dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鳴門山

2008年9月23日(火)

 この日は、ひさしぶりに鳥見ができます。朝めざめると、快晴。迷わず行き先は「鳴門山」と決めました。
 展望台についてみると、考えることはみな同じ。大勢のバーダーでにぎわっていました。しかも、この日は野鳥の会 徳島県支部の 鷹見探鳥会の日でもあったのです。
 
 ついて間がない時期に、飛んだオオタカ。
しかし、自分ではなかなか識別できません。年に2-3回では、忘れてしまうのです。

p3592.jpg



なんと、チゴハヤブサ。
この翼の形は見覚えがあります。前回も(16年9月)、四方見での鷹ウォッチングでした。
p3593.jpg



ハチクマ
p3594.jpg



サシバ。なんと展望台の真上で、帆翔してくれました。ベテランに聞いても、こういうことはめったにないそうです。
p3595.jpg



やはり鷹は 見てて ほれぼれする姿をしてますね。

p3596.jpg



ハチクマ。
p3597.jpg




スポンサーサイト
  1. 2008/09/23(火) 21:10:07|
  2. チゴハヤブサ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

佐賀県 大授搦

2008年9月14日(日)

 連休初日、この日は、大授搦に行きました。昨年もこの連休は大授搦でした。
http://dcken.blog12.fc2.com/blog-date-20070916.html

去年の連休は、満潮が正午前の中潮という最高のタイミングだったのですが、今回は 満潮は午前9時、大潮です。

 そこで、午前6時には現地につくように早朝出発しました。
 午前六時をすぎると、やっと周囲が明るくなりました。シギチは遠くの方をスコープで覗くといました。シロチドリでしょうか。
p3560.jpg




まだ鳥たちも休んでいるのか、嘴が見えません。
オバシギかも。
p3561.jpg



シロチドリ
p3562.jpg



ダイゼン、夏羽、冬羽
p3563.jpg



ダイサギ。
p3564.jpg



メダイチドリ(幼鳥)
p3565.jpg



ハマシギ
p3566.jpg



オバシギとダイゼン。
p3567.jpg



メダイチドリ幼鳥
p3568.jpg



アオアシシギの小群
p3569.jpg


p3572.jpg



ダイシャクシギ
p3570.jpg



トウネン。トウネンやシロチドリなどは、潮が満ちてくると、この場所には居られないのか、どこかに飛び去ります。
p3571.jpg


p3574.jpg




ソリハシシギ
p3573.jpg



オバシギとハマシギ。この写真では、コオバシギの存在ははっきりしません。
p3575.jpg



ホウロクシギとダイシャクシギ。潮が満ちてきて、水深が深くなると、この二つがだけになります。
p3576.jpg



p3577.jpg



p3580.jpg



ホウロクシギの群れに、オグロシギが混じっています。
p3578.jpg



シギチの中に、カモ一羽……どうも、シマアジのようです。
p3579.jpg



この日はオオシオのため、午前9時をすぎると、見る間に潮が引いていきます。
そうすると、干潟が姿を見せ始め、ハマシギなどの小さなシギチがやってきます。
メダイチドリ。
p3581.jpg



後ろ姿は、キリアイですね。
p3582.jpg



潮が満ちてくると、居場所をさがすためか、シギチは群れで飛び立ちます。
白い腰に黒い尾 がめだつこのシギは、オグロシギですね。現地ではわからず、自宅に帰って図鑑をみてわかりました。
p3583.jpg



ダイゼンとハマシギ。これだけの群れの飛翔が見られるのも、大授搦ならではです。
p3584.jpg



高くをとぶシギチ。ホウロクシギやオバシギも混じっているのかも。
p3585.jpg



水面ちかくを飛ぶダイシャクシギ。
p3586.jpg



シギチの群れが猛禽に追われています。
p3587.jpg



追っているのは……ハヤブサでした。
p3588.jpg



ダイシャクシギとホウロクシギ。
p3589.jpg




潮が引き初め、水深が浅くなると、また帰ってきます。
p3590.jpg



p3591.jpg



  1. 2008/09/14(日) 22:03:45|
  2. ダイシャクシギ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

9月の蓮田

2008年9月6日(土)

 この日、昼から 蓮田にでてみました。久しぶりに雨があがり、日差しは強かったですが、心なしか風は涼しくなっているように感じられます。
 
 まだ、レンコン畑は 刈り取りがはじまっていなのが多く、大きな葉っぱば風にゆれいます。たまに、「休耕」していると思われる田んぼに、ぼちぼちとシギチが見られます。
 
数羽のシギチ発見。しかし、遠いので、フィールドでは何の種類かはっきりしないことが多いです。何だろう? と 思いながら、眺めるのも、シギチ探鳥の楽しみです。

 どうも、タカブシギとソリハシシギ(2羽)のようです。
p3551.jpg



少し ズーム。
p3552.jpg



そこに加わったのは、キアシシギですね。スリーショット。
p3553.jpg



これは、タカブシギ二羽とキアシシギ。
p3554.jpg



ポイントを変えて、コアオアシシギ。
p3555.jpg




p3556.jpg




コサギ。
この時期、コサギの嘴は、こんな色をしてるんですね。
p3557.jpg




違うポイント。蓮の葉陰でやすむアオアシシギ。
p3558.jpg



同じくタカブシギ。
p3559.jpg





  1. 2008/09/06(土) 07:31:06|
  2. コアオアシシギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

08 | 2008/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。