FC2ブログ

dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

香川県 川俣ダム 三豊干拓地

2009年11月15日(日)


 某掲示板で「板野(上板?)の山中の砂防ダム堰湖にオシドリ」という情報があり、偵察に行くことにしました。結局問題の堰はどこかわからず、大山寺の山頂まで行ってしまいました。大山寺では、紅葉のまっさかり。多くのカメラマンがやってきていました。

途中、カーナビの画面にうつったため池。ナビの画面から、「ここは怪しい(笑)」とねらいをつけ、板野から高速にのりました。

ナビの指示するとおり、車をすすめると、いくつかのため池をすぎ、山間のダム湖に到着しました。おとずれに人もなく、しずかな雰囲気のダム湖です。

こんな場所の常連さん。カイツブリの冬羽です。
p4254.jpg




双眼鏡で対岸を観察すると、いました!オシドリの群れ。雌雄あわせて、20羽といったところでしょうか。

p4255.jpg



ナビの地図で「怪しい」とにらんだ 思惑は的中したのでした。うれしくなります。
p4256.jpg




わたってきて間もないのか、非常に警戒心がつよく、車がおりて観察しようとすると、対岸までかなりの距離(100m以上)あるにかかわらず、飛び立ってしまいます。
p4257.jpg





あまり、刺激してはいけないと思い、ポイントを移動することにしました。

行き先は、三豊干拓地。(ここしか思い浮かばない……)

干拓地内を ざーっと見たあと、おきまりのコースで、柞田川にまわりました。
おやっ? とおもったは、この鳥。よこにいるアオサギより大きいダイサギです。
「オオダイサギ」かと思い、写真にとりました。

p4260.jpg



これは、コサギ、ダイサギ、アオサギと並んだショットです。
p4261.jpg



帰って図鑑でしらべると、「亜種 オオダイサギの冬羽は脛節からふ蹠にかけて肉色」とあります。この写真では、すべて「黒」です。この写真から、オオダイサギとは断定できまません。次回から、冬のダイサギをみたら、足の色に注意して観察してみます。

干拓地ないは、シギの姿はなく、周辺の河川にカモの姿もありません。
ちょうど、時期的に 秋と冬の端境期なのかもしれせん。

わずかにみられた、タゲリ。
p4258.jpg



いつ見ても、タゲリの上面の玉虫色はきれいです。田んぼの貴婦人という雰囲気ですね。

ほかにたいした収穫もなく、帰路につきました。

スポンサーサイト



  1. 2009/11/15(日) 11:13:28|
  2. オシドリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<新潟遠征(1) | ホーム | 雨の蓮田>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dcken.blog12.fc2.com/tb.php/446-85074a7f

dcken

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search