dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アマツバメ

2011年7月23日(土)

野鳥の会のベテラン氏から「県南のM町でアマツバメが繁殖している」との情報をいただきました。土曜日の仕事が終わり、昼飯を食べてからでかけました。

M町は、釣りをやっているころとしばしば通った懐かしい場所です。

懐かしい 赤灯台。
P5226.jpg




沖の突堤に白灯台。
P5227.jpg


ポイントはすぐわかりました。上空でまっているツバメらしき鳥を発見。
P5228.jpg



港の出口付近ではなんと、ササゴイがいてました。海でササゴイを見るのは初めてのような気がします。
P5229.jpg



アマツバメは、10~20分間隔でやってきます。ときに、低く飛ぶときがあり、シャッターチャンスです。
アマツバメのお腹はこんな模様をしてるんですね。
P5230.jpg



P5231.jpg



P5232.jpg



P5233.jpg



P5234.jpg



上空を飛んでいるときは、フレームに入れるのは簡単です。しかし、低くとびとき、フレームに入れ、合焦させることは容易ではありません。スポーツ感覚でしばし撮影を楽しみました。


P5235.jpg



P5236.jpg



P5237.jpg




スポンサーサイト
  1. 2011/07/23(土) 23:45:35|
  2. アマツバメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道 網走・知床(5)小清水 原生花園

北海道 網走・知床(5)小清水 原生花園

早朝、羅臼の民宿をでて網走に帰ります。
この日、なでしこジャパンがアメリカを破り、女子サッカーワールドカップで優勝しました。カーラジオを聞きながら感動しました。

小清水原生花園の周囲は快晴。日差しは強いのに涼しい風が吹いており、快適なバードウォチングです。
最初に眼についたのはこれ。
「ん、ヒバリか?」と思いましたが、地元で見るヒバリとは色合いが違うように思えました。

P5215.jpg



冠羽があります。
P5216.jpg



いろいろ検討しましたが、やはり ヒバリということになりました。

考えみたら、夏にヒバリをじっくし見たこともなかったようです。

ノビタキ。いたるところに居てます。スズメより多い。
P5217.jpg



なんと、ノゴマ。(ですよね)
P5218.jpg



舳倉島や飛島ではノゴマの♂を見たことがありますが、それ以外の地では初めてみます。
P5219.jpg



ハクセキレイ幼鳥。
P5220.jpg



涼しい風を感じ、コヨシキリのさえずりを聞きながら、鳥を探す。まさに至福の時間でした。
P5221.jpg



P5222.jpg



P5224.jpg



P5225.jpg




原生花園まえ、濤沸湖の風景です。
P5223.jpg



網走の道の駅で昼飯をたべて、女満別空港へと向かいました。

  1. 2011/07/18(月) 12:15:35|
  2. コヨシキリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道 網走・知床(4)シマフクロウ

2011年7月17日

この日に宿は、鷲の宿。シマフクロウがやってくる民宿として有名です。

羅臼の港から車で10分ほどのところにあります。

陽がおちると寒い。なんと夕食時には、石油ヒーターが燃えていました。

夕食が済み、民宿の前の渓流の前で待ちます。
ボーボー という鳴き声が聞こえしばらくすると、渓流脇の木の枝に降りたようです。

しばらくすると、眼の前にシマフクロウ。
絶滅危惧種との出会い。感動です。

P5209.jpg



夢中でシャッターを切りました。
P5210.jpg


P5211.jpg



午後10時ごろまで二回ほどやってきれくれました。すくなくと、近くには二羽のシマフクロウが生息しているようでした。
P5212.jpg



P5213.jpg



P5214.jpg



満足して眠りにつきました。

  1. 2011/07/17(日) 15:44:36|
  2. シマフクロウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道 網走・知床(3)

2011年7月17日

斜里を過ぎ、ウトロに近づくころには、ポツリポツリと雨が降ってきました。
ウトロから、知床峠方面に向かいます。快適な山道です。

途中には、エゾシカもしばしば見かけました。鹿の子模様がきれいです。
P5190.jpg




知床峠。昨年はウトロまでだったので、初めてです。
P5187.jpg



羅臼方面は雲海が広がっています。海上の視界はどうなんだろう……不安がよぎります。
P5188.jpg



ウトロにつき、知床ネイチャーセンターの場所はすぐわかりました。乗船手続きをすませます。

これが、お世話になる エバーグリーン号。
P5189.jpg



港の中のオオセグロカモメで、撮影の練習(笑)
P5191.jpg



羅臼漁港の防波堤では、オオセグロカモメが営巣してます。
P5192.jpg



ヒナの姿も見ることができます。
P5193.jpg


P5205.jpg



出港してまもなく、フルマカモメ。ライファーです。
P5194.jpg



というか、沖ではフルマカモメばかり。
P5195.jpg


船が停船すると、漁船と間違えるのか、近くに寄ってきます。クチバシの途中の大きな穴は、「管鼻」と呼ばれ、ここからムダな塩水を出す器管だそうです。
P5196.jpg



この船の目的は、ホエールウオッチングがメインです。
この日は、シャチの家族を見ることできました。大きな、背びれ。
P5197.jpg


P5199.jpg


近づくと迫力があります。
P5198.jpg



船がとまると、やってくるのはフルマカモメ。愛嬌たっぷりです。

P5201.jpg


P5202.jpg



ウトウ
P5203.jpg



ウトウ。海面すれすれを隊列を組んで飛んでいます。
P5204.jpg



午後からのクルーズでツチクジラ。
これは、船長さんの解説がないと分かりません。
P5206.jpg



イルカの群れにもしばしば遭遇しますが、望遠レンズでとらえるのは至難の業です。
高速で泳いでいるイルカは浮いてくるのは一瞬。しかも、どこに浮いてくるかわかりません。
コンデジなら、楽に撮影できます。
P5207.jpg



動画もあります
夕暮れが近づいた羅臼の海。
P5208.jpg



エバーグリーンを下船後、今日の宿舎へと向かいます。


  1. 2011/07/17(日) 10:29:52|
  2. フルマカモメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道 網走・知床(2)

2011年7月17日

道東の日暮れは早いですが、夜明けも早いです。あたりまえですが。午前4時には、かなり明るくなっています。

網走駅前のホテルをでて網走郊外の白鳥湖に立ち寄りました。遠くでカッコウの声が聞こえます。双眼鏡でぐるっと見渡すと遠くの電柱に二羽のカッコウがいてました。

P5174.jpg



湖面の方にはカモ。スズガモでしょうか。越夏個体なんでしょうね。
P5175.jpg



カワアイサはこの地で繁殖してるんでしょう。
P5176.jpg



アオサギ。北海道のアオサギは、冬には南に方にうつる「漂鳥」なんですね。

北海道のアオサギ
P5177.jpg


地元でみるアオサギとちがいなんか全体が白っぽいように思います。気のせいでしょうか。

P5178.jpg


近くには、ポニーが草をはんでいます。
P5179.jpg



小清水原生花園に到着するとよく響くさえずりが聞こえます。一部にオオヨシキリのような部分がありますが、もっと繊細で変化に富んでいます。「これが、コヨシキリか!」とすぐに想像がつきました。
茂みの中でさえずっています。
P5180.jpg




P5181.jpg



動画もあります

むむ! こんな野鳥みたことない! とこの鳥をみて思いました。
P5182.jpg



車の中で図鑑をみて、オオジュリンの夏羽と判明しました。ライファーとはなりません。
P5183.jpg



動画もあります

コヨシキリ
P5184.jpg




子育て中のアオジもいました。
P5185.jpg



車で知床半島に向かう途中。斜里をすぎたころ道路脇の電線に止まっていました。
よくみると、スズメではなくニュウナイスズメでした。北海道では、めずらしくないのかもしれません。

P5186.jpg




  1. 2011/07/17(日) 06:19:32|
  2. コヨシキリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道 網走・知床(1)

2011年7月16日

7月の連休は北海道に行くことにしました。
昨年のお盆、知床のウトロから出る船で海鳥を狙ったのですが、遠くにケイマフリ一種という結果に終わってしまいました。

その後ネットで知床岬の南側 羅臼からもホエールウオッチング船がでているのを知りました。

 知床ネイチャークルーズ

そこには、ウトウ、フルマカモメ、ハイイロヒレアシシギ、アホウドリ、クロアシアホウドリなど垂涎の海鳥たちが間近で見られるという記載あります。

「これは行かねば……」と思い予約をしていたというわけです。

土曜の午後、高松からの飛行機で羽田に向かいます。羽田から女満別行きに乗り換えです。

この日は天気がやく、飛行機も窓から下界がよく見えました。

滋賀県、奈良県、三重県あたりの上空を飛んでいると、町にちかい丘は、いたるところが虫食いのようにゴルフ場が造成されています。

P5168.jpg


帰ってグーグルマップで確認してみると
このあたりのようです

グーグルEarth で見ると 飛行機の窓から見た感じにちかく見えます。グーグルの航空地図で真上からみた写真と感じが違います。今さらながらネット技術はすごいなあ とおもいます。

これは、琵琶湖(南湖)ですね。高松発羽田行きはこんなルート飛ぶんですね。
P5169.jpg


琵琶湖(南湖)

しばらく行くと 伊勢湾に大きな空港島が見えました。ああ、これが新しくできた中部国際空港なんだ!
P5170.jpg



中部国際空港セントレア

この写真は、焼津漁港、清水港の上空です。
P5171.jpg



焼津漁港

しばらく行くと富士山が見えてきます。
P5172.jpg



東京湾の千葉県側の工業地帯の上空を飛び、大きく旋回して羽田空港に着陸態勢にはいるころには、「すべての電子機器の電源をお切りください」のアナウンスがながれデジカメは使えなくなります。

これは、翌早朝、ホテルを出て写した網走駅です。
網走に泊まるのも、これで4回目……。

P5173.jpg







  1. 2011/07/16(土) 08:11:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

滋賀県 湖北・管山寺

2011年7月10日(日)


この日は、おもいついて滋賀県余呉町にある管山寺ということにしました。
この場所は、関西では有名なアカショウビンのポイントということをある方に教わったのでした。もっともいい時期は6月中。しかし、天候や諸般の事情で6月にはでかけることができませんでした。

というわけで、アカショウビンの時期はちょっと遅すぎかなあ思ながらかけました。
前日は、長浜のホテルに一泊。早朝出発しました。長浜からは車で一時間程度の道のりでした。

山への登り口は、キャンプ場になっていました。冬場はスキー場になるところでした。こから山道を15分ほど走ると目的の駐車場につきます。
P5161.jpg



ここから、かなりの坂道を降りていきます。帰りはたいへんだなあと思いながら(笑)

ほどなく、古いお墓や建物にある場所に到着しました。管山寺は歴史のある寺のようですが、現在住職は住んでおらず朽ちつつあるという印象でした。
P5162.jpg



途中に迫力のある樹木と山門があります。この樹木は、「菅原道真公お手植えの木」という言い伝えがあるそうです。

P5163.jpg



池があり、ここがポイントらしく、すでに先客バーダーさんがカメラを構えて待っていました。
話を聞くと「声は聞こえた」とのこと。ここでご一緒させてもらうことにしました。

P5164.jpg




クロツグミらしい鳴き声、アオゲラらしい鳴き声などを聞きました。9時過ぎに、かなり近くでアカショウビンの声を聞き、待っているバーダーの緊張が一気に高まりました。

しかし、アカショウビンの声を間近に聞いたのはこのときだけ。陽が高くなるにつれ、鳥の声もとぎれがちになってしまいました。

残念ながら、午前11時前、あきらめて下山することにしました。といっても、駐車場にたどりつくにはかなりの坂道を上らねばなりませんが。

帰り道、湖北の水鳥センターの近く。オオヨシキリでもいてるかなと思い道路脇に車を止めて琵琶湖を眺めてみると……。カンムリカイツブリの夏羽が浮かんでいます。
P5165.jpg



ちかくには営巣してる個体も。
P5166.jpg



カンムリカイツブリは留鳥だったのか……とこのとき思ったのですが、帰って図鑑で確認すると
カンムリカイツブリは「冬鳥、青森県と滋賀県の一部で繁殖している」との記載 があります。これは一部の繁殖例なんか! と勉強になりました。


もちろんオオヨシキリも大きな声でさえずっています。
P5167.jpg



時刻は正午をすこし過ぎた時間帯です。その気になれば、どこかもう一カ所探鳥地に出向くことは可能だったのですが、この暑さ。夏鳥達の時期もすぎているかもと思ってしまい、かなり早い撤収となりましたが、高速道路を帰路についたのでした。

  1. 2011/07/10(日) 21:10:05|
  2. カンムリカイツブリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

06 | 2011/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。