dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

近場めぐり

2012年10月28日(日)

天気予報では雨とのことだったので、遠征はあきらめこの日は近場めぐりです。
雨もあがっており、風もつよくなく鳥見日和でした。

どこに行こうかと迷いましたが、ひょっとしてノビタキは……と思い 吉野川の河川敷に寄ってみました。

あえてのは、ホオジロ♀
P5551.jpg



♂にくらべなんかやさしい顔してます。
P5552.jpg



ノビタキにはあえず。鳴門の星越に行くことにしました。
入り口で ヒタキの声。電線にジョウビタキ
P5553.jpg



遠くの枝にジョウビタキ♂。
P5554.jpg



ズーム
P5555.jpg



その後眉山へ。
ここでも、ジョウビタキ♀
P5556.jpg



P5557.jpg




ジョウビタキの鳴き声です
http://maxwanta.main.jp/photo/what/24_1028joubitaki_2.wmv

エゾビタキの後ろ姿。今期最後でしょうね。
P5558.jpg



スポンサーサイト
  1. 2012/10/28(日) 16:38:32|
  2. ジョウビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪城公園

2012年10月21日(日)

この日も大阪城公園です。前日土曜日からでかけました。夕方の公園も覗いてみました。多くのバーダーが キクイタダキを狙っていました。前日から、多数の個体が入っているとのことでした。

翌日、晴天にめぐまれ梅林から鳥見を始めました。

梅の木の一本にキビタキ♀。今年生まれの個体でしょうか。幼さが残っています。
P5534.jpg



しばらく歩いていると聞き慣れない鳥の声がします。周囲を見渡すと、大きな木の梢にモズがいました。聞き慣れない声は、モズの鳴き真似だったのです。
P5535.jpg


動画もあります。かすかな声なので、パソコンの音量を上げて聞いてください。
http://maxwanta.main.jp/photo/what/24_1021mozu.MP4

ヘリポート周辺で コゲラを見かけました。
P5536.jpg



P5537.jpg



コサメビタキ
P5538.jpg



P5540.jpg




そのうち、2-3人のバーダーがカメラを構えているのに出会いました。聞くと「キクイタダキ」とのことでした。梅林横の樹木と旧博物館横の樹木を往復しているらしいとのことでした。デジスコでキクイタダキを狙いましたが、無理です。一時公園を離れて、駐車場に帰り デジ眼を持ってきました。

デジ眼をリュックに背負い、デジスコを肩に担いでの鳥見ですが、公園内は比較的平坦なので、どうにか鳥見可能です。

デジスコでのキクイタダキ。露出オーバーになってしまいましたが、いままで満足にキクイタダキの画像がなかったので、記念すべき写真です。
P5539.jpg



P5541.jpg



頭頂部の菊(黄色い部分)も撮れました。
P5542.jpg



その後、西の丸庭園でも 梢に群れがやってきました。
P5543.jpg



P5544.jpg



P5545.jpg



なんとのこのポイントでは、キクイタダキが 視線よし下の位置にやってきてくれました。
通常 キクイタダキは多く高い松の木の梢に群れでやってきます。それで空抜、枝かぶりになることが多いのですが、今回は 近くで「激写」することができました。夢のようはひとときでした。

P5546.jpg



P5547.jpg



P5548.jpg



P5549.jpg



P5550.jpg



この日は一年に一回あるかないかの「大収穫」でした。午後3時すぎに、公園を後にすることにしました。

帰り際に写した大阪城のお堀です。

P5533.jpg


  1. 2012/10/21(日) 15:43:40|
  2. キクイタダキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪城公園

2012年10月14日(日)


大阪市内にもどり、大阪城公園の森ノ宮駐車場に車を止めて探鳥を始めました。今にも降り出しそうなお天気です。

たくさんのバーダーが梢を見上げているので、一人に聞いてみると、ムギマキとのこと。

梢を飛び交っているので、見つけにくかったのですが、やっとどうにか一枚撮れました。
胸のオレンジ色がきれいです。
P5528.jpg



いつものキビタキ♀
P5529.jpg



メボソムシクイ
元山さんのブログによると、メボソムシクイかオオムシクイかは 分類上定まっていないらしいです。

P5530.jpg



P5531.jpg



オオルリ♀
P5532.jpg



  1. 2012/10/14(日) 10:47:49|
  2. ムギマキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イナバヒタキ

淀川河川敷

2012年10月14日(日)

数日前日から、淀川河川敷に珍鳥がでてる って情報がネット流れいました。前日の土曜日は仕事の関係ででかけられず、日曜日早朝自宅を出発。「抜けていないか」心配しながらいったのですが、ばっちり撮れました。(笑)

ここは、淀川の河川敷公園なんですが、周囲では、子供ずれがテニスをしていたり、マラソン大会があったりしている場所の 人工の岩がお立ち台になっています。

P5519.jpg



イナバヒタキ。本来は、トルコから中央アジアにかけて生息する 鳥で、日本は渡りのルートから外れており、「迷鳥」だそうです。

時折お立ち台からおりて、芝生の上で採餌しています。
P5520.jpg



大きさは、ツグミとジョウビタキの間くらいでしょうか。

派手ではありませんが、シックな装いの野鳥です。

草原や砂漠ではこんな色の鳥が多いのでしょうか。

P5521.jpg



動画もあります。↓
http://maxwanta.main.jp/photo/what/24_1014inababitaki.MP4

久々のライファーですので、同じような写真を並べます(笑)

P5522.jpg



P5523.jpg



P5524.jpg



尾羽の模様が識別ポイントらしいのですが、しっかり広げたのを撮ることはできませんでした。
P5525.jpg



P5526.jpg



P5527.jpg



超珍鳥撮影を堪能したあと、時間はたっぷり残っているので、大阪城公園へと向かいました。
  1. 2012/10/14(日) 10:28:08|
  2. イナバヒタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大阪城公園

2012年10月08日(月)

前回8月末、炎天下の鳥見に懲りて9月はでかけなかったのですが、10月にはいると、ぼちぼち「今度は……」という気持ちになります。

もう一度 大阪城公園。

前回とちがい、日差しもやわらかくなり、風の「秋の気配」が感じられ、歩いていても快適です。

今回の大阪城公園ではいたるところにキビタキ♀タイプが見られます。

大阪より北で生まれ成長してこれから東南アジアに帰る途中、この公園にたちよったというわけです。オオルリ♂の若鳥は、羽に青みがあり、雌雄を区別できますが、キビタキの場合、♂が鮮やかな黄色になるのは、成長してからです。ということで、キビタキ若は、雌雄とも♀タイプとなるので、多いと感じるのかもしれません。

渡りの時期でも、徳島では一羽みつかればラッキーと思うのですが、さすが大阪城公園。多数の個体がはいっているようです。

なんか、バードカービングを見てるようです。
P5503.jpg



すずめ。木漏れ日がスポットライトになってます。
P5504.jpg



同じような写真がつづきますが……

P5507.jpg



P5508.jpg



P5509.jpg




めずらしく オオルリ♂若。ただし、後姿です。

P5505.jpg




P5506.jpg




これは、大阪城公園梅林での撮影。

P5510.jpg



P5511.jpg



たまにはキジバトも。
P5512.jpg



ヤマガラ
P5513.jpg



キビタキ♀。虫をゲットしています。
P5514.jpg



シジュウカラ
P5515.jpg



P5516.jpg



エゾビタキ。西の丸庭園で。
P5517.jpg



P5518.jpg



  1. 2012/10/08(月) 16:42:00|
  2. キビタキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

09 | 2012/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。