dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

北海道 道南(1)

2010年12月31日(金)

 今年の年末年始の休暇はどこに行こうか……。南(沖縄、南西諸島)か、北(北海道)か……。

どうも 年末年始の南西諸島はそれほど珍鳥はでない ということらしいので、北海道に決めました。正月を北海道で迎えるのは、3年連続となります。

 天気予報は「年末寒波」を告げています。31日の早朝、目覚めると雪がふっており、道路もわずかに凍結しています。
 不安な気持ちを抱えて徳島空港へ。
しかし、空港につくころには、快晴となりました。滑走路の除雪に少し時間がかかり、定刻より10分ほど遅れただけで、飛行機は羽田へと飛び立ちました。一安心です。

飛行機の窓についた氷。
P4930.jpg



飛行機から富士山が見えました。
P4931.jpg



羽田につくと快晴。
P4932.jpg



羽田空港の掲示板をみると、福岡や出雲が「天候により引き返す可能性ある」とのことでしたが、北海道方面はなんの警報もありません。

31日正午前、新千歳空港に着陸。この地は、まだ子供が中学生のころ一度来たことがあります。今回が二回目です。
P4933.jpg



空港をでてレンタカー店で手続きをすませ、まっさきに地元のホームセンターにいき、長靴を買いました。同じ売り場に「かんじき」も売ってました。これも買いました。

苫小牧に行くまえに、千歳市内の探鳥地「青葉公園」に立ち寄ることにしました。市街地の中の公園です。
その前に、公園ちかくのレストランで腹ごしらえ。 イクラとサケのせいろ蒸しです。うまかった(笑)
P4934.jpg



青葉公園については、ガイドブックに「公園内に入るにはスキーが必要」と書いてありました。確かに雪は深く、スキーの跡もありますが、長靴でも入れないことはない深さです。
P4935.jpg



公園の入り口には図書館やテニス場があります。
P4936.jpg



しかし、時間帯が悪いこともあり、野鳥の気配はありません。北海道の日暮れは早いので、早めにこのポイントを切り上げ、苫小牧に向かうことにしました。

新千歳から苫小牧へは車で50分ほどです。驚いたのは、公園内にはあれだけの積雪があったのに、幹線道路は完全に除雪されており路面は乾いています。雪を気にせず走ることができます。

苫小牧の郊外にある、ウトナイ湖のネイチャーセンターに寄ってみました。10月、仙台からフェリーで苫小牧に来たときも立ち寄った場所でした。

ガイドブックによると、ウトナイ湖では冬場には、マガンのねぐら入りが見られる とあります。しかし、ネイチャーセンターのレンジャーさん(10月にお会いした若い女性です)によると、「マガンは12月10日、この地を離れた」とのことでした。
また、湖岸近くまで氷結しており、白鳥やカモたちは遠くに離れてしまっているとのことでした。

観察小屋まであるき、遠くをスコープでのぞいてみました。
オオハクチョウらしい白い鳥。カモは ほとんどがマガモ、なかにヒドリガモが混じっているという印象でした。
P4937.jpg



その後、北大の苫小牧研究林にも行ってみました。
夕暮れ前の光景。景色のいいところですが、野鳥の気配はありません。

P4938.jpg



このポイントは、明日朝に期待することにして、早めにホテルへとむかいました。

晩飯は、ホテル近くの居酒屋。写真は毛蟹の刺身です。うまかった。
P4939.jpg




スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 00:43:35|
  2. オオハクチョウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出島野鳥園

2010年12月23日(木)

 この日(祭日)の野鳥園でした。先日の日曜、サンカノゴイは、「堪能」したはずなんですが、撮れていないのがあります。「飛びもの」です。

今回は、早朝から狙いました。
まだ、みなさんがそろってないとき、水路をサンカノゴイが横切りました。(午前8時40分)
P4926.jpg



その後 まつこと2時間、ギャラリーの皆さんがそろってしばらくして、南の茂みにむかって飛びました。

一応念願の飛びもの げっとなんですが、方角の関係で完全に「後ろ姿」です。
P4927.jpg



まあ、贅沢は言えません。
P4928.jpg



こんかいは、ハイタカも遠くで。
P4929.jpg



その後、あまり鳥の気配がなく、普通種も飛んでくれません。
早めに観察舎をあとにして、前回の中島漁港近くのポイントに行ってみました。
しかし、どうしたことか、この日は、オオジュリンどころかジョウビタキもみかけません。

その後、ビンズイ狙いで北の脇海岸にも行ってみましたが、めぼしい鳥果はありませんでした。
  1. 2010/12/23(木) 16:28:09|
  2. サンカノゴイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出島野鳥園

2010年12月19日(日)

この日も、野鳥園です。狙いは、サンカノゴイ。迷わず 東の観察舎へ。すでに、常連さんが数人おいでていました。またMさんも、すでにサンカノゴイの飛びものをげっとなさったのこと。もう少し 早く自宅をでいればと悔やまれました。

冬の観察舎の印象は、たまに出る「珍鳥」を寒さに耐えてひたすら待つ という印象がつよかったのですが、この日は、珍鳥がでるまえにも、そこそこ普通種が出てくれました。

正面のブッシュにとまったツグミ。
P4907.jpg



観察舎の近くでしきりにウグイスの地鳴きが聞こえます。かなり大きな声です。目をこらしていると、ごくたまに姿を見ることができます。
P4908.jpg


P4915.jpg




猛禽が遠くを飛びました。写したとき、私には識別できなかったのですが、yさんによると、ハイタカとのことでした。
P4909.jpg



杭にはいつも、カワウが留まっています。下面が白っぽいのは、幼鳥ですね。
P4910.jpg



たまに、カモも飛びます。カルガモ。
P4911.jpg



近くに、カワセミもやってきました。
P4913.jpg




正午前、待望のサンカノゴイが正面の水路を横切ってくれました。
その時は、ピンぼけだったのですが、左の葦影にはいったのをゲットすることができました。
以前、野鳥園の探鳥会に参加したとき、(かろうじて)姿をみたことはあったのですが、撮影成功は今回初めてです。うれしいライファーです。

P4912.jpg



葦影で、魚を捕まえています。どうも、ボラの幼魚のようです。
P4914.jpg



午後になり、比較的近くで ハイタカが飛びました。
P4916.jpg



常連さんがかえったあと、観察舎では、私のyさんがのこりました。
午後3時まえ、それまで姿がみえなかったサンカノゴイが左から右へ、水路をよこぎりはじめました。
P4917.jpg



警戒心の強いこの鳥が、葦のが開けてている場所で姿を見せてくれるのは、めずらしいことでしょう。それとも、今回のサンカノゴイは、警戒心が薄い個体なのかもしれません。今シーズン野鳥園は、少なくとも2個体のサンカノゴイが入っているとのことでした。
P4918.jpg



ばっちし撮影することができました。ラッキーでした。
P4919.jpg



P4920.jpg



観察舎内のギャリーが減り、三脚を立てても問題がなくなり、デジスコでサンカノゴイを狙ってみました。

じっと獲物を狙っているんでしょうね。

P4921.jpg



観察舎から見ると、遠くてはっきりしませんが、葦原を出入りうする小鳥の群れがあります。おそらくオオジュリンだろうと思い、サンカノゴイを堪能したあとに、ポイントを移動しオオジュリンを狙ってみました。

ポイントは、中島漁港近くの川です。岸に枯れ葦がしげっています。

道路沿いの柵に、ジョウビタキ♂。
P4922.jpg



しばらく歩いたあと、右岸の葦原でオオジュリンをゲット。
P4923.jpg



川岸の堤防にジョウビタキ♀。
P4924.jpg



漁港の樋門をすぎ、車に帰る途中チョウゲンボウを見かけました。私には今期初です。
P4925.jpg



今回は、ライファーのサンカノゴイもゲットでき、オオジュリンやチョウゲンボウも見ることができました。充実した休日となりました。

  1. 2010/12/19(日) 15:34:56|
  2. サンカノゴイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出島野鳥園

2010年12月18日(土)

 この日は、午後から出島の野鳥園に行ってみました。チュウヒが出るかもという期待です。この日は、観察舎からではなく、堤防の上から狙いました。

しかし、そうそうチュウヒは飛んでくれません。

飛んでるものは何でも写す……ということで。

現場ではよくわらからなかったのですが、パソコンでみると、ツグミのようです。
ツグミのとびものは、初めてかも(笑)
P4899.jpg



たまに、カモも飛びます。ヒドリガモ。
P4900.jpg


キジバト
P4901.jpg



カワウ
P4902.jpg



ムクドリ
P4903.jpg



この日、群れになって飛んでいるのは、ムクドリが一番おおかったようです。
P4904.jpg



P4905.jpg



よくみると、何かの木の実(おそらく センダンの実)をくわえて飛んでいるのがいます。
食べようとしたいたのに、仲間が飛び立ったので、あわてていっしょに飛び立ったのでしょうか。
P4906.jpg



ということで、普通種のとびものばかりとなりました。日暮れちかくとなり、帰路についたのでした。
  1. 2010/12/18(土) 14:14:00|
  2. ムクドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

11 | 2010/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。