dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

近場探索

2008年12月28日(日)

 このところ、日曜の探鳥は、まず裏山へ。というパターンになりました。車で10分ほどの山です。このポイントは、12月下旬から1月にかけての冬鳥の季節が一番にぎやかになります。(もちろん、さえずりは聞こえませんが)


車をおりて、山道を登っていくと、道路わきに、なにかいます。双眼鏡でみると、ミヤマホオジロでした。ちかづくと、遠くに行ってしまいます。
p3734.jpg



道脇のしげみをちらちらしているのは、ジョウビタキ♂でした。
p3735.jpg



ジョウビタキ♀も。
p3736.jpg



p3737.jpg



前回から数回見ていたのですが、写真に撮れたのは、今回初めてのような気がします。ルリビタキ。
p3738.jpg



すこし離れた茂みにアオジ。なかなか、茂みからでてきません。
p3739.jpg



梢には、常連さんのカワラヒワ。
p3740.jpg



p3741.jpg



ホオジロ。この時期のホオジロは、囀りません。ちっちっと地鳴きを残しながら、やぶからやぶへと移動します。

p3742.jpg



諸般の事情で一旦鳥見を終了。午後から、善入寺島にでかけました。
とくに、かわった鳥はいなかったですが、
モズ
p3743.jpg



タヒバリ
p3744.jpg



夕暮れ近くになり、遠くをハイイロチュウヒが飛びました。
p3745.jpg



本日は、これにて終了です(笑)


スポンサーサイト
  1. 2008/12/28(日) 00:23:34|
  2. ハイイロチュウヒ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

近場探索

2008年12月21日(日)

この日も近くの山にです。常連の、ヒヨドリやメジロ以外に、この冬は、シメをよく目にするように思います。梢にとまっている鳥があれば、シメのことが多いです。
p3726.jpg



p3727.jpg



たまには、常連のヒヨドリも。センダンの木にやってきています。
p3728.jpg



その後おきまりのコース、日開谷川へ。

これは、コガモの♀でしょうか。
♂のカモは特長があるので区別がつきますが、地味な♀はなかなか識別が難しいです。
p3729.jpg




これは、オナガガモの♀……
p3731.jpg



その後、善入寺島へ。
タヒバリ。
p3732.jpg



p3733.jpg


  1. 2008/12/21(日) 20:18:09|
  2. タヒバリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地元でトモエガモ

2008年12月14日(日)

 野鳥の会、徳島県支部のT氏から、阿波学会の野鳥調査に参加しないかとお誘いをうけました。自分でできるか、自信はなかったのですが、思い切って参加することにしました。今月 つまり12月から来年11月までです。

阿波町内ということになると、思いつくポイントは数えるほどしかありません。まずは、日開谷川に行ってみました。ここは、ヒドリガモやマガモは多いのですが、それ以外には、カルガモ、コガモ。まれに、オナガガモぐらいしか見たことがありません。また、狩猟が解禁されると、一斉にカモたちがどっかに行ってしまったこともありました。
 今年は、この時期にもたくさんのカモたちがいます。禁猟区に設定されたのでしょうか。

双眼鏡で、川面を見ていると、カルガモにまじってな、なっとトモエガモ発見。わが目を疑いました。
p3712.jpg



トモエガモ♀にマガモ♂が話しかけている見たいに見えます。
p3713.jpg



雌雄のショット。
p3714.jpg



その後、目の前にとまったカラスを写しました。ちゃんとみると、ハシボソに混じってハシブトも居てるうんですね。割合にすれば、ハシボソ8に対してハシブト2ぐらいでしょうか。
帰ってPCで画像をみると、瞬膜らしいのが写ってました。完全に真っ白の(右)のあれば、一部白いのもあります。このふたつとも瞬膜らしいです。真ん中の一部白いのは、瞬膜が閉じている途中を写したのでしょうか……。
p3715.jpg



ハシブトガラスにも同様の状態が観察できます。
p3716.jpg



そのご、最近話題なっていたK町のナベヅルを見に行くことにしました。昨シーズンはわが阿波町で越冬したのですが、今年は、すこし離れたこの町で目撃されています。
いました、5羽です。左から二羽目と一番右が幼鳥のようです。
p3717.jpg



左の二羽。
p3718.jpg



成鳥。
p3719.jpg



右側にいた幼鳥。
p3720.jpg



最初に、左の二羽が飛び立ち、右の三羽も、近くに犬を連れた人が通りがかり飛んでしまいました。
p3721.jpg



遠くへいかず、近くに降り立ったようです。
p3722.jpg



その後時間があったので、O神社に行ってみました、ねらっていたルリビタキや、アトリはまだ来てませんでした。

近くに小さなため池があり、そこの鴨たちがいてました。
この辺ではめずらしい、ヨシガモ。
p3723.jpg



ホシハジロ
p3724.jpg



どうもこれは、ヨシガモ♀のようです。翼鏡は緑色でした。
p3725.jpg



この日の観察では、トモエガモを含め阿波町内では、13種類でした。
地元も捨てたものではない と見直した一日でした。


  1. 2008/12/14(日) 08:09:29|
  2. トモエガモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

島根県斐伊川河口

2008年12月7日(日)

 この日は、前日土曜から一泊で島根県に行ってました。しばらく前からニュースにもなってた ハクガンが狙いです。

実は、その前の笠岡干拓地で、通りがった広島県の鳥見人、「斐伊川はいいよ。ベニヒワもいてたよ」という話を聞いていて、「それじゃ」とおもったのでした。

 いつものように土曜の午後から出発ですが、そのままでは、ホテルに早くつき過ぎるので、根雨の日野川によりました。米子道を通るときは、いつもこのパターンです。

何回も行ってるので、なじみの場所なんですが、オシドリたちがいてくれると、なぜか、うれしくなります。

p3688.jpg



中国山地の山間にあるので、いつきても寒いです。
p3689.jpg



今回は、松江駅前のホテルにとまりました。翌日、夜明けをねらって斐伊川河口へ。
いました、以外と簡単にゲット。

斐伊川の中、塒たちまえのマガンの群れの中に、ハクガンが休んでいました。

雲の切れ目からの朝日をあびたハクガン。
p3690.jpg



そろそろでかけようかな……といったところでしょうか。
p3691.jpg


その後、陽が高くなるにつれ(午前8時ごろがピーク)マガンたちは、三々五々 数10羽の集団になり、エサ場へと飛び立ちます。
p3692.jpg



p3695.jpg




おっと、これはハクガンも混じってます。
p3693.jpg



p3694.jpg



コハクチョウたちも……。どこに行くんでしょう。
p3696.jpg



何回みても、飛ぶ白鳥は美しい。
p3697.jpg



マガン。
p3698.jpg



p3699.jpg



p3700.jpg



何回みても、このマガンの塒たちは「島根県までくる値打ちがあった」と思わせてくれます。

p3701.jpg



p3702.jpg


その後、宍道湖グリーンパークの指導員さんに教えてもらい、斐伊川を少し上流の方にいき、西代橋に行ってみました。

約50羽程度のヒシクイの群れを発見。河川敷の草地で採餌中でした。
p3703.jpg



昼過ぎからは、また灘橋の下流右岸、コンクリート工場近くで、マガンの群れを観察します。狙いは、おわかりですね。
p3704.jpg


マガン1000羽のうち、一羽混じっているというカリガネです。しかし、マガンたちも おなか いーぱいなのか、目を閉じて休んでいる個体が多く 黄色いアイリングをたよりに探すのは難しいです。
p3705.jpg



マガンの群れの周囲にカラスの群れ。よくみると、ミヤマガラスでした。
p3706.jpg



点在している群れを探しているうち、中にハクガンがいる群れを発見しました。
しかし、お腹が空いているのか、食事に夢中で、なかなか頭を上げてくれません。
p3707.jpg



やっとあげてくれました。黒いマガンの群れの中の白いハクガンは目立ちます。
p3708.jpg


p3709.jpg



帰る時刻がせまってきました。これも、指導員さんから得た情報ですが、松江の近くの田んぼにコハクチョウの群れがあり、そこにアメリカコハクチョウがいてるとのことでした。

教えてもらったポイントにいくと、場所はすぐわかりました。

100羽ちかく、コハクチョウが居てます。
嘴の様子が周囲のコハクチョウとはちがう、もちろんオオハクチョウとも違う個体がいます。
p3710.jpg



アメリカコハクチョウ。コハクチョウの亜種としている図鑑も多いですが、「種」としている図鑑もあります。

p3711.jpg



今回の遠征では、ハクガン、アメリカコハクチョウの2つのライファーを追加することができました。夕暮れが近くなり、帰路についたのでした。




  1. 2008/12/07(日) 08:43:33|
  2. ハクガン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

11 | 2008/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。