道を行くと、やはり一番多く耳にするんは、ウグイスです。いつもは、高い梢にいることが多いのですが、このときは、地上の巣(多分)に降りたあと、しばらく低い枝にとどまってくれました。
p3427.jpg



動画もあります

コゲラがちらちら。
p3428.jpg





祖谷川源流ポイントは、気持ちのいい場所です。コマドリの声が響き渡り、ミソサザイが営巣しているのか、定期的に巡回してきます。
p3429.jpg




ちかくで子育て中のヒガラ。
p3430.jpg



オオルリの声はしきりに聞こえるですが、高い梢のうえなので、なかなか姿を見ることができません。
やっと見通せる場所にいました。
p3431.jpg



動画もあります

これはやや遠い。野鳥たちも、枯れ枝が止まり木としてお気に入りなんでしょうかねえ。
p3432.jpg



途中から雲行きがあやしくなり、午後3時すぎには、雨がぱらぱらしてきました。すこし早めですが、下山することにしました。

途中でみつけたこれ……
p3433.jpg



ハチの巣かなあ……などとおもっていたですが、帰って調べてもわかりません。
某掲示板で、ツリガネタケというキノコであると教えていただきました。 ybird  さんありがとうございました。
p3434.jpg



帰り際、いつものキセキレイ。
p3435.jpg



この付近に営巣している様子でした。
p3436.jpg






  1. 2008/06/08(日) 08:24:24|
  2. ヒヨドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひるがの高原

2008年6月1日(日)

 この日は、前日の土曜日から、岐阜県のひるがの高原に行ってきました。行くまでは詳しい場所をしらなかったのですが、こんなところなんですね。
p3406.jpg



名神の一宮インターから1時間ちょっと。盆踊りで、有名な郡上八幡のちょっと北といったところでしょうか。

自宅から、休憩時間もふくめ約5時間半で到着でした。

ひるがの高原はこんな場所です。昔は多くが湿地であった場所が別荘地として開発され、草地の間に点々と別荘あるという光景です。

翌朝、この地図にある、湿原植物園のわきから ひるがのキャンプ場方面に向かい、徒歩で探鳥を始めました。
p3407.jpg



コムクドリ。この場所で、繁殖している様子です。探鳥ガイドによると、ムクドリと棲み分けでいるとのことでした。
p3408.jpg



別荘地の庭先にちらちらしているのは、モズでした。
p3411.jpg





おどろいたのは、これ。
最初、カワウが二羽とんでいるのかとおもいました。いやまてよ、山奥の高原にカワウがいてるだろうか。カルガモかなあ。とおもっていると、運良く近くの別荘の屋根に止まってってくれました。オシドリです。この周囲で繁殖してるんでしょうね。

オシドリというと、池や川で浮かんでいるのしか見たことがありません。屋根の上のオシドリは初めてです。

p3409.jpg



p3410.jpg



しばらく歩くと、別荘地わきの電柱で見つけました。お目当ての、オオジシギです。

p3412.jpg


p3413.jpg



これは、もう一度もどできたときの写真です。かなり陽が高くなっています。同じ電柱でおなじように囀っていました。
p3414.jpg



動画もあります

しばらく観察を続けましたが、ディスプレイフライトを見ることはできませんでした。

早朝、民宿を出たときから、キジの声をいたるところで聞きました。
これは、道路にでてきたキジ。
p3415.jpg



お立ち台に陣取っています。民家の庭先のような場所です。
p3416.jpg



ほろうち を始めました。
p3417.jpg


p3418.jpg



動画もあります


別荘地の案内看板。
「ひるがの」とは昔は「蛭」ガ野だったんですね。湿地で蛭がおおかったんでしょう。
ちなみに、有名な、岡山県の「ひるぜん」は 辞書をしらべてみると、
--------------------
【蒜】
ひる。草の名。葉は細長く、花は白くて、かすかに紫がかっている。地下茎も葉も食用
にする。強いにおいがある。のびる。
-----------------------
とのことです。
p3419.jpg



ひるがのの別荘地。
p3420.jpg



しばらくいくと、カッコウが遠くの木にとまっていました。
p3422.jpg



キャンプ場付近でうつしたキセキレイ。いたるところにいました。
p3423.jpg



その後、国道沿いまで帰ってきました。
商店や民宿の間の空き地のようなところにも、キジがお立ち台の上にいました。
なんか、「置物」みたいですね。

p3424.jpg



これは、分水嶺公園。
この場所を境に、右は日本海、左は太平洋に水が流れるそうです。
p3421.jpg



車ですこし離れた場所の林にも行ってみました。キビタキがいた程度で、クロツグミはげっとできません。

イカル
p3425.jpg



正午をすぎると、鳥の声も極端にすくなくなってしまいました。
予定より少し早めに鳥見を切り上げ帰路につきました。


  1. 2008/06/01(日) 08:16:53|
  2. オオジシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

05 | 2008/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。