dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

近場めぐり

2009年8月23日

石垣島で、シギチ鳥見の楽しさを思い出してしまい、この日も近場の蓮田などを散策することにしました。
 しかし、徳島市周辺の蓮田はまだ 蓮の葉がしげっており、ほとんど鳥をみることができません。たまに見かけるのは、ケリぐらいでした。

p4098.jpg




p4099.jpg




ケリのむこうに、お休みモードのアオアシシギ。
p4100.jpg



吉野川河口へ。

ダイゼン。
p4101.jpg



メダイチドリ。
p4102.jpg



足のながさ、クチバシの大きさなどから、オオメダイチドリのようです。
p4103.jpg



その後、帰宅にするには中途半端……ということで、香川県のM干拓地まで足をのばしました。休日の高速1000円はありがたいです。

しかし、干拓地についてみると、いつもの交差点はいたるところに、警察官やガードマンがでており、干拓地への道路に侵入できません。この日、

トライアスロン大会がこの周辺で開かれているのでした。

干拓地に入るのに苦労しましたが、西のほうまでいくと、海岸にでる道路は封鎖されておらず、そこから、干拓地に入ることができました。

しかし、ここでも、稲刈はおわっておらず、水たまりのある田んぼはほとんどありません。

一カ所だけ、トウネン、ムナグロなどのがあつまっている田んぼがひとつだけありました。

トウネン。いつみても、ちょこましてかわいいです。
p4104.jpg



この地でトウネンをみると、ひょっとしてヘラシギはまじってないかと思います(笑)
p4105.jpg



鳴き声などから、ムクドリだと思う群れが採餌していました。
p4106.jpg



しかし、双眼鏡でみると、いままで見たことがないムクドリでした。
どうも、幼鳥のようです。
今まで、見る機会がなかったのか。見ていても、気づかなかったのか……。

p4107.jpg



上面、下面とも褐色がかっていて、クチバシも成鳥のような、オレンジ色ではありません。
今日の収穫は、ムクドリ幼鳥……ということで帰路につきました。


スポンサーサイト
  1. 2009/08/23(日) 17:02:22|
  2. オオメダイチドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石垣島(3)

2009年8月16日

石垣島探鳥3日目。最終日です。今日の午後3時の飛行機で帰らねばなりません。
最終日はどんな鳥とであえるか……。今日もホテル前で、M氏の車をまちました。
 昨日の「キンバト」。二匹目のドジョウをねらって、林道にはいりました。
 しかし、道路上でうろうろしているのは、キジバト(リュウキュウキジバト)ばかり。
林道を降りてから、道路脇の木立や電線にズアカアオバト。奄美大島の経験から、ズアカアオバトは、深い森の中……という印象をもっていましたが、石垣島では平地、しかも電柱など、開けた場所でもよく目にしました。
p4073.jpg



枝かぶりが残念。
p4074.jpg



サンコウチョウの声がしたので、道路脇の茂みをさがしていると、M氏がリュウキュウコノハズクを見つけました。さすがです。私では、決して見つけることはできません。
p4075.jpg



これも、奄美大島のナイトウオッチングで見て以来です。夜行性の鳥で、今の時間帯は、眠いんでしょうね。
p4076.jpg



農地にでました。なんと、トラクターに取り付けたパラソルの上にカンムリワシ。
p4077.jpg



羽をふるわせ、羽繕い?
p4078.jpg



農地に降りてくれました。
p4079.jpg



農地の中にキジハケーン。
コウライキジだそうです。図鑑によると、本州に生息しているキジの亜種としているものと、独立した種としているものもあります。コウライキジは、朝鮮半島由来だそうです。キジは、狩猟用に放鳥されることが多く、野生種なのか、どこかに人為が加わっているのか難しいのでしょう。

コウライキジ。クビの白帯が特徴です。
p4080.jpg



農地をまわり、バンダ公園へ。なんと入り口、道路脇の擬木にアカショウビンが休んでいます。
おりからの朝日をあびて、羽毛がひかっています。
p4081.jpg



デジスコでどあっぷ写真。
p4082.jpg



再び田んぼ。
オオジシギ。
p4083.jpg



p4084.jpg



なんと、この場所にはツバメチドリがいてました。初日にちらと見たのですが、今回はじっくり撮影できました。
p4085.jpg



ムラサギサギの幼鳥。
p4086.jpg



市街地のほうにむかいました。街路樹の生け垣の間に、シロガシラ。
沖縄本島にいるシロガシラは、外国からの移入種なのですが、石垣島のシロガシラは、本来この地に生息しているもので、日本の野鳥「種」としてみとめられているそうです。ということで、ライファーです。
p4087.jpg



昨日夕暮れ、オオアジサシをみた港。同じ場所にオオアジサシがいてました。頭の様子から別個体のようです。
p4088.jpg



市街地で、昼飯を食べたあと(ソーキソバ)最後の探鳥。
田植えが済んだばかりの田にオオジシギ。
p4089.jpg


石垣島の田では、二期作が行われており、なかには三期作の農家もあるとのこと。そのため、その地域でも、水がはってある田、かなり稲が成長している田。まだ、耕している最中の田など、変化に富んでいます。徳島のように、一斉に田植え、一面の青田という感じではありません。常に多様な環境があるため、多様なシギチを観察できるのでしょう。
p4090.jpg



ヒバリシギ。
p4091.jpg



上の撮影時刻は、16日の13時54分となっています。このポイントを最後に、石垣空港へと向かいました。
楽しかった 石垣島探鳥もおわり。M氏にお礼を述べて那覇行きの飛行機に乗り込んだのでした。


  1. 2009/08/16(日) 08:49:14|
  2. オオアジサシ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石垣島(2)

2009年8月15日

石垣島の探鳥2日目です。早々とホテルの朝食をすませ、玄関前でMさんの車を待ちます。
 今日も、パンナ公園から回り始めます。
公園内の芝生にズグロミゾゴイ。こんなところに居てるんですね。水田とか、湿地にいてるのかとなんとなく想像していました。ライファーです。
p4046.jpg



この近くでは、オオクイナの鳴き声も教えていただきました。しかし、姿はみえず。通常、深い茂みの中にいて、姿は地元の人でもあまり目にできないそうです。

ズアカアオバト。おしりだけしか写っていません。ハゼの実を食べにきているんですね。
p4047.jpg



しばらく行くと、公園内のモニュメント(時計台)にカンムリワシがとまっているのをみつけました。
p4048.jpg



青空を背景にかっこいい!
p4049.jpg



もう一枚(笑)
p4050.jpg



公園内にリュウキュウサンショウクイ。石垣島では、留鳥だそうです。
p4051.jpg



たしか、前回の奄美大島では、姿はみましたが、写真にはとれなかったと記憶しています。
これは、今年生まれの幼鳥ですね。
p4052.jpg



亜種イシガキヒヨドリ。
p4053.jpg



亜種なので、ライファーにはなりません。初撮りです。
p4054.jpg



これも、初撮り。リュウキュウシジュウカラ。
本土のシジュウカラは、上面がオリーブ色ですが、リュウキュウシジュウカラは、灰色をしています。Mさんは「モノトーン」とおっしゃってました。
p4055.jpg



そのご、バンナ公園裏の林道にはいります。ねらいはキンバト。
落ち葉のつもった林道を歩いていました。キンバト。ラッキーでした。Mさんも「年に数回しか見ることができない」そうです。残念なのは、車のガラス越しの撮影です。
p4056.jpg



そのご、バンナ岳をおりて、水田にむかいます。
昨日はいなかったセイタカシギが入ってます。この時期、石垣の水田のシギチは「日替わり」だそうです。
p4057.jpg



トウネン。どこでみてもトウネンはかわいい。大好きなシギチです。
p4059.jpg



ムラサキサギ。けっこうあっちこっちでみかけます。これは、幼鳥です。
p4058.jpg



この日は、そのごアジサシポイントに向かいました。スクジビーチ方面です。
海岸の岩場にいました。エリグロアジサシ。求愛給餌のようです。(右が♂、左が♀かも)
p4060.jpg



エリグロアジサ。下にいるのは、幼鳥ですね。暑さのためなのか、どの鳥も口をあけています。
p4061.jpg



青空をバックにエリグロアジサ。
p4062.jpg



p4063.jpg



南国の鳥 という感じですね。
p4064.jpg



沖の岩場では、ベニアジサシ。
p4065.jpg



途中、新しい空港の建設現場に立ち寄りました。広い新空港の建設は、島民全員の願いだだそうです。サンゴはもちろん、生息する希少生物に配慮をしながら、工事をおこなっているとの説明パネルがありました。
p4067.jpg



ふたたび海岸にでました。
ミサゴ。
p4068.jpg



石垣島では、ミサゴは冬鳥として本州からやってくるものが多いそうです。

クロサギ。
p4069.jpg



夕暮れ近くなり、農道をあるいて逃げるシロハラクイナ。
p4070.jpg



夕暮れが近くなり、港に立ち寄りました。

オオアジサシが飛んでいました。ラッキー。
p4071.jpg



沖の筏にとまってくれました。
p4072.jpg



石垣の日暮れは遅いです。上の写真は午後7時の撮影です。
この撮影を最後にこの日の探鳥はおわりました。




  1. 2009/08/15(土) 21:20:55|
  2. キンバト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石垣島(1)

2009年8月14日

今年の盆休みは、石垣島です。6月の戸隠から長いブランクになってしまいました。暑さのため、鳥もいなだろうということもありましたが、仕事場でのパソコン環境の整備などに追われていたのが一番大きな原因です。
 この日は、早朝に自宅を車で出発。関空から沖縄への第一便にのりました。

10時過ぎには、那覇空港に到着です。ここで、1時間弱の待ち合わせで石垣行きにのりかえます。沖縄にくると、空の色がちがいます。南国に来た!という印象です。

p4007.jpg



正午前に石垣到着です。空港で、珊瑚礁の魚が迎えてくれました。

p4008.jpg



こんかいはM氏にガイドをお願いしました。氏は野鳥写真家 イラストレーターとして有名で、多くの著書も著しておいでます。
まずは
バンナ公園に向かいます。公園内は、種々の施設が整備されており、しかも野鳥の鳥影の濃いところでした。広大なため、車で移動します。

公園からの眺め。
p4009.jpg



まず、オサハシブトガラス。本土のハシブトガラスとはひとまわりも二回りも小さいカラスです。キジバト大というと言い過ぎですが、キジバトと本土のカラスとの中間ぐらいの大きさと言えばいいでしょうか。「かわいい」という印象です。

もうひとつの特徴は、「口の中がピンク色」……カラスの口の中までいままでは、考えたこともなかったです。
p4010.jpg



公園内ではやくもでました。リュウキュウアカショウビン。一昨年の奄美大島以来の対面です。
p4011.jpg



昼過ぎでかなり気温も高い時間帯ですが、頻繁に姿を見せてくれました。
p4012.jpg



p4013.jpg



同じく公園内の リュウキュウキジバト。胸の部分が褐色味があるとのことです。
p4014.jpg



公園を降りて、麓に広がる水田に向かいました。この周囲は、シギチの宝庫。野鳥端境期の徳島では考えられないことでした。この時期、石垣島に来てよかったとおもいました。

これは、シロチドリ。
p4015.jpg


キアシシギ
p4016.jpg



コアオシシギ
p4017.jpg



田んぼの畦にいてました。ムラサギサギ。ライファー一号です。口を開けているのは、暑さ対策でしょうか。
p4018.jpg



ヒバリシギ
p4019.jpg



タカブシギ。このタカブシギがもっとも目にする機会が多かったです。
p4020.jpg



リュウキュウヨシゴイ。
一昨年 沖縄本島で見た個体と印象がちがいます。こちらは、♀または幼鳥なのかもしれせん。
p4021.jpg



アカアシシギ。
p4022.jpg



ポイントを移動して別の水田で、クロハラアジサシ。ライファー2つ目です。
p4023.jpg



優雅に水田の上を飛び、ときにホバリングをしながら、餌をさがしています。
p4024.jpg



p4025.jpg



p4026.jpg



畦の杭に止まってくれました。デジスコの出番です。
p4027.jpg



p4028.jpg



この近くで、な、なんとタマシギのペア。
p4029.jpg



この鳥も数年来の念願した野鳥です。石垣で出会えるとは。オシドリ夫婦という言葉がありますが、婦唱夫随、オシドリよりもオシドリ夫婦です。

p4033.jpg



タマシギ♀。水のある田を乾いた田を行き来しているようでした。
p4031.jpg



p4034.jpg



ちかくには、なんと オオジシギ。
p4030.jpg



オオジシギというと岐阜県のひるがの高原でであって以来です。本州では高原や北海道などに居てるらしいですが、石垣島では平地の水田にいてます。

本州で子育てを終え、これから、はるばる南半球まで旅をする途中とのことでした。

ここにもいました。ムラサギサギ。
p4035.jpg



市街地を抜け、新川(あらかわ)の河口。
クロサギ、白色型。
p4036.jpg



オオメダイチドリ。Mさんに教えてもらわねば、見落としていたかもしれません。ライファーです。
p4037.jpg



メダイチドリに比べ、クチバシ、足とも長いのが特徴です。
p4038.jpg



中州には、コアジサシ。(成鳥&幼鳥)

p4039.jpg



午後6時にはっても、周囲は真昼のように明るいです。石垣島は 日本の西のほうに位置するため、日没が遅いのですね。

もういちど、林道のほうに向かいました。

リュウキュウアカショウビン
p4040.jpg



道脇の樹木に止まっていました。
カンムリワシ。もちろんライファーです。
p4041.jpg



p4045.jpg


電線にリュウキュウツバメ
p4043.jpg



最後に、牧草地をの間にシロハラクイナをみつけました。
こちらに気づくと、一目さんに逃げていきます。
p4044.jpg



これで、本日の探鳥は終了。ホテルへと向かったのでした。


  1. 2009/08/14(金) 13:15:23|
  2. ムラサキサギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

06 | 2009/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。