dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アビ

2014年1月13日(日)

 数日前、小松市市の海岸にアビが出たとの情報がはいりました。今もいてくれるdろうか と OM海岸にでかけました。道中、雨がぽつぽつ降り出す天候です。
 海岸につくと、雨も小降りになってくれました。海岸は、犬の散歩の人、ジョギングの人がわずかに見れるていです。
 松林から海を眺めると、いつものようにカンムリカイツブリの群れがいます。その中に、「ん、これはカンムリではない……」というのが一羽だけ混じってました。

よし といさんで傘をさし波打ち際にむかいます。海岸からはかんり遠く少なくとも100mはありそうです。

P6053.jpg



現地で、スマホからネット検索してみると、くちばしが上に反っているようにみえる。ふむふむ。その通り。どうも間違いなそうです。今年初めてのライファーゲットです。
P6054.jpg



カンムリカイツブリとのツーショット。
P6055.jpg



アビというとアビ漁 という言葉を思い出します。

飛来激減 途絶えた漁/県鳥アビ


上のページによると、アビは広島県の鳥に指定されているんですね。昭和40年代には、1000羽が瀬戸内海にやってきて、そのアビを目当てに鯛漁をしていたとのことです。

どうも、このアビというは、アビ科の鳥で、多くはシロエリオオハムであったらしい。

くちばしの形と雨覆の模様がシロエリオオハムとの区別になるらしいです。

P6056.jpg



しかし、海上に一羽 この鳥をみつけ、「これはアビだ」と同定なさった方を尊敬していまいます。

P6057.jpg



P6058.jpg



アビは、カンムリカイツブリの群れから少し離れたところを一羽で泳いでいます。写真の海のいろからわかるように撮影している途中から、雨がやみ日差しがでてきました。海の色が鮮やかになってきました。
P6059.jpg


P6060.jpg



しかし、カンムリカイツブリもアビもだんだん沖合の離れていきます。

今年初めてのライファーを土産に帰路についたのでした。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/13(月) 17:50:50|
  2. アビ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビンズイ

2014年1月5日(金)

この日もおだやかな休日です。

午前中から、鳥見にでかけました。バーダーは誰もそうだとおもいますが、かつてたくさんの鳥をみた場所、めずらしい鳥を見た場所は強烈に記憶に残っています。「夢よもう一度」というわけで、かつて今の季節にヒレンジャクやトラツグミをみた 岩戸神社に行ってみました。しかし、目にしたのは、ホオジロだけ。今年は冬鳥の「裏年」かもしれません。
P6046.jpg



しかたなく、次のポイント。といっても、そんなに思い浮かぶわけではありません。J島の農道を一応ぐるりとまわってみました。見つけたのは、タゲリ一羽。
P6047.jpg


P6048.jpg



つぎに、去年のこの時期 キクイタダキが乱舞してた、OM海岸に行ってみました。
日差しはあるのですが、やはり海岸の風は冷たい。

この時期かならず居るはずの ジョウビタキやシロハラがいません。

松林の中にいたのは、ビンズイ。
P6049.jpg



10羽ほどの群れが採餌している様子でした。
地面をちょこまかと動くので、デジスコでの撮影は結構難しいです。
P6050.jpg


P6051.jpg



ほかにめぼしい野鳥もおらず、帰ることにしました。
駐車場でみかけた樹木。白い実が、遠目では花のように見えます。帰ってネットで調べてみると、ナンキンハゼというそうです。
P6052.jpg


  1. 2014/01/05(日) 17:19:27|
  2. ビンズイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カワセミ

2014年1月3日(金)

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年初めての更新です。
今年の年末年始は、恒例の遠征は行わず、子供や孫たちと暖かいリビングでテレビを見ていました。
 正月中、晴天にめぐまれ 穏やかに晴れた日がつづきました。3日めの午後、天気がいいので、近くの河原にでかけてみました。ジョウビタキがいたらいいかな 程度の気持ちでした。
 午後という時間帯もわるかったんでしょうが、鳥がいません。いつもは、ホオジロがあっちこっちの枯れ草から飛び立つんですが。
 ツグミもジョウビタキも見かけません。川面には、マガモや小ガモさえいません。
 やっと見つけた鳥影は、モズでした。
P6041.jpg



河川敷を往復して、そろそろ帰ろうとおもったところ、カワセミが川面を飛んできました。

河原の護岸にとまりました。
P6042.jpg



近くの枯れ木に移動。
P6043.jpg



P6044.jpg



すこし近づいてくれました。

P6045.jpg



今年の鳥初めは、カワセミということになりました。

  1. 2014/01/03(金) 22:53:50|
  2. カワセミ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

dcken

12 | 2014/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。