dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鳴門山-鷹の渡り(2)

2013年9月29日(日)

この日も、先週にひきつづき鳴門山に鷹の渡りをみにいきました。サシバ-ノスリのシーズンは終盤で、これが最後になるかもしれません。

 はじめに、ハチクマ。

P5975.jpg



つづいてノスリ

P5976.jpg



視線の下をノスリが飛んでくれました。
P5977.jpg



じつは、この日の展望台は、バーダーは少なく、そのかわりテレビの撮影クルーがやってきました。あとで(12月)でわかったことですが、この撮影クルーは、NHKの「新日本風土記」の撮影クルーの皆様でした。

2013年12月20日 放送の「新日本風土記」に鳴門山が取り上げられ、画面に登場したノスリが、おそらく上の写真のノスリと同じものだとおもいます。

P5978.jpg



これも目の下を飛んだサシバ。
P5979.jpg



サシバの「ミニ鷹柱」です。
P5980.jpg



ノスリ。
P5981.jpg



P5982.jpg



P5983.jpg



低いいちから、サシバが展望台の周囲を旋回してくれました。
P5984.jpg



P5985.jpg



近くを飛んでくれました。
P5986.jpg



P5987.jpg



P5988.jpg



青空の下、鷹と空を眺めるのは気持ちのいいものです。
これで、私の今年のサシバシーズンも終わりです。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 23:23:40|
  2. サシバ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳴門山-鷹の渡り

2013年9月22日(日)

毎年この時期、9月下旬になると、鷹の渡りを見物に鳴門山に出向いています。しかし、私の鷹の渡りの観察はこの時期のみ。年1-2回では、鷹の識別は上達しません。でも、青空を見上げて鷹を眺めるのは気持ちがいいです。

今日は飛ぶだろうか。飛んでもうまく写せるだろうかと不安をいだきながら、鳴門公園の鳴門山へ。

最初にツバメらしいのがとびました。
アマツバメのようです。
P5963.jpg



サシバ、ノスリとも結構頻回に飛んでくれます。しかも、近いのいます。
一年ぶりのサシバ。
P5964.jpg



同じく一年ぶりのノスリ。
P5965.jpg



飛行機も写してみました(笑)
P5966.jpg



今度のは近い。翼の一部がフレームアウトする写真もあります。
P5967.jpg



P5968.jpg



尾バネの模様がきれいです。展望台の上を旋回してくれました。
P5969.jpg



P5970.jpg



トビとのツーショット。
P5971.jpg



昼過ぎまで展望台にいたあと、帰りに蓮田をまわってみました。
セイタカシギ。
P5972.jpg


P5973.jpg



コサギ。数年前は、いやになるほどいたこのコサギ、減りました。希少種といわれないようになって欲しいものです。
P5974.jpg





  1. 2013/09/22(日) 08:30:07|
  2. ノスリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

08 | 2013/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。