dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仙台苫小牧航路(2)

2010年10月11日(月)

翌朝は快晴。日の出前にデッキにでました。
P4843.jpg




今回は、昨日ご一緒したバーダ氏と別に二人のバードウオッチヤーが乗ってます。
お一人は、かなりのベテランで、昨日は八戸-苫小牧航路を利用していい鳥見ができたとのことでした。

しばらく4人で海面を見つめていましたが、昨日のバーダ氏が、なんと船尾近くのデッキにコアホウドリが「乗船」しているのに気づきました。

全員急いで駆けつけます。はじめは飛ばさないように、伸張に写しました。
P4844.jpg



つかれているのか、けがをしているのか。どうもそんな気配がありません。海も穏やかで、フェリーに「避難」してきたとも思えません。ただの「無賃乗船」でしょうか。
どちらにしろ、うれしいライファーです。

P4845.jpg



近くを他の乗船客が通りすぎても飛び立つ気配はありません。かなりリラックスモードのように見えます。
P4846.jpg



朝日があたり海面はマリンブルーに輝きます。
昨日とちがい、目にする海鳥はほとんどがオオミズナギドリです。
P4847.jpg



P4848.jpg



しばらくして、オオミズナギドリとは明らかに違う黒っぽい鳥に遭遇しました。
昨日と同じ、ハジロミズナギドリか ともおもいましたが、昨日のハジロミズナギドリとはかなり違うようにも見えます。
 P4849.jpg



翼の白斑の様子が、昨日のハジロミズナギドリとは違うように見えます。
図鑑に解説にある「初列風切基部の羽軸が白い」という記載に合うように思います。クチバシの基部の白い部分も昨日のハジロミズナギドリとは違うように見えます。
 迷いましたが、個人的にクロアシアホウドリとしました。図鑑の記載と違う点は、図鑑では「目の下の部分が白い」とありますが、私の写真でははっきりしません。
P4849.jpg



クロアシアホウドリとハジロミズナギドリの最大の違いは大きさ。前者が78.5センチ、
後者が40センチ。しかし、私の写真ではそれぞれ単独で写っており、他に大きさを比較できるものがない洋上の写真なので、識別のポイントにはなり得ません。

P4850.jpg



翼下面の白斑があるようにも見えます。ないようにもみえます。
P4851.jpg



午前10時すぎに仙台港に到着。昨日、苫小牧を案内してくださったバーダー氏にお礼をいい、私は仙台駅へと向かいました。

仙台駅についたのが11時前。帰りの飛行機はまだかなり時間があります。ガンで有名な伊豆沼に行こうかとおもい駅の案内で質問してみましたが、仙台駅からはかなりの距離があり、しかも便数を少ないため、時間的に無理があるようです。

そこで、仙台駅近くの青葉城公園に行くことにしました。
青葉城公園は、伊達政宗が築いたお城のあったところです。タクシーの運転手さんに聞くと、明治維新のとき、仙台藩は、会津藩とともに幕府側についたため、お城はのこっていないとのことでした。

ついてみると、徳島の城山によく似ています。小高い山全体は観光スポットになっているらしく観光客の車の列が続いています。
お城の周囲には、狭いお堀があり、周囲にはテニスコートや博物館がありました。

のんびり山道を登っていくと、コゲラが熱心に巣穴を掘っていました。
P4852.jpg



P4853.jpg



山の頂上。伊達正宗候の像があります。
P4860.jpg



P4854.jpg



頂上から眺めた仙台市街。
P4859.jpg




仙台のヤマガラ。
P4855.jpg



おなじく水浴びしているスズメ。
P4856.jpg



帰り際、お堀にオシドリを見つけました。ネットをしらべてみると、ここに周年いついている個体のようです。
P4857.jpg



P4858.jpg



城山をゆっくり散策したあと、仙台駅に向かい、電車で仙台空港へとむかいました。

フェリーからの洋上ウオッチングというのは初めての経験でしたが、楽しい鳥見ができました。次回は連休をねらって大洗-苫小牧航路もいいな。時間がなければ、八戸-苫小牧航路も有望です。


スポンサーサイト
  1. 2010/10/11(月) 21:31:41|
  2. コアホウドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仙台苫小牧航路(1)

2010年10月10日(日)

フェリーに乗って海鳥ウオッチング。これは、茨城県の大洗港から北海道の苫小牧に向かうフェリーが有名です。10月の連休は、これに乗れないかと、飛行機の時刻表、フェリーの時刻表を調べてみました。しかし、土曜午前の仕事を終え、羽田まで飛行機、そこから電車を乗り継ぎ大洗港に向かうには時間に余裕がありません。
 多くの外洋フェリーは、出港1時間前には、乗船手続きをすませていなければなりません。
 同じような、フェリーが仙台から出ていることに気づきました。仙台からなら、伊丹から飛行機で行けばかなりの余裕をもって間に合いそうです。
http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/koro/koro01.html
 伊丹-仙台の飛行機を利用するのは、今年の夏、蔵王に行ったとき以来二回目です。
仙台空港についたころには、すでに周囲は薄暗くなっており、タクシーで仙台港に着いたときには、あたりはまっくらでした。
 出発まで1時間半ほどの余裕があり、ゆっくり乗船手続きをすることができました。
 フェリーは、いままで見たこともないような大きさでした。暗いため、写真はありません。

乗船するとすぐに、夕食の案内が始まりました。
 乗客のすべてが、船内のバイキング形式のレストランを利用するようになっているようです。

これが、フェリーでの晩飯です。食べ始めたころ、ドラの音とともに出港しました。
 P4823.jpg



バイキング形式ですが、ステーキを焼いてくれるシェフが乗り込んでいます。
このステーキはお変わり自由(笑)
P4821.jpg



すこし飲んだ、いい気分になり、ベッドで横になっていると、この日は「無料のミュージックショウがある」とのこと。行ってみることにしました。
これが、船の中? と思えないような立派なホールがあり、生バンドの演奏がきけます。
P4822.jpg



翌朝は残念ながら雨。それもかなり強く降っています。しかし、船の中から窓ガラス越しには、鳥見はできません。雨に濡れないところをさがしまわって、やっと見つけました。船尾にちかいところに屋根つきのデッキがありました。しかも、すでにそこには、ジンバル雲台をつけたゴーヨンがおいてありました。
この大きな船の中に、同じ目的で乗船してるひとがいてると思うとうれしくなりました。

P4824.jpg



話を聞いてみると、野鳥に詳しく、また全国の探鳥ポイントをご存じでした。徳島にも来たことがあるそうです。

雨の中、観察できたのは黒っぽい海鳥。ハジロミズナギドリ、ライファーです
P4825.jpg



P4826.jpg



あとは、カモメの仲間たちでした。
P4828.jpg



北海道が近づくにつれ、フェリーや貨物船とすれ違います。
P4827.jpg



P4829.jpg



苫小牧が近づくと海の上に構造物が見えました。
どうも、石油荷役用の施設かと思われます。
帰って調べてみると、苫小牧には、大きな製油所があります。
P4830.jpg



10日の午前10時すぎ、苫小牧港に着岸しました。

これが乗ってきたフェリーです。
P4832.jpg



フェリーターミナルから写しましたが、広角レンズでも大きすぎてフレームに入りません。
P4831.jpg



フェリーターミナルの中の様子です。
このターミナルから、大洗行き、仙台行き、八戸行きなどのフェリーがでています。
P4833.jpg



外はかなり激しい雨がふっています。
船でごいっしょしてくださったバーダー氏は、レンタカ-を予約なさっており、ご親切なことに、苫小牧での撮影ポイントを案内してくださいました。ありがとうございました。
P4834.jpg



まず向かったのは、北海道大学苫小牧演習林。
整然と木々植えられた静かな公園です。かなり強い雨がふっており、私たち二人以外には人影は見えません。
雨の中でも、木立の中にはいると、カラ類らしい小鳥の声がしきりにします。
天気がよければ……とおもったものでした。

しばらく行くと、演習林の中には池があり、マガモがいてました。
P4835.jpg



シロハラゴジュウカラ。
P4836.jpg



ゴジュウカラの亜種です。普段みかけるゴジュウカラは、下面に褐色の羽毛がありますが、このゴジュウカラは、まっしろ ということのようです。
P4837.jpg



ハシブトガラ
P4838.jpg



なんと、キバシリ。信州の森林植物園で撮影して以来。二度目の出会いです。図鑑によると、北海道で、キバシリは普通に見られるとこことです。
P4839.jpg



この写真、同定に迷いました。背面の模様から、アオジでないかと思いましたが、徳島の冬に見るアオジはこんな顔していたっけ? と疑問に思いました。k×2 さんの掲示板で質問しました。「アオジ♀」とのことです。写真そのものが鮮明でなく、しかも、一方向のショットしないので迷ったのですが、たしかに、普段見かけるアオジの♀もこほ彷徨から写せばこのように見えるのだろうと思われます。
P4840.jpg



そのほか、キクイタダキ、シマエナガなどを見ましたが、撮影はうまくいきませんでした。残念。

雨はやむ気配がありません。その後、バーダー氏はウトナイ湖へのつれていってくれました。道の駅の裏側に湖面が見えるポイントがあります。

ウトナイ湖でオナガガモ。
P4841.jpg



オオハクチョウ。
P4842.jpg




ウトナイ湖をあとにするころには、はやくも周囲は薄暗くなりました。苫小牧港にむかい、今朝のってきたフェリーに乗船しました。


http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/koro/koro01.html
  1. 2010/10/10(日) 16:55:25|
  2. ハジロミズナギドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

09 | 2010/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。