dckenの鳥撮り日記

デジカメやデジスコで写した野鳥写真日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

コジュケイ

2011年11月6日(日)

 今日はどこに行こうか……
なにか、冬鳥がやってきてるかもしれない。と思い泉谷に入ってみました。
途中の道路に遠くからみるとなにやら、落石のようにみえる物体が。いや、石ではない、鳥だ。なんと、コジュケイでした。

これは、車のガラス越しにコンデジで写した写真です。

P5369.jpg



いつも声だけは聞くものの、姿を見ることができなかった野鳥です。
ラッキーでした。

P5370.jpg



しかし、ポイントにつき、しばらく歩いてみても鳥の気配がありません。わずかに、ひよどりの声やモズの姿をみただけでした。

その後、いつもの蓮田で鳥見をしていると、いつぞや鳴門山でご一緒になった香川のバーダーさんに「ツルシギがいましたよ」と教えていただきました。早速行ってみました。

久しぶりのツルシギ。冬羽。
P5371.jpg



そのご、同じ蓮田でセイタカシギ。
P5372.jpg



P5373.jpg



P5374.jpg



P5375.jpg



P5376.jpg



コアオアシシギ
P5377.jpg




スポンサーサイト
  1. 2011/11/06(日) 09:52:32|
  2. コジュケイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<蓮田 | ホーム | 再び大阪城公園>>

コメント

はじめまして。

はじめまして。

私はトンボ飛翔撮影をしている者ですが、
この冬に野鳥に挑戦してみようとフィールドスコープを注文しました。
(まだ届いていません)

あまり情報を見ないまま購入してしまったのですが、フィールドスコープでは飛び物撮影には向いていないとのこと。

一眼レフのレンズはトンボ飛翔で使っている最大望遠レンズは、300mmしか手持ちにない状態です。

当ブログの管理人様の写真に「ミサゴ」などの猛禽の飛翔写真を拝見致しましたが、やはりこれらの写真は一眼レフで撮影されたものなのでしょうか?

よろしくお願い致します。
  1. 2012/01/12(木) 20:47:06 |
  2. URL |
  3. GTS #UlArA6zo
  4. [ 編集]

その通りです。

GTSさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

》 やはりこれらの写真は一眼レフで撮影されたものなのでしょうか?

その通りです。
私は、野鳥を撮るとき、遠くの止まり物はデジスコ
飛びもの はデジ眼と割り切っています。

デジスコ熟練者さんの中には、デジスコで飛びものを撮られる人がおいでるのは聞いたことがあります。おそらく、軽いスコープを使い倍率も低いアイピースで、手持ち、照準器を両眼視で撮るのだろうと想像します。

そんなテクニックを練習するより、野鳥の飛びものは、デジ眼のAFが簡単です。

私もトンボの飛びもの に挑戦したことがありますが、満足行くものはほとんど写せませんでした。

トンボの飛びものに比べれば、野鳥の飛びもの、とくに猛禽類の飛びものは簡単にうつせます。

デジスコは、画質ではデジ眼にかないませんが、焦点距離が長いこと、軽いこと が大きな魅力です。重い長焦点レンズを担いでの山登りは、私にはできません。


三脚をつけたデジスコを担いで、首にデジ眼をぶらさげ フィールドに出るというのも可能です。

デジスコが手元に来たら是非両者とも試してみてください。

  1. 2012/01/12(木) 23:30:32 |
  2. URL |
  3. dc_ken #EBUSheBA
  4. [ 編集]

ご返信ありがとうございます!

こんばんわ。

やはり一眼レフでしたか。
トンボは縄張りがあって同じ場所を離れないため、1日通して同じ個体を延々と取り続けることができるので、数千枚中の数枚は見れる写真が撮れます。

野鳥は飛んで行ってしまうと、それっきりなケースが多いので難しいと感じてます。
飛翔写真が好きなので、今の手持ち300mmでは厳しいですよね。。
ニコン純正500mmは90万もするので、とても手が出せないのでどうしようか思案中です。

一方、フィールドスコープは今日届きまして、藤前干潟へ行ってきました。
デジスコではなく、ビデスコなのです。
風がかなり強かったこともあり観察館の中で撮影しました。

ミサゴまでの距離が思っていた以上にあって、満足いくサイズでの撮影はできませんでした。
ここ以外にもう少し距離が近い場所があればいいのですが・・。
  1. 2012/01/13(金) 21:05:39 |
  2. URL |
  3. GTS #UlArA6zo
  4. [ 編集]

GTSさん


》1日通して同じ個体を延々と取り続けることができるので、

うーん、そうなんですか。私は、トンボがどっかに飛んでいくと、あきらめて移動してました。やっぱ、「餅は餅屋」それぞれにやり方 テクニックがあるのですね。

それにしても、数千枚とは驚きです。

》飛翔写真が好きなので、今の手持ち300mmでは厳しいですよね。。

私は Canon EF300mm F2.8L IS USM+1.4Xテレコン を 7Dにつけて撮影してます。

私の体力的には、これが限界で、Canon EF500mm F4L IS USMは 車中からか、三脚をとつけないと無理です。重いし、それに、画角が小さくなり、トビモノのときは、ファインダーに導入できない という事態になります。

もちろん、これらは、慣れや練習である程度克服できるのしょう。

尊敬する先輩バーダーさんのなかには、ゴーヨンを手持ちで写している方もいます。
また、300mm F4 ですばらしい 野鳥写真を撮っている方も知っています。


  1. 2012/01/14(土) 08:45:24 |
  2. URL |
  3. dc_ken #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dcken.blog12.fc2.com/tb.php/545-72dac94d

dcken

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。