dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大麻比古神社

2013年02月17日(日)

 この時期は、大麻比古神社は 冬鳥たちの来訪で一年で一番賑やかな時期です。
しかし、去年はまったくだめ。その前年も ルリビタキなどは見ることができませんでした。
 この日は、ひょとして梅がそろそろ咲き始めていないかなあ と思いでかけてみました。

地面で採餌するシメ。
P5613.jpg



この時期一番多いシロハラ。
P5614.jpg



境内をでると、野生の猿がうろうろしています。農家の方のご苦労が想像できます。野鳥が減ったのは、この猿の出現も関係あるのかも。
P5615.jpg



境内裏の梅林では、つぼみ硬し といったとこです。ジョウビタキ♂。
P5616.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 08:16:17|
  2. シメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう一度大神子海岸

2013年02月11日(月)

 昨日から二連休のこの日、「キクイタダキよもう一度」と大神子海岸にでかけました。しかし、この日は、バーダーさんにらしい人影を見かけません。悪い予感……(笑)

いつもの駐車場に車を止めてふと沖の方に目をやると、なにか白っぽい水鳥の群れがみえます。
P5604.jpg



ヒドリガモ? と思いスコープを取り出すと、カンムリカイツブリでした。
P5605.jpg



カンムリカイツブリをみると、(ミミカイツブリなどの)珍カイツブリはいないかとおもってしまいます。300mほど距離があるので、よく分からないまま、多数の写真を撮影しました。帰宅後PCで確認しましたが、残念ながらすべてカンムリカイツブリだったようです。
夏羽になりかけの個体もいます。
P5606.jpg


P5607.jpg



P5608.jpg



この時間帯 「おやすみモード」の個体が多いです。
P5609.jpg



松並木のほうに目をやると、シメ。
P5610.jpg



よく目立つ シロハラ。この時期、どこでもシロハラが多いようです。
P5611.jpg



お目当てのキクイタダキは なかなか姿を見せません。正午をすぎるころやっと数羽の群れがやってきました。
P5612.jpg



しかしこの日、キクイタダキはこれが最初で最後でした。 また来シーズンに期待 といったところです。


  1. 2013/02/11(月) 11:42:55|
  2. カンムリカイツブリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大神子海岸

2013年02月10日(日)

例年年末年始の休日には遠出しているんですが、今年は諸般の事情でかなわず。大晦日は、数年ぶりに家族といっしょに紅白をみました。
 その余波というわけではないでうが、25年1月中も鳥見には出られず、2月にはいってやっと今年初鳥見というわけです。
 実は、24年の暮れごろから、大神子海岸にオジロビタキ♀がでているのとの情報。もしや と思いこの日でかけたのでした。
 海岸についていみると、数人のバーダーさん。オジロビタキはおそらく抜けているだろうとこの。1月末ぐらいまでは居たそうです。

みなさんのお目当てはキクイタダキ。私も仲間に入れてもらい、松並木を梢をさがしました。

同業バーダーさんにがいると、なにかと効率がいいですね。だれかのシャッター音がすれば、近くにいけばゲットできるわけです。

P5592.jpg


はじめのうちは、松の梢近くにいたのですが、正午近くなると、なんと数羽の群れが地面ちかくの幹までおりてきました。こんな経験は初めてです。

近すぎて 望遠レンズでは合焦しないほどの近くによってくることもあります。近くに人間がいることなどお構いなし。

頭頂部の「菊」の一部が赤くなっています。これは、♂の印。

P5593.jpg


P5594.jpg



P5600.jpg



この個体は、赤い部分がありません。♀かも。♂の中でも成熟した個体だけに赤い部分が見られるそうで、この個体が♀ではなく、若い♂の可能性も否定できません。
しかし、かわいいです。
P5595.jpg


P5596.jpg



人の目にはみえまんせんが、松の幹にいる小さな虫をねらっているんでしょうね。

P5597.jpg



あとで、ネット検索していると、午前11時をすぎると、キクイタダキが地面近くの幹におりてくる といったことを書いているブログもありました。

キクイタダキ=早朝+松の梢 と先入観は捨てねばなりません。

また、キクイタダキが好む木は、松だけでなく「針葉樹」であって、杉やヒノキにもよくやってくるそうです。

P5598.jpg



ほかには、コゲラ。

P5599.jpg



ヒガラ。ヒガラも海岸にいてるんですね。
P5601.jpg



あとは、海岸の松並木がだいすきなビンズイ。
P5602.jpg



真冬でもにぎやかにさえずるカワラヒワ。
P5603.jpg



さすがに、午後1時をすぎるころには、いくら待ってもキクイタダキの姿が見えなくなりました。
帰路についたのでした。

  1. 2013/02/10(日) 10:37:12|
  2. キクイタダキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

01 | 2013/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。